自信・自分らしさ・自分軸

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を消せる100の質問シートつき】

ポジティブに生きるコツを知りたい人
マイナス思考な性格で困っています。
ポジティブに生きるコツを知りたいな。
あわよくば自己肯定感も高まったらうれしい。
そんな虫のいいことできますか?

そんな疑問に答えます。

 

ポジティブに生きるって「技術」です。

 

マイナス思考の人でもちょっとした訓練でポジティブに生きることはできますよ。

 

本記事では、マイナス思考の人でもできるポジティブに生きるコツについて書いています。

 

ポジティブに生きるために利用できる自己肯定感を高める100の質問シートも無料配布しています。(本来は有料級のものです)

 

うまく活用するとやりたいと思ったことにすぐ挑戦できるようになるし、毎日が楽しくなりますよ。

 

最後までお読みくださいね。

 

ちなみにこの記事を書いている私もどちらかと言えばマイナス思考派です。

 

新しいことをしようとすると不安でいっぱいになります。

 

それでもなんだかんだポジティブに生きていますからね。

 

そのコツを初公開します。

 

現在の私は女性の生き方やキャリアに向き合う塾を10年間続けています。

 

これまで20代の新卒女性から上場企業の管理職女性まで、転職や起業に役立つ各個人の“強み”を見出し続けてきました。

 

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版するなど、楽しく生きています。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

 

ポジティブに生きるコツ

ポジティブに生きるコツ

繰り返しになりますが、ポジティブに生きるって「技術」です。

 

やることは環境づくりと思考のチューニング(調整)だけです。

 

ポジティブになれる環境づくり

ポジティブに生きられない人は、環境がよくない場合が多いですよ。

 

ずっとよくない環境にいるから、ネガティブワールド(ネガティブな環境)が標準化している。

 

ネガティブワールドから抜け出すコツは主に3つ。

 

(1)ネガティブ情報から距離を置く

(2)ネガティブな人から距離を置く

(3)自分を成長させてくれる場に行く

 

順に解説しますね。

 


(1)ネガティブ情報から距離を置く

ネガティブな情報から距離を置きましょう。気持ちが下がる場面を徹底的に無くすためです。

たとえば

 

・TVニュースを見ない。

・ワイドショーも見ない。

・バッドエンドの小説や映画を読まない。見ない。

・暗い曲は聞かない。

 

などですね。耳と目に飛び込んでくる情報をポジティブなものだけに絞り込む意識を持ちましょうね。

 

You Tubeを見ている人も注意。

 

個人の興味関心に合わせてサムネイル表示されるシステムになっています。

 

ネガティブになりそうなものはすべて「興味なし」をクリックして目に入らないようにしましょう。

 

手順はこちらです。

You Tubeを見ている人も注意。

もしも気持ちがザワつくものが表示されたらバンバン「興味なし」で消し去ってください。

 

次第に類似したものも表示されなくなりますよ。

 

(2)ネガティブな人から距離を置く

ネガティブな人から距離を置くことも大切です。

 

理由は簡単でして、ネガティブが風邪のようにうつるからです。

ミラーニューロンと呼ばれる心理作用なのですが、周りを囲む人の思考が自分の思考に上書きされていくものです。

ネガティブな人たち話を聞いていると暗い気持ちになる現象もミラーニューロンの力です。

 

ちなみにネガティブな人とは、

 

・「やめたほうがいい」とやめる理由ばかり伝えてくる人

・プライベートや仕事で問題を抱えている人

・人に冷たい態度を取る人

・告げ口してくる人

・ウワサ話が好きな人

 

などに多いですね。

 

性格が明るそうに見えてもネガティブな人はいるので注意ですよ。

 

(3)自分を成長させてくれる場に行く

(1)と(2)のあとでいいのですけど、自分を成長させてくれる場に出向くことです。

 

セミナーや勉強会など有料で学びにくる人たちが集まるところはおすすめです。

 

社会人になってからでも自腹を切って学ぶ人は意識の高い人が圧倒的に多いから。

 

一点、注意ポイントとしてはネガティブ思考が強いときはやめておくこと。

 

意識高い系の人に囲まれたときより落ち込んでしまう場合があるので。

 

最初は「手が届きそうなちょっと先ゆく先輩たち」レベルの人に囲まれて様子を見ましょう。

 

徐々にステージを上げて心を慣らしましょう。

 

ポジティブになれる心のチューニング(調整)

ポジティブになれる心のチューニング(調整)

ポジティブに生きる環境づくりの一貫でもあるのですけど、心のチューニング(調整)も大切です。

 

チューニングとは主に音楽用語でして「楽器を調律して音程を正しくすること」という意味です。

 

楽器を自分に見立て、自分の心を正しくチューニングするのです。

 

自己肯定感を取り戻す

具体的にどのように自分の心をチューニングするかですけど、自己肯定感を取り戻すことです。

 

生まれたときから自己肯定感の低い人はいないです。

 

子どもは「アンパンマンになる!」とか信じきっていますでしょ。

 

何かしらの失敗経験や環境によって、自己肯定感が低くなっているだけですからね。

私の塾に通う受講生たちの自分史を読み続けていますけど、自己肯定感の低い人に限って、子どものころはけっこうワガママだったり傍若無人に振る舞っていたエピソードがあったりしますよ。

自己肯定感が低いという自己暗示に縛られている人が多いです。

 

自己肯定感を取り戻すには、過去の見つめ直しが必要になります。

 

とは言え自己肯定感の低いときに過去を振り返ると、イヤなことばかり思い出してしまうことが多い。

 

そこで

ポジティブな経験を意識的に思い出すことが重要です。

 

ポジティブ思考を取り戻す100の質問

ポジティブ思考を取り戻す30の質問

ポジティブな経験を意識的に思い出すには、自分自身にポジティブ傾向の強い質問を投げかけていくことです。

 

そこで自己肯定感を高める100の質問集をご用意しました。

 

お読みになるとわかりますけど思い浮かぶ過去の体験は、ポジティブなものばかりです。

 

この質問は私が個人セッションを行うときなど、参加者の自己肯定感を養うためにする質問の一部です。

 

無料で配布します。

 

自己肯定感の高まる強みを見つける専門職の私がセレクトしました。

 

下記からどうぞ。

自己肯定感を高めるときに使える100の質問集|無料申込みフォーム
《解説》自己肯定感を高めるときに使える100の質問集(Wordファイル)を無料プレゼント致します。ポジティブに生きる自分づくりに役立ちます。 下記からお申し込みください。※ご注意予告なく質問集の無料プレゼント配信は終了します。ご希望の方は今すぐお申し込みください。

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします。

 

この質問シートをもとに、

  • 5年きざみで考える
  • 仕事とプライベート分けて考える

の2点に注意して書き出してみるといいですよ。

(2点に注意するのは、直近に起こったことしか思い出せなかったり、仕事面もしくはプライベート面どちらかに偏ったりするからです)

 

ポジティブな生き方はクセになります

ポジティブな生き方はクセになります

マイナス思考の人はすぐにポジティブな生き方しようと焦らないことですよ。

 

過去のポジティブエピソードを思い起こすと、苦い過去ばかりじゃないと気付けるはず。

 

今からポジティブなことが起こったときにすぐに気付けるよう自分を訓練してみてくださいね。

 

けっこうワクワクしている自分に気づきクセになりますよ。

 

本格的に取り組みたい方は、自分をじっくり見つめる講座に参加してやらざるを得ない環境をつくるのもありですね。

 

今日の記事のまとめ

今日の記事のまとめ

ポジティブに生きるコツ

ポジティブに生きるのは「技術」です。やるべきことは環境づくりと思考のチューニング(調整)だけ。

 

ポジティブになれる環境づくり

(1)ネガティブ情報から距離を置く

(2)ネガティブな人から距離を置く

(3)自分を成長させてくれる場に行く

 

ポジティブになれる心のチューニング(調整)

自分の心をチューニングする具体的な施策は、自己肯定感を取り戻すこと。ポジティブな経験を意識的に思い出すことが重要。

質問シートをもとに、

  • 5年きざみで考える仕事
  • プライベート分けて考える

の2点に注意して書き出してみる。

 

ポジティブな生き方はクセになる

 

以上となります。

本記事をきっかけに楽しいポジティブライフをお楽しみくださいね。

人気の記事

「最近、自分らしくないな」と感じたときの最善の策【30分で解決】

コメント

タイトルとURLをコピーしました