自分の魅力がわからない人がハッキリ自分をつかむ方法

2021/03/05

自分の魅力がわからない人がハッキリ自分をつかむ方法

自分の魅力がわからない人
自分の魅力って自分はなぜわからないのかな?
魅力を知って活かすコツも知りたい。

そんな疑問に答えます。

 

自分の魅力がわからないと自信がもてませんよね。

 

実は、魅力がわからないのではなく「受け入れていない」だけなんです。

 

潔く受け入れられるかどうかが、運命の分かれ道なんですよね。

 

本記事では、自分の魅力がわからない原因や、自分の魅力を知り、どう活かしたらいいかもわかります。

この記事を書いている私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

 

女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなどビジネス誌でも取り上げられています。

 

今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。

 

大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

 

自分の魅力がわからない原因

自分の魅力がわからない原因

自分の魅力がわからない原因について解説します。

 

他者評価より自己評価の方を重視しているから

他人からどのように見られているかよりも、自分がどう思うかに固執していると自分の魅力はわかりません。

 

「人からほめられても気持ち悪い」「謙遜してしまう」という気持ちとなって現れます。

 

自分にないものを持っている人と比較するから

自分にないものを持っている人と比較していると、自分の魅力がわからなくなります。

 

他人の優れているところばかりが目に入り、自分の魅力に意識が向かないからですね。

 

マイナス的に自分を見るから

「自分には魅力がない」前提で自分を見つめてしまうのも、魅力がわからなくなる原因です。

 

どのようなことでもマイナスひいきにとらえてしまうのです。

 

たとえば、場の雰囲気を盛り上げられる魅力があったとしても「話しすぎてしまう」とか考えてしまうみたいなヤツですね。

 

魅力のハードルが高すぎる

自分の理想とする姿が高すぎていて、その理想に達していないと「自分には魅力ない」と考えてしまうパターンもあります。

 

「自分はまだまだ」という思いが邪魔をしているということですね。

 

定量化しづらいものだから

自分の魅力というのは、数字などで定量化しづらいものです。

 

これも魅力としてわからない原因のひとつ。

 

たとえば「人当たりがいい」「空気を読む」みたいなものは数字化できませんものね。

 

自分の魅力がわからない人がハッキリ自分をつかむ方法

自分の魅力がわからない人がハッキリ自分をつかむ方法

他人から見て「できること」「できたこと「認められたこと」に意識を集中させることです。

 

自分の魅力の評価は、自分ではなく他人が決めるものだからです。

 

仮に自分ではぽっちゃりした体型がコンプレックスだとしても、ぽっちゃりが魅力に見える人には魅力でしかないのです。

 

自分の魅力というものは、本人の自信の有無は一切関係なしとも言えますね。

  • 褒められたこと
  • 頼られたこと
  • 感心されたこと
  • 驚かれたこと

など他人から受けた反応を思い出してみましょう。

 

自分の魅力を深堀りする質問集

自分の魅力を本気になって探すときに使える、自分の棚卸&分析に使える70の質問集 を無料でお配りしています。

 

私が個人セッションでクライアントに向き合う際に使っているもの。

 

思い切って公開します。

 

マイナスびいきな視点を取り除いた質問シートになっています。

下記からどうぞ。

※予告なく配布を終了します。

 

自分の魅力を活かしている人の特徴

前にも述べたように、魅力を感じるモノサシは人によって違うものです。

 

自分の魅力を活かしている人は、自分の魅力を評価している人と付き合い、評価される場所で活動しているのが大きな特徴です。

 

自分の好きなことややりたいことを突き詰めている人に多いのは、自分らしくいられる場面が必然的に多くなるからですね。

 

自分らしさこそ自分の魅力である件

自分らしさこそ自分の魅力である件

「らしさ」とは行動の一貫性を示すものです。やさしい人はいつもやさしくみたいなやつですね。人はらしさに魅力を感じます。

 

自分の魅力がわからない人は、優れていなければならないという思い込みがありますね。

 

取り柄がないと思う人が自信を持つ方法【仕事にも活かせます】に解説があります。お読みくださいね。

 

自分の魅力を活かせる仕事の探し方

自分の魅力を活かせる仕事の探し方

自分の魅力を活かせる仕事を探す場合は、自分らしさに逆らわないことです。

 

人と話すことが好きな人が接客や案内などの仕事をするのような、自分の一貫性に沿ったことをおすすめします。

 

自分の魅力を評価してくれる&欲している人の集まっている業種や業界に行くといいです。

 

仮にあまり気がすすまなかったとしても一度試すのはあり。

 

思わぬ高評価を得て、稼ぐ力につながる可能性があるからです。

 

自分よりも優れた人がいる前提で、仕事を選ぶ足がかりにするといいですよ。

 

自分の魅力に気づけば他人も幸せになる

自分の魅力に気づけば他人も幸せになる

自分の魅力を活かしたことをすると、関わる人たち皆が喜ぶようになります。

 

これは自分にとっても他人にとっても幸せなことでしょう。

 

自分の魅力の価値は、自分ではなく他人が決めるからこそ起こることです。

 

潔く自分の魅力を認めて活動してみてください。

 

見える景色が変わりますよ。

 

人気の記事

 

「自分の“強み”を見つけて自由に働きたい」と思い始めた女性へのサポート