自信・自分らしさ・自分軸

自分嫌いを克服するたったひとつの習慣【本心に向き合おう】

自分嫌いを克服するたったひとつの習慣【本心に向き合おう】

自分嫌いを克服したい人
自分のことが好きではありません。
もっと楽しく生きたいな。
何から始めたらいいでしょう?

そんな疑問に答えます。

自分のことが嫌いになっている人は、理想の姿とやっていることに開きがある人です。

そんな自分に強いストレスを感じている。

解決するためには、自分に向き合う時間が必要不可欠ですよ。

脅すつもりはまったくありませんけれど、放置しているとあっというまに歳をとり、身動きとれなくなってしまいます。

動けなくってしまった人を多数見てきました。

本記事に書いたことを実践すると、自分嫌いを克服することができます。

最後までお読みくださいね。5分で読めます。

  • 本記事の内容
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

自分のことが嫌いになる理由

自分のことが嫌いになる理由
繰り返しになりますが、自分のことが嫌いになる理由は自分の理想としている姿とやっていることに開きがあるからです。

まわりから与えられた役割をこなすことに注力してきたばかりに、自分がよくわからなくなっている。まじめでな方に多いですね。

社会に出ると人さまからの合格点をもらうために、その役割に沿った生き方をしようとしてしまうもの。

  • 違和感なく仕事と割り切れる人もいれば、そうでない人もいます。

自分のことが嫌いになる人は後者の方です。

今の自分に違和感を抱きつつも、これといったやりたいこともなかったりするため自分を嫌いになってしまうのです。

自分嫌いを克服するたったひとつの習慣

自分嫌いを克服するたったひとつの習慣
自分嫌いを克服するには、自分の本心はどこにあるか向き合うことが大切です。

自分に向き合うことを避けていると、これからなにをすればいいのかわかりません。

そこで大切になることは、自分の感情に焦点をあてることです。

すべてのものごとを一旦、好きと嫌いにわけてみるのです。

すると今の自分は、あまり好きではないことをしている場面が浮かび上がってくるでしょう。

違和感のもとが見えてくるはず。

断言します。

自分嫌いを克服するためには、自分の好き嫌いをハッキリさせることが大事です。

大人は好き嫌いでものごとを決めることを良しとしないところありますよね。

好き勝手なことをしようものなら「きちんとしなさい」なんて言われてしまう。

まわりからの合格点をとるために自分を合わせてしまう。

言わば社会に「調教」されてしまうわけですよ。この調教のワナからいかに逃れるかですね。

「こっちの世界」で生きる覚悟をする

自分嫌いを克服するには「こっちの世界」で生きる覚悟を決めることです。

「こっちの世界」とは自分の好き嫌いを軸にする生き方を言います。

多くの人に溶け込む生き方「あっちの世界」からの惜別ですね。

怪しい話ではないですよ。まじめなお話です。

人さまが違和感なく生きている世界に、違和感を感じているのですから仕方ないですよね。

好き嫌いの世界で生きること

好き嫌いを軸にした世界で生きるのも、それはそれで大変なことですよ。

「寝るのが好き」だからといって寝ているばかりでは生活できませんからね。

「好き」のほかにもうひとつ必要なものがあります。それは「人から求められること」をすることです。

生活するためには、社会から求められることをしなければお金をいただくことができないから。

さきほどの話と矛盾するように聞こえるかもしれませんけれど、

大きな違いは「好きではないけれど求められること」は切り捨てるということです。

強みを活かす世界

好きなこと、人から求められることの両立できるものは「自分の強み」となるものです。

強みというものは、「実績」と「らしさ」の集合体です。

スキルや経験だけではなく、当人の持つ持ち味も含まれたもの。

無意識にできることなので自然体で行動することができます。

自分ではなんの気なしにやることにより人から喜ばれるため、次第に自分のことも好きになります。

他人から認められたいという承認欲求も満たされるからです。

  • 自分嫌いを克服するためには、自分の強み活かす生き方をすることが重要になりますよ。

下記をがっつり読んで自己分析するといいです。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

環境を変えよう

環境を変えよう

自分の強みを活かす生き方をするためには、環境変えがもっとも効果的です。

ひとりだけ違う行動するのはキツイですからね。

好きで求められることをしている「こっちの世界」で生きている人たちとの交流を増やすと、それができない自分に違和感でます。

かくいう私もそうでした。

ビジネスセミナーに通い始めたとき、「仕事が楽しい」とか言ってる人たちに囲まれてしまいました。

最初、そんな人たちに激しい違和感を持ちましたよ。「仕事はツライもの。ガマンするもの」と私は思っていたので。

ところが仕事が楽しいというひとたちと共に時間を過ごしていると、次第に楽しめる仕事をしていない自分の方に違和感を持つようになりました。

ミラーニューロンと呼ばれる心理作用です。

ミラーニューロン(英: Mirror neuron)とは、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように”鏡”のような反応をすることから名付けられた。他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

交流する人たちをそれまでと変えたことで私自身の考え方も行動も変わり今にいたります。

なぜ浅野ヨシオは女性を応援するのか?に私のこれまでのことを詳しく書いてます。
付き合う人たちを変えてしまうことは大事ですよ。

自分嫌いを克服したソノサキ

自分嫌いを克服したソノサキ

自分嫌いを克服するとどうなるかをお話すると、朝目覚めた瞬間からワクワクする時間が始まります。

自分から進んで仕事をしたくなる日々は格別なものですよ。

やりたくない仕事をしているときは、一分でも長く寝ていたかったのに今は暗いうちに自然に目が覚めてすぐに仕事はじめてしまいます。

人生の中で仕事をしている時間はものすごく長い。幸福度がケタ違いに高まります。

ただし、自分の強みを活かす仕事ができるようになるにはそれ相応の時間も手間ヒマもかかります。

正直、あっちの世界の人たちには向かないです。好き嫌いのハッキリしている人に向く。

ご本人が「これ!」というものには、手間ヒマ惜しまずがっつり向き合うことができるからです。

あっちの世界で生きるのも、こっちの世界で生きるのもそれ相応の厳しさあります。

どっちがいい悪いではないので、ご自身に合う方を選ぶといいですよ。

わたしの講座の案内ページでも強みを見つけて仕事にする流れについて詳しく解説してますので参考にどうぞ。

以上となります。

いっしょにがんばりましょうね!

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました