強み

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

自分の棚卸しをして強みを見つけたい人
自分に向き合うことが苦手です。
私に強みなんかあるのかな。
これまでの自分を棚卸ししたいです。

そんな疑問に答えます。

 

本記事では、強みを見つける目的の正しい自分の棚卸しができるようになります。

 

自分に向き合うことが苦手な人も多いので書きました。

 

自分の棚卸しをしないと、自分の価値や強みに気づけないのでちょっともったいない。

 

きちんと自分の棚卸しをすると、起業アイデアの発見や転職の成功にもつながりますからね。
自分の棚卸しをするときに使える質問集も無料で配布しています。

 

5分くらいで読めます。最後まで読んでくださいね。

 

本記事を書いている私は、人の人生の棚卸しをサポートするプロ。

 

本記事を書いている私はこれまで通算12年間、延べ2000人の起業や転職に役立つ強みを作り続けてきました。

 

今はこんな本を書いたりして楽しく生きてます。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

※詳しくは私の自己紹介ページをご覧ください。

 

強みを発見する自分の棚卸し20のポイント

強みを発見する自分の棚卸し20のポイント

繰り返しになりますが、自分に向き合うことに苦手な人はけっこう多いです。

 

自分のことを聞かれることも、自己アピールも苦手なことも多いですよね。今日でその悩みとも、おさらばしちゃいましょう。

 

自分の棚卸し20のポイントをのちほどお教えします。その前に知っておくべき知識がありますので順に解説しますね。

 

自分の棚卸しとはなにか?

そもそも自分の棚卸しとは何を意味するのでしょう。

 

「棚卸し」とは本来、会社やお店が決算のときに、商品や材料などの在庫を調べて数量を確かめるときに使う言葉です。会社の力を推し量るときには絶対に欠かせないもの。

 

そこで自分が利益を生み出す会社そのものだと置き換え、自身の中にある「商品(実績やらしさ)」や「材料(実績やらしさの根拠になるエピソード)」を調べだしていくことが「自分の棚卸し」です。

 

具体的には、

 

・これまでの経験

・これまで積み上げたキャリア

・スキル・知識・特技

・強い興味や感心ごと。その理由

・性格やキャラクター(個性)

 

など多岐にわたります。

 

なぜ今、自分の棚卸しが必要なの?

真面目に働くだけでは価値にならない時代になってしまったから。作業系の仕事はAIやロボットに置き換わってしまうからです。

 

そこで

「自分にしかできないことは何か?」「自分の持ち味は?」などに価値が集中するようになりました。

 

人を楽しませたり、惹きつけたりするなど個人のもつ魅力や個性も含まれます。これらを自分の中から掘り起こすために自分の棚卸しは不可欠。

 

他人との違いをはっきりさせておくことで、起業やスキルアップ転職の武器になりますよ。

 

よくある間違った自分の棚卸し

やってしまいがちな自分の棚卸し失敗行動は次の通りです。

  • 少し考えて、すぐやめてしまう。
  • 漠然と自分を見つめてしまう。
  • 時間をほとんどかけない。
  • 考えてばかりで書き出さない。

これでは自分の強みにつながる棚卸しとは言えないですよね。じっくり取り組むことが大切。

 

長い人生ですから自分の棚卸しにそれなりに時間をかけてもすぐにモトはとれますよ。

 

自分の棚卸し20のポイント

以下の20項目に注目して自分の棚卸しをしましょう。

 

落ち着いて自分を空から見つめるような感覚で思い返してくださいね。

 

  1. やりたいこと・好きなこと
  2. 昔の自分の悩みの克服
  3. 困難を克服した経験
  4. 誰かを救った経験
  5. 身につけたスキル
  6. 学び続けた知識
  7. 3年以上やっていること趣味・社外活動など
  8. 習慣として取りくんでいること
  9. 時間を忘れてやってしまうこと
  10. こだわってやってしまうこと
  11. 人が不快に感じても自分は快楽なこと
  12. 社会で「これあったらいいな」なこと
  13. 会社や業界で「これあったらいいな」なこと
  14. よく頼まれることや喜ばれること
  15. 前職にあって今の会社にないもの
  16. 子どもの頃やってほしかったこと
  17. これまで一番楽しかったこと
  18. これまで一番怒りを感じたこと
  19. これまで一番悲しかったこと
  20. これまで一番うれしかったこと

以上となります。

 

20項目それぞれのエピソードや得られたもの、身についたものなどを書き出しつつ棚卸しを進めましょう。

 

なぜ自分の棚卸しにより起業アイデアや転職成功につながるのか?

なぜ自分の棚卸しにより起業アイデアや転職成功につながるのか?

上記20項目を棚卸ししたものの中に、あなた自身の持つ価値が含まれているからです。

 

お金や仕事は誰かの欲に応えるか、悩みを解決するときに発生するもの。

 

前述の20項目は自分自身の体験から培われた技術や知識、強い思いなどが含まれています。

 

その力を欲する人がいる。誰かしらの欲や不満に答えられると、お金や仕事につながりますよ。

 

「もっと本格的に自分に向き合いたい。そのガイドが欲しい」という人は、自分の棚卸&分析に使える70の質問集 を無料でお配りしています。

 

本来は有料級のものですが、私が向き合える人数には限界があります。思い切って公開します。

強みを見つける専門職の私が個人セッションをするときに活用しているものです。

下記からどうぞ。

※予告なく配布を終了します。

精度を高めた自分の棚卸しをするなら?

精度を高めた自分の棚卸しをするなら?

より精度を高めた起業アイデアや転職に有利になる自分の棚卸しをしたいときは、

 

・自分史による自分の棚卸し

・ブランド・プロフィールにより強みを伝える

 

の2つを行うことは不可欠になります。自分史とは生い立ちから現在まで、すべてを書き出すものであり、

ブランド・プロフィールは

 

1,誰に何ができるか

2,自分にしかない強み

3,1と2を証拠付ける体験談

 

の3つの要素を含んでいる狙いのある自己紹介文です。

詳しくは、こちらの記事を参考に。

自分の「思い」や「感情」も強みになります

自分の「思い」や「感情」も強みになります

自分の強い思いやあふれ出る思いは、自分の強みになることをあまり知られていません。

 

哲学者アリストテレスは「論理・信頼・共感の3要素で人は動く」と定義しています。

 

スキル、知識、実績は論理と信頼を呼びますけれど、共感には至りません。

しかし、自分の持つ強い「思い」や「感情」は人から共感を呼び、人が動くのです。

 

たとえ今の自分に実績やスキルがあまりないとしても、強い意思や考えを示すことで仕事が集まるチャンスも得られるということですね。

 

強みを見つけるための自分の棚卸しに「取り組んでみたい。やってみたいな」と思いましたら、試しにこちらで話を聞いてみるといいでしょう。

一人ひとりが強みを活かせば世界は変わる

一人ひとりが強みを活かせば世界は変わる

強みを活かすということは、たいそうなことをしなきゃいけないわけではありません。

今の自分の持ち味を発揮するだけでいい。

 

私が多くの受講生を見てきた中で思うことがあります。ほとんどの人が自分の能力の半分くらいの力で生きているなぁということ。

 

他人の目を気にしたり、過去の失敗に縛られたり。人によってさまざまですけれど、力をセーブしているんですよね。

 

もしもみなが、自分の強みに気づき、その力を発揮したとしたら、多くの人が救われるのは間違いないです。一歩踏み出してもらいたい・・・。

 

自分でも意外な強みに気づくと見える景色が変わる件【体験談です】

自分でも意外な強みに気づくと見える景色が変わる件【体験談です】

私自身、女性塾を始めて9年が過ぎていますけれど、生い立ちは男だらけの環境で育っています。

 

男3兄弟の次男です。高校は男子校出身。大学も70%は男性しかいない学校。

 

社会に出てからは不動産業⇒設備機器メーカーで働くなど、どっぷり男性に囲まれる20~30代の人生を過ごしていました。

 

そんな自分が女性を伸ばす指導ができるなんて、地球がひっくり返っても想像できなかったですよ。

 

お金や生活・地位のために仕事に向き合い続けられる男ビジネス社会に常に違和感を感じていました。

 

もっと自分らしく働きたいなぁとか、もっと自分を活かせることあるんじゃないかなとか考えてしまい力出ないのです。

もっと自分はできるはずなのに・・・なぜ力が出ないのかなと自分を責めていました。

 

自分は異常なのかとひとり悩むことも多かったです。

 

そんなとき、ひょんなことから講師になるチャンスを得て、受講生の中にいた働く女性たちの話を聞いて驚きました。

 

私と同じような違和感を持って働く人たちは圧倒的に女性が多かった。

 

この体験が私の女性塾を始めるきっかけになりました。ひたすら人生史を聞き続ける私の講師スタイルが女性にウケたのです。

 

自分ではあたりまえと言いますか、好きでやっていることでも、ほかの人にはできないこともあることを知りました。

 

自分の強みに気づくと、人生がゴゴゴっ!って、音をたてて動きます。仕事につなげていくと毎日が楽しくワクワク過ごすことになりますよ。

 

以上となります。

 

強みにつながる自分の棚卸しをしっかりやって、楽しい強みライフを送ってくださいね!

 

人気の記事

会社員に向いてないけれど起業は怖い時どうする?【奥の手】
そんな疑問に答えます。本記事のテーマ会社員向いてないけど起業は怖いときどうする?について解説します。いきなり結論をお伝えすると、会社員に向いてないけれど怖いというのなら、小さな会社に転職してみること。これらを解説...
誇れるものとなる強みを知りたいときの注意点【矛盾します】
そんな疑問に答えます。本記事では誇れるものとなる強みを探す時に注意すべきポイントと、誇れるものとなる強みの見つけ方がわかります。本記事の信頼性この記事を書いている私の簡単な略歴です。(※必要なかったら読み飛ばしてください...

コメント

タイトルとURLをコピーしました