起業・副業

会社員に向いてない人が起業すると成功しやすい理由

会社員に向いてない人が起業すると成功しやすい理由

会社員に向いてない人が起業して成功しやすい理由を知りたい人
会社員に向いてない人が起業すると成功しやすいの?

そんな疑問に答えます。

結論、会社員に向いてない人が起業すると成功しやすいです。

ただ会社員に向いてないからといって、安易に起業するのは超危険ですよ。

おさえておかなければならないポイントがいくつかありますからね。

この記事は、会社員に向いてないと考え始めた人向けに書いています。

これからの方向性をつかむヒントを得られますよ。

本記事でわかりやすく解説しますね。

  • この記事の信頼性が不安な方へ

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

会社員に向いてない人が起業すると成功しやすい理由

会社員に向いてない人が起業すると成功しやすい理由

会社員に向いてない人が起業すると成功しやすい理由、それは起業に向いている資質を持つ人が多いからです。

以前、こんな記事を書きました。

会社員に向いてない女性10の特徴【辞める判断基準も公開】

この記事にあるように会社員に向いてない人は、強い個性を持つ人が多いです。

一方、起業に向いてる女性の特徴【向いてるかどうか早わかり診断】に書いてあるように、起業に向いている人は、人と違うことができたり、未経験なことにも手を出したりできるような人。

起業に向いている人も個性的な人と言ってもいいですよね。
  • つまり会社員に向いてない人と起業に向いている人、どちらにも共通するものがある。

だからこそ起業に成功しやすいとも言えるのです。

たしかにそうですね。
でもそんなに単純なの?会社員に向いてないからって、起業していいものなんですか?
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

いいえ。それは前にも言ったようにやめた方がいいです

会社員に向いていない「だけ」で起業したら、大やけどすると思いますよ。
  • 何度失敗しても立ち上がる力が必要ですから。

それは成功するまでやり抜く力ですよ。

ちなみに会社員に向いてない人には2つのタイプがあります。

  • 仕事で成果を出しているタイプ
  • 仕事で成果を出していないタイプ

以上の2つですね。

成果を出しているタイプは、何度失敗しても成功するまでやり抜いた人。

そして成果を出していないタイプは、成果を出すまでやり抜けなかった人でしょう。

  • つまり会社員に向いていない人の中でも、仕事では成果を出しているタイプの方が、起業で成功する可能性高いです。
なるほど~
私は仕事で成果を出していないタイプだからダメかぁ。。。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

いいえ。そうとも言えないのですよ

仕事で成果を出していない理由にも個人差がありますからね。

自分に合っていない仕事をしているとか、自分の強みを活かせていないとかです。

会社員としては自分の持ち味を存分に発揮できず、成果を出せていない可能性もあります。

起業の場合は、自分のやり方で好きなようにやれる利点がありますし、商品もサービスも自由にできる。

  • ハマれば化けますからね。
うーん
なんだかわけわからなくなってきました。
ぶっちゃけ会社員に向いてない人の中で、どんな人が起業して成功するの?
結論、会社員としては「規格外」な人です。

会社員の枠におさまり切れない人が起業して成功していますね。

会社員には決まった時間に働くとか、仕事のやり方とか、共に働く人ととか、会社に決められてしまう「枠」があります。

その枠を取っ払ってしまえば、能力を発揮しまくるタイプの人が起業して成功する人ではないかと。

  • 例えるなら規格外のフルーツみたいなものでしょうか。

味はいいのにカタチがいびつで他に混ぜて売れないみたいな。

他に混ぜては力が発揮できないのですよ。

自分に潜む「規格外探し」が重要

自分に潜む「規格外探し」が重要

会社員に向いてないという自覚があり、起業に向けて走りたいのであれば、自分に潜む規格外なところを探す必要があります。

ここでいう規格外とは”自分の強み”のことを言います。

自分の強みというものは、あたりまえにできることの中に潜んでいることも多く、なかなか気づきづらいものです。

そして会社という「箱」の中では、役立たないこともありますよ。

自分の強みに関しては下記の記事にわかりやすく書いてます。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】 

会社員に向いてない人が起業する秘めた事情

会社員に向いていない人が起業する秘めた事情として、起業するしか生きる道が無かったのではないかと。

自由な時間に自由な場所で働きたいとか、やりたい仕事をしたいとか、時代がちょっとズレていたら「わがまま言ってるんじゃない!」と叱られてしまうようなことですから。

しかしながら、わがままと言われてしまう環境をそろえない限り、力が発揮できない人もいるのですよ。

そんな人が起業しているという事情もあるでしょうね。

会社員として生きるのも、起業して生きるのもどちらも一長一短あります。

自分がどの道を選ぶのか。本記事が少しでもそのヒントになったらうれしいです。

以上となります。

この記事を書いている人の講座

キャリアの棚卸しから自分にしかない強みの見つけ方までわかりやすく解説。
※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました