自信・自分らしさ・自分軸

価値観の合わない人と距離をとったほうがいい件【仕事&結婚】

価値観の合わない人と距離をとったほうがいい件【仕事&結婚】

価値観の合わない人との付き合い方に迷う人
価値観の合わない人ともお付き合いした方がいいのかな?

そんな疑問に答えます。

結論、価値観の合わない人とは距離をとったほうがいいです。ストレスがたまるので。

自分らしく生きるための環境をつくるために距離をつることは必要だったりしますよ。

価値観の合わない人たちと仕事や生活をしているために苦しむひとにも多く出会いました。

放置すると危険です。

賛否あると思いますので、読むとストレスを感じる人には読まないほうがいい記事です。

  • この記事の内容です
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

価値観の合わない人とは距離をとったほうがいい件

価値観の合わない人とは距離をとったほうがいい件
価値観とは、広辞苑によると

「そのものに どういう価値(意義)を認めるかについての、それぞれの人の考え方」

とあります。

大事なことなので繰り返していいます。価値観の合わない人とは距離をとったほうがいいです。

自分を見失うから。ミラーニューロンと呼ばれる心理作用によるものです。身近にいる人たちの言動に自分の言動も同化してしまうのです。

たとえば「仕事なんていいかげんにやっていても給料もらえるよ」と考えている人たちに囲まれていたら、自分もそんな気になってしまうみたいな現象。

知らず知らずに刷り込まれてしまうやっかいな心理現象です。

価値観は当人の行動を決める大切な軸になるもの。

  • ズレた人たちに囲まれていると、次第に本心と違う方向に引き寄せられストレスを感じるようになりますよ。
自分らしく生きる環境

「自分らしくいられない」「自分らしく働けない」というときは、身のまわりを囲む人たちとの価値観のズレによる場合が多いです。

人の行動には一貫性があります。みな一貫性のある行動をします。

もしも価値観の違う人たちに囲まれているとすると、周りの人たちの一貫した行動に従いつづけざるを得なくなります。

自分らしくいられなくなる原因は身のまわりの人たちとの価値観のズレによるものが多いのです。

特に注意したほうがいい人

繊細な人や感情移入しやすい人は特に注意が必要です。

身のまわりの人の考えや行動に敏感に反応しますからね。

自分を押し殺してまわりの意見を尊重する場面が多くなり心身を壊してしまう場合もありますよ。

価値観は移り変わるもの

価値観は移り変わるもの
価値観は移り変わるものです。

独身、結婚、出産後とライフステージの変化によって付き合う人たちが変わっていく経験をされた方も多いと思います。

これは価値観の変化によってもたらされている場合が多いです。

育児中のママが子ども中心にモノゴトを考えるようになったりするでしょう。

そして子どもが大きくなるとまた自分のこれからの人生を考え出すみたいな。

それ以外につらい&うれしいという喜怒哀楽のからむ経験をすることで、価値観が変わることもあります。

  • 価値観は移り変わるものであり、お付き合いする人たちも変わって当然なのです。

価値観の合わない人と付き合う方法

価値観の合わない人と付き合う方法
同じ職場で働いているときなど価値観の合わない人と距離が取りづらい場合もありますよね。そんなときの対処法について解説します。

共感する

「共感」を意識しましょう。

共感とは自分の本心でなくとも「この人はこう考えるのだな」と理解を示すことをいいます。

  • 極論、自分は同意をする必要はないということです。心理的な距離感を保つことができます。
自分の価値観をわかってもらおうとしない

自分の価値観をわかってもらおうとしないことです。無理強いしないだけでかなり楽になりますよ。

おすすめなのは職場以外に自分の価値観を理解してくれる人たちとの交流を深めておくことです。

たとえ職場に価値観の合う人がいなくとも安心できます。

価値観の多様性を受け入れる

いろいろな価値観があるものだとちょっと冷めた感覚で付き合うのものうまい対処法です。

「冷めた感覚」というとちょっとキツイ言い方かもしれませんけれど、心の距離感を保つ手段だと考えてくださいね。

【注意】価値観の違う人と出会うことは大切

【注意】価値観の違う人と出会うことは大切
さまざまな価値観を知っておくことは、これからの人生を送る上でも大切なものでもあります。

多様な価値観にふれると、自分の価値観に変化をもたらすこともありますからね。

かくいう私にもそんな経験があります。

あるビジネスセミナーに参加したとき、仕事は楽しんでするものという価値観の人たちに囲まれました。

それまでの私は仕事は苦痛に耐えるもの、ガマンするとお金がもらえるものという価値観の中で生きていました。

仕事を楽しんでいる人たちと共に学び続けていると、次第に私の仕事に対する価値観が変わり、楽しめる仕事をしようと変わりましたね。

今の仕事にシフトできたのも、もとをたどると価値観の違う人と出会ったから。

  • 価値観の違う人と出会うことは、新しい自分に出会うチャンスともいえますね。

価値観の合わない人と結婚してわかったこと

価値観の合わない人と結婚してわかったこと
私は一度、離婚した経験があります。

離婚した理由は属にいう価値観の違いですね。

「私(前妻)は結婚生活は合わないと思う」と彼女は言ってましたけれど、彼女の言葉どおりだと思いました。

人と暮らすことでもどかしさを感じている様子が手にとるようにわかりましたから。

彼女の気持ちもすごく理解できましたよ。

このときに学べたことは価値観にいいとか悪いというものはなく、相性の問題だけだなということです。

一度結婚してしまうとなかなか距離はおきづらいものだけに、慎重に見極めたほうがいいですよ。

価値観の合う人と結婚してわかったこと

価値観の合う人と結婚してわかったこと
一方、今のカミさんとは価値観が合います。お金の使い方や生き方についても合致する。

やりたくない仕事はやらなくてもいいよみたいなスタンスなので私も身近にいて楽です。

結婚すると楽しいことばかりではなく、苦しいときも同じときを過ごす場面に出くわします。そんなときに価値観のつながりがものいいますよ。

価値観の合う人&合わない人と結婚したからこそ、生活空間においては価値観の重要性がとても大切なものだと気づけました。

自分の価値観を知る方法

自分の価値観を知る方法
価値観についてアレコレ書いてきましたけれど、自分の価値観がよくわからない人もけっこういるものです。

自分の価値観の答えは本心の中に隠れています。

本心にせまる質問を投げかけ、思い浮かんだ答えに対する理由もきちんと掘り下げてみましょう。

くわしくは、今すぐできる自分の価値観の見つけ方ガイド|本心をつかむコツ に書いてます。

正しさに逃げない

正しさに逃げない
人の価値観に縛られてしまう人の多くは正しさに縛られています。

正しさとは、たとえば「育児中は母親は子どもの身近にいるもの」みたいな暗黙知みたいなやつですね。

正しさはときに当人の人生に犠牲を強いてしまうものです。

正しいことに「けしからん!」という人はいませんよね。

それだけに苦しむ気持ちはわかります。

しかし正しさに縛られ後悔する人生を送るのはいかがなものでしょうか。

私はときに「正しさに逃げなさんな」というアドバイスをすることがあります。

世間の正しさに身を委ね自分らしさを失うくらいなら、思い切って正しさを打ち破る行動をしたほうがいいと考えているからです。

  • もしも罪の意識のようなものが残るのであれば、なにか人に役立つことをすればいいのですよ。

自分の価値観を大切にすることは、自分を大切にすることです。

以上となります。いっしょにがんばりましょうね。

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました