強み

強みを活かす方法【仕事・就活・自己アピールに使う秘訣】

強みを活かす方法【仕事・就活・自己アピールに使う秘訣】

強みを活かす方法を知りたい人
どうすれば自分の強みを活かすことができるの?
強みを見つけて仕事にも活かすことってできる?
自己アピールに使うコツなんかも知りたい。

そんな疑問に答えます。

自分ではあたりまえのことなのに、他人からビックリされる。これこそ自分の強みを活かしたときに起こることですよね。

そんな現象を意図的に起こすことは可能です。

そのためには自分の強みを見つけ、その使い方を熟知する必要があります。

本記事でわかりやすく解説します。

あらかじめお断りなのですが、自分から前のめりに行動しないと強みを活かすことはできません。承知の上で読みすすめてくださいね。

自分らしく働きたい方から収入を増やしたい方にまでピッタリの記事です。

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。2000人以上を指導して知り得たことをお伝えしています。

※3分ほどで読めますのでお時間くださいね。

  • この記事を書いている人の信頼性
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

強みを活かすメリット

強みを活かすメリット

強みを活かす方法をお伝えする前に、強みを活かすメリットも知っておきましょう。

モチベーションMAXになり、強みを活かしきる覚悟が決まりますので。

  • 強みを活かすメリット
  • 効率よく結果が出せる
  • 収入が増えやすくなる
  • 長く働くことができる
  • 就活・転職に有利になる
  • 最強の自己アピールができる
  • 感謝される

強みを活かすメリットは、ひと言で表現するなら効率よく結果が出せるというもの。

背の高い人がバスケ部入ると結果出しやすくなるのと同じ理屈です。

ちょっとやってみると、人から驚かれるような現象が起こるみたいなもの。

仕事に活かせば収入も増えやすくなるし、飽きずに楽しむことができるのでノンストレスです。

必然的に長く働くこともできるようになりますよね

また、スキルとして強みを言語化すると就活・転職に有利になります。

ほかの人との違いが相手に伝わり最強の自己アピールになるので。

そして最大のメリットといっても過言ではないのは、人から感謝されるということ。

自分は難なくこなせてしまうことなのに「ありがとう。助かったよ」と言われる機会が増えます。

以上のように強みを活かすメリットは計り知れませんよ。

強みを見つける方法

強みを見つける方法

強みを活かすためには、前提として強みを見つけなければなりませんよね。

前にも少し書きましたけれど、自分ではあたりまえなことなのに、他人からビックリされることを見つけ出すことです。

自分の売り(セールスポイント)となる大事なもの。おさえておかなければ、前に述べた「強みを活かすメリット」へつながる現象が起こりません。

具体的には、稼ぎにつながる強みを見つける方法【強みを仕事に変えるまで】 に書きましたので参考にどうぞ。

自分らしさこそ最強の強み

強みのお話になると「私はそんなすごいことできないです」とか頭ごなしに拒絶する人多いです。お気持ちはわかるのですけど・・・。

大それたことではなくて、実は”自分らしさ”こそ最強の強みだったりします。「らしさ」に人は惹きつけられるからです。

  • 「らしさ」とはその人の行動や考えの一貫性を意味します。

「アノ人はいつもやさしい」なんていうのも、その人の一貫性を示す表現です。

わかりやすく例えると「あなたはなんのヘンタイ(変態)ですか?」ということです。

みなは嫌がるけれど全然苦にならないとか、時間を忘れてやってしまうことなどもそのひとつです。

強みというのはスキルや経験だけではないと覚えておいてくださいね。

詳しくは、自分らしさこそオンリー・ワンの強みである理由【最大の売り】 をお読みくださいね。

強みを活かす方法

強みを活かす方法

さて本題の強みを活かす方法について解説します。

  • 強みを活かす方法
  • 強みを活かせる仕事を選ぶ
  • 自分の強みを認知してもらう
  • 強みを掘り下げ使い切る
  • 必要としてくれる人にフルコミット

強みを活かす方法として、強みを活かせる仕事を選ぶことです。

仕事の方向性を決める際。自分の強みを起点に考えましょう。

文章を書くことが得意な人がライターを選ぶみたいな感じですね。自分を活かせる居場所探しみたいなものです。

強みを活かす仕事を見つける方法についてはのちほど詳しく解説します。

次に強みを活かす方法として大切なことは、自分の強みを認知してもらうことです。

認知とは読んで字のごとく知って認めてもらうことを意味します。

がっつり働いて結果を出す。そして周りの人に認めてもらうことですね。信用を積み上げることになります。

信用を勝ち取ると、次第に任せてもらえるようになり自由度が広がります。強みを活かす上で大切なことですよね。

さらに、強みを掘り下げ使い切ることが大切。

具体的には、強みに関わるスキル磨きや知識を深めることです。次第に強みを活かせる範囲が広がっていくことになります。

強みを活かす方法の最後は、自分を必要としてくれる人にフルコミット(結果を約束)することです。

自分の強みに対し「価値あるもの」と認識してくれる人に、注力することを意味します。

文章を書くことが得意な人が、料理を作って欲しい人にコミットしても価値を感じてもらえないですものね。それでは意味がない。

万人ウケを狙ってはいけないということですよ。

以上が強みを活かす方法です。

強みを活かす仕事を見つける方法

強みを活かす仕事を見つける方法

次に、強みを活かす仕事を見つける方法について解説します。

以下の4つのポイントを踏まえて業界・業種・職種を絞り込むようにしましょう。

  • 強みを活かす仕事を見つける方法
  • 知識・スキル・経験を活かせることを選ぶ
  • ヘンタイぶりを活かせる事にしぼる
  • やりたい・やりたくない軸で考える
  • 自分の感覚に問いかける

強みを活かす仕事を見つけるためには、これまで積み上げた知識・スキル・経験を活かせることを選ぶのは鉄板です。

もちろん個人差があるのは百も承知の上でご説明しています。上には上がいくらでもいますので割り切りが必要ですよ。

次に自分のヘンタイぶりを活かせることにしぼることも大切。

苦手なことを切り捨て、結果を出しやすいものに全力を尽くすためです。

ほかの人との差がハッキリ出ますからね。ただ、自分のヘンタイぶりは自分では気づけないところもあるので、信頼のおける人に尋ねてくださいね。

次に、やりたい・やりたくない軸で考えることも大切です。

どんなにヘンタイぶりを活かせることでも、やりたくない仕事でしたらやめておいた方がいい。

条件はよくても幸せじゃないでしょうし、長く続けられないでしょうからね。

そして最後は、自分の感覚に問いかけることです。

「この仕事ならできそう」「おもしろそう」など、なんとなくの感覚です。この感覚は、これまでの経験や知識が入り混じって湧いているもの。

けっこう大事なポイントです。直感も大切ということですよ。

より詳しい情報を知りたい人は、自分の強み発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方 をお読みくださいね。

強みを活かせる・活かせない人の違い

強みを活かせる人と活かせない人の違いについても解説しますね。これから注意するべきポイントがわかりますよ。

  • 強みを活かす人と活かせない人の違い
  • 強みに気づいているか否か
  • 他者評価を受け入れているか否か
  • 思い込みから確信に変えられるか否か

強みを活かす人と活かせない人の違いについては、あたりまえのお話ですけど、強みに気づいているか否かの違いはありますよね。

きちんと自分を見つめる時間を作り、強みを見つけている人とわからないひとの差は活かしたときに差がハッキリ出ます。

また、他者評価を受け入れているか否かの違いもあります。

強みを活かす人は、他人から褒められるなどのポジティブな評価を見逃しません。強みの認識が早く、必然的に活かしやすくなります。

一方、強みを活かせない人は自己評価を重視し過ぎています。手応えを感じるかどうかに意識が向くため、無意識にできてしまう強みに関して鈍感になります。

最後は、思い込みから確信に変えられるか否かの違いがあります。

強みというものは、けっこう後づけで理解できるものです。結果が出たあとに「あぁどうやら強みだったみたいね」という感じ。

つまり最初は「思い込み」から始まり、結果を出して「確信」に変わるもの。

強みを活かす人は自分の強みと思い込んで突き進み、結果を出して確信に変えます。

一方、活かせない人は自分の強みと思い込めないため、結果を出す前に挫折してしまいます。

以上が強みを活かす人と活かせない人の違いですね。

強みを活かして長く働き続ける秘訣

強みを活かして長く働き続ける秘訣は、

  • 強みを活かせる範囲から出ない
  • 時代に合わせて変化させる

以上の2つを守ることです。

お亡くなりになってしまいましたけれど故・志村けんさんは、ずっと「人を笑わせる」ことを貫いた人生でしたよね。

強みを活かせる範囲から出ない模範例みたいなものです。

成果を上げると自尊心が刺激され、あれこれ手を出してしまいがちです。

しかし力が分散してしまい、気づけば強みも強みではなくなってしまう場合がある。

強みを活かせる範囲から出ないことは、長く働き続けるコツのひとつなのです。

もうひとつ大切なことは、時代に合わせて変化させることです。

芸人さんやタレントさんがTVからYou Tubeに流れていくのも時代の流れに応じた対応でしょう。

自分の強みをどう活かすか、どこで活かすかは時代の変化に合わせる必要があるのです。

まとめますと

  • 変えてはならないところは変えない。
  • 変えなければならないところは変える。

ということになりますね。

強みを自己アピールに使う究極の方法

強みを自己アピールに使う究極の方法

強みを自己アピールに使うためには、「自分の強みは○○です」と言うだけでは相手に伝わりません。

ちょっとしたコツがあります。強みの裏づけを示す実績やエピソードも同時に伝えることが大切なのです。

強みを活かした結果(実績)が、強みの裏づけです。さらに相手に強い印象を残すことも同時に行う必要があります。

自分を超える実績を持つ人に勝てなくなり選ばれなくなるからです。

これを防ぐためにも実績にひも付くエピソードも伝えなければなりません。

とはいえ、じっくり相手が自分の話を聞いてくれる保証はないですよね。

その問題を解決するにはブランド・プロフィールを作ることです。

  • ブランド・プロフィールとは自分にしかない強みを盛り込んだプロフィールです。

実績だけつらつら書く職務経歴書とは違います。

人間性を含めた魅力を相手の印象に残すよう設計された表現手法です。

強みを自己アピールに使う究極の方法と言っても過言ではないですよ。

個性を強みとして伝えるプロフィール書き方【事例あり】に詳しい解説があります。

強みを活かすとは天命を全うすること

さて最後にちょっとした補足のお話です。

強みというものは、偶然に備わったちょっと優れた能力ですよね。

天から贈られたギフトみたいなものではないかと。授けられたものですから、何か意味があると思うのです。

その意味とは、強みという能力を惜しみなく使い、自分以外の人にも還元せよということではないかと。

断言します。

強みは程度の差こそあれ何もない人なんていません。

自分を見つめ直す時間をとり、強みの活かし方を考えていきましょう。

以上となります。

(※この記事を書いている人の自己紹介

この記事を書いている人の講座

キャリアの棚卸しから自分にしかない強みの見つけ方までわかりやすく解説。
※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました