生き方

嫌われずに本音で話す人になる方法|本音と意見の使い分け必要。本心で話す相手選びに注意

本音で話すのが怖い人
本音で話す人になる方法ありますか?
嫌われるのはイヤ。
話そうとすると涙出るときもあるの。
対処法も教えてください。

そんな疑問に答えます。

本音をズバズバ言える人を見ると、うらやましくなるときありますよね。

とは言うものの、嫌われるのは怖いもの。

実は「本音」と「意見」の使い分けを覚えればOK。

人間関係は崩れません。

もちろん本心で話す相手選びに注意しないとですけどね。

本記事では、本音で話す人になる方法についてやさしく解説します。

この記事をお読みになると、無理なく本音で話すマインドになります。

建前ばかりの人生からサヨナラしたい人に必読の記事。

最後までお読みくださいね。

3分30秒くらいで読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

誰にも話せずにいる本音を聞き続ける仕事です。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

嫌われずに本音で話す人になる方法

嫌われずに本音で話す人になれる思考法【本音と意見を使い分ければOK】

嫌われないように本音で話すには、結論から言うと

  • 本音と意見の違いを知る
  • 本音を話す相手を選ぶ

以上の2つを押さえるのがコツ。

その解説の前に、本音で話せない理由を整理しますね。

本音で話せない理由

本音で話せないのは、嫌われるのが怖いからですよね。

特に日本は「みんないっしょ」が大好きな国です。

みんなが白というものに、黒と言いづらい雰囲気がある。

つまり日本は、本音で話しづらい国ということです。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

安心してください。みんな怖いですから

本音と意見の違いを知る

そこで前に書いたように本音と意見の違いをきちんと押さえることが重要です。

これ知っておくだけでも気が楽になる。

本音とは、辞書によると本心から出たことばとあります。

一方、意見とは「思うところ。考えとあるところに注目。

似ていますけど若干違いますね。

「意見」なら相手に配慮しつつ思いを伝えることができます。

つまり嫌われないようにするためには、

「本音で話す」⇒意見を伝える

以上のように変換するといい。

嫌われずに本音で話す人になるには、「自分の意見を伝える」と心がけることが重要になります。

同感ではなく共感でいい

とは言ってもちょっと勇気がいりますよね。

そこで知っておくべきは、共感と同感の違いです。

共感とは相手の意見や思いを一旦、受け止めてあげること。

たとえば「私は寿司が一番好き!」と言われたら「そうなんだ!本当に好きそうだね」という感じですね。

つまりあなたは寿司好きじゃなくていい。

一方、同感とは全く同じで意見・思いでなければならない。

同感の場合は「私は寿司が一番好き!」と言われたら「私も好き!」となります。

こちらですと本当に好きでない限りウソになります。

嫌われずに本音で話すには、共感しつつ、自分の意見を伝えるという流れを作ればいいのです。

本音で話す具体的な方法

嫌われないように本音で話す(意見を伝える)方法としては、「私の意見として」もしくは「私が思うに」を枕詞にするといいです。

自分の意見を伝える前に必ずです。

相手の意見、思い、行動を否定しないように心がけるイメージですね。

うーん
うーん
なるほど理解できました。
でもまだちょっと怖いな

より丁寧に伝えるなら、
相手の考えを復唱しつつ「理解できました」と伝えるといいです。

ちょっと例をあげますね。

野菜にドレッシングをかけるとおいしいです

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

野菜にドレッシングをかけるとおいしいのね。
理解できました
私の意見ですけど、塩をかけてもおいしいと思うよ。

みたいな感じですね。

以上のパターンで話した場合、ドレッシングをかけるとおいしいと、本心で思っていなくともウソになりませんよね。

そしてちゃんと自分の本心も伝えられます。

人は自分の考えを否定されるのが嫌い。

  • ちょっとクドいかなくらい受け止めてあげるといいです。

本音を話す相手を選ぶ

次に注意するポイントとして、本音を話す相手を選ぶことです。

仕事上の付き合いであれば、ムリして本音を話す必要はないですからね。

良好な人間関係を築くことを優先して話した方がお得というものです。

本音を話してOKな相手としては次のとおりです。

  • 家族(良好な場合)
  • 心の満たされた友人
  • 他の友人とつながらない友人
  • とにかく口の堅い人

ちょっと解説を加えますと、本音を話してOKな相手の筆頭は家族でしょうね。

但し、考え方や価値観が違う場合はその限りではありません

ムリに話さない方がいいですよ。

また、心の満たされた友人もいいですね。

相手の気持ちを受け止める余裕がある。

ちなみに仕事やプライベートのうまくいってない友人には話さない方がいいですよ。

曲がった捉え方をされてしまう可能性あるためです。

最後におすすめなのは、他の友人とつながらない友人もいい。

私が前妻と離婚するか悩んでいたころ、そんな友人に話を聞いてもらっていました。

他の友人に話が漏れる心配もなくてよかったです。

割とおすすめですね。

最後に、本音を話す相手としてとにかく口の堅い人

さほど人間関係深い仲でなくとも話しやすい場合もありますよね。

スナックのマスター的な存在ですかね(例えが昭和っぽい)

ちなみに相手の気持ちを考えるあまり、本音を話せなくなる人もいるかと。

そんな人は下記の記事をおすすめします。

もっと重症で、自分の本音すらわからなくなっている人もけっこういますよね。

そのような人におすすめの記事を下記にまとめました。

必要であればお読みください。

本音を話して嫌われる人の特徴

本音を話して嫌われる人の特徴

ここであらためて、本音を話して嫌われる人の特徴も知っておくといいでしょう。

嫌われポイントを押さえれば、安心して本音が話せるようになりますものね。

次のとおりです

  • 本音を話して嫌われる人の特徴
  • 相手の気持ちを考えない
  • 相手の立場を考えない
  • 相手を傷つける

順に解説しますね。

相手の気持ちを考えない

相手の気持ちを考えず、自分の本音をそのまま話す人です。

本音を話すことが正しいと思い込んでいるフシがありますね。

気をつけたいところです。

相手の立場を考えない

相手の立場を考えず、本音を語る人も嫌われますね。

特に仕事では本心でないことを、言わなければならないときも多くありますよ。

たとえば上司が会社命令を部下に伝えなければならない場面とかね。

上司も不本意ながら仕方なく立場上、部下に伝えなければならないときもあります。

そんなとき本音をぶつけてばかりいる部下は、のちのち自分のクビを締めかねません。

相手の立場をおもんぱかることは大事です。

相手を傷つける

本音を話すことで相手を傷つける人は嫌われますよね。

余計なことは言わない方がいいです。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

本音を話すことが必ずしもいいことじゃないということですね

嫌われずに本音を話せる人の特徴

嫌われずに本音を話せる人の特徴

嫌われずに本音を話す人の特徴をまとめてみました。

  • 本音を話す相手を選んでいる
  • 思いやりがある
  • 他人を攻撃しない
  • 言葉と行動が一致している
  • 自己肯定感が高い

以上ですね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

それなりの人格が求められる感じですよね

本音で話せる関係を作るコツ

本音で話せる関係を作るコツ

本音で話せる関係を作るコツは、自分から自己開示することです。

かなり効果ありです。

離婚後に新たな婚活を始めた頃のお話を披露しますね。

私はお見合い相手の方に、出逢って間もなく離婚した経緯をお話してました。

相手の気持ちになってみると、聞きたいのに聞きづらいことですものね。

その気持ちを先読みして始めたことです。

するとこれまでに何回もお会いしていたかのように、お相手の方との距離が縮まったことをよく覚えています。

自己開示は怖いという人もいるかもですけど、本音を語ってもいい相手になるかどうかを選別する作業と思うといいですよ。

要は相性を見ている感じですよ。

本音を話すと涙が出るときの対処法

本音を話すと涙が出るときの対処法

「本音を話すと涙が出てしまいます」という方もいますよね。

そういうときは相手から目を反らす。

とは言え、あからさまに反らすわけにいきませんよね。

そんな方にオススメするのは、相手のまつ毛を見ることです。

目を反らしていることを相手に気づかれないまつ毛です。

涙が出そうなときは、自分自身に気持ちの向いているときですよね。

そこで、相手に自分の気持ちを向き直すのが狙いです。

やってみるとわかるのですけど、まつ毛は相手に意識を集中しないと意外に見えません

そこで心の落ち着きを取り戻しましょう。

涙を流さずに済みますよ。

本音を話せる第3の大人の存在

本音を話せる第3の大人の存在

本音を話せないからといって自分を責めないでくださいね。

身近にいない人の方が話しやすかったりもします。

本音を話しても安心な専門家をつけてしまうのも手ですよ。

私は個人セッションを行っています。

クライアントさんに本音を話せるし、頭が整理できるとよく言われます。

たった一人でも本音を話せる相手「第3の大人」の存在は大きなものです。

「第3の大人」とは親族や知人の枠外であり、自分を理解してくれる大人という意味。

もちろん私でなくていいですよ。

そんな人がひとりいるだけでも、自信を持って前に進むことができます。

自分を出せない人には特におすすめですね。

以上となります。

 

追伸:この記事のご感想などもいただけたらうれしいです。

LINE友達募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました