強み

自分の強みを見える化する方法【事例&無料ツール公開】専門家が教える見つけ方&伝え方

自分の強みを見える化する方法【事例&無料ツール公開】専門家が教える見つけ方&伝え方

強みを見える化したい人
自分の強みを見える化できればいいのになぁ。
自分を客観視したいし、人に伝えていきたい。
そんなことできますか?

そのような疑問に答えます。

本記事では自分の強みを見える化する方法がわかります。

無料で自分だけの強みを見つけて、使いこなすための資料入手の方法も密かに教えます。

予めお断りなのですけど、テマヒマ惜しむ人には向かない記事です。

もしも手っ取り早くできたら、世の中の人みんな強みを活かせてハッピーなはず。

9割の人は本当の強みに気づけない、もしくは気づいても活かせず死んでいくわけで。

それ相応のテマヒマ必要なので、覚悟してお読みくださいね(厳しくてゴメンなさい)

本記事を書いている私は、これまで通算12年間、2000人の起業や転職にも活かせる強みを作り続けてきました。

自分の”強み”を活かして稼ぐ方法~私はこの仕事が好き!(大和出版)という本も出版。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

人の強みを見える化する専門家として、執念燃やして受講生に向き合ってます。
※詳しくは私の自己紹介ページをどうぞ。

音声でも少し解説【ざっくりまとめ】

「とりあえず本記事はどんな内容か聞きたい」人はこちらで聞いてくださいね。(8分くらいでサクッと語ってます)

自分の強みを見える化する方法

まず結論から。

自分史(記憶にある生まれてから現在までの経験談)をすべて書き出すことです。

その中に、必ず強みとして見える化できるものが含まれている。

順を追って解説しますね。

ちなみに下記は、私の塾の受講生が書いた自分史の画像
(※実物です。15万字以上)↓

自分史

うーん
こんなことから始めなきゃならないの?大変そう
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

はい。大変です。

でも強みの見える化に必ず役立ちます。

絶対にやる価値あります。

 見える化できない人が多い理由

ほとんどの人は、強みを見える化せず生きています。

できない理由は3つあります。

  1. 自分に向き合う時間少なすぎ
  2. ”傾向”をつかんで満足している
  3. 他人と比べてしまう

順に解説しますね。

自分に向き合う時間少なすぎ

多くの人は「自分の強みってなんだろう?」と思いはするけれど、たぶん1回に考えている時間は3分ほど。

「もっと考えていますよ」という反論にも予めお答えすると、堂々巡りしているだけ。

それでは考えていないのと同じ。

  • 本気でやっても、3ヶ月くらいかかるものです。

”傾向”をつかんで満足している

「分析力がある」「コミュニケーション力が高い」みたいな自分の”傾向”をつかんで満足している人が多い。

傾向だけでもわかれば最初は感動しますけど。

感動で終わります。

次第に「で?どうしたらいいの」とモヤモヤする。

多くの人は強みが生まれた根拠強みと証明する体験や実績まで深堀りしない。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

深堀りしないと強みを見える化できないの

他人と比べてしまう

自分より優れた人を見ると、強みとして捉えられず、見逃す場合も多いですね。

私の塾にいらしてHさんの例ですが、Hさんは2人姉妹。

姉にコンプレックスを持ち「自分には強みがない」と悩まれてましたね。

彼女もハイキャリアなのですが、キャリアだけ比較すれば姉の方が確かに上。

子どものころから「Hちゃんのお姉さん優秀よね」と比較されて育ったそうですよ。

Hさんのように、他人と比べてコンプレックスを持つことにより、強みの見える化できなくなる人多いですね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

強みを見える化するって、自分とのせめぎ合いなんです

自分の強みを見える化する方法

繰り返しになりますが、自分史を書き出すことです。

自分史とは生い立ちから現在まで、すべての経験や感情を書き出すもの。

詳しい書き方は、完璧に自分の振り返りをする方法【自分史でヌケモレない人生棚卸し】をお読みください。

次に、

  • 自分史を専門家に読んでもらう事が重要。

「ここすごいね」という点をピックアップしてもらい、他者評価による強みを認識するのです。

そして自分史にはエピソードまで書かれているはずです。

そうなると「分析力がある」「コミュニケーション力が高い」のようの根拠のぼんやりした強み理解で終わらない。

なぜなら実績やエピソードまで見える化されるからですよ。

すると腹落ち感が断然違います。

ちなみに下記は私が受講生たちの自分史を読んでいる画像です。
(この作業はめちゃくちゃ大変)

実績やエピソードが可視化されるので腹落ち感が断然違います

自分の強みを人に伝える方法【実証済】

自分の強みを人に伝える方法【実証済】

自分の強みを人に伝えるためには、コンパクトに文章にまとめる必要があります。

具体的な言語にしないと他人に伝えることができません。

そこで、

  • 自分史をもとにする「ブランド・プロフィール」を作るのです。

自分の強みを人に伝えることができます。

ブランド・プロフィールは、ただの自己紹介文とは違います。

  1. 誰に何ができるか
  2. 自分にしかない強み
  3. 1と2を証拠付ける体験談

の3つの要素を含んでいる自己紹介文です。

上記3つが揃うことで、自分の強みが見える化され、人に伝わるものとなります。

実物をお見せします。こちらが私の著書の裏表紙に書き込んだブランド・プロフィールです。

ブランド・プロフィール

誰に何を提供できるかハッキリせせてます。

その根拠となる実績も記されています。

ブランド・プロフィールは、哲学者アリストテレスの人を動かす3要素、「論理」「信頼」「共感」を活用しているものです。

詳しい書き方の解説は、下記をお読みくださいね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

私が初めて強みを見える化して起こったことを話しています。ブランド・プロフィールってすごいです(音声のみです)↓

強みを見える化する本当の目的は?

強みを見える化する本当の目的は?

私はよくブランド・プロフィールの制作依頼をいただきます。

依頼者さんは会社の経営者や個人事業、転職したい人までさまざま。

  • 皆さん必ず「目的」がありました。

これまでの例では、

  • 自分探しをするため
  • 自信をつけるため
  • 自分の活かし方知るため
  • 就職したい企業に就職するため
  • 起業のネタを手に入れるため
  • 違いをアピールするため
  • 自分のブランドを作るため
  • メディアへ売り込みをするため
  • 出版への足がかりを作るため

などですね。

強みを見える化しようと考えたということは、ソノサキの目的が必ずあるはずです。

目的をハッキリさせておかないと、見える化の途中で挫折しますよ。

目的を忘れないようにしましょうね。

ここまでざっくりまとめると

  • 強みを見える化⇒自分史を書き有識者に読んでもらう
  • 強みを伝える⇒ブランド・プロフィールをつくる

ということでしたね。

ちなみに目的達成するためには、

自己満足&他者満足の2つを満たさないと効果ないです。

いくら他人にすごいと言われても、違和感あればそれがすべて。

腹落ちさせてこそ強みを活かせるようになるものです。

腹落ちさせるには、ブランド・プロフィールをつくるプロセス(経過)が大事

混沌とした中で自分を見つめ直す時間がプロセスですよ。

この時間を経て見える化すると腹落ち感が断然違います。

再三言いますけど、「大変そう」と思うかもですね。

でも目的が叶うなら、数ヶ月かかってもやる価値あるのではないでしょうかね。

一生に一回でいいものですし。

ここまでのことを自習したいならこちらの本(宣伝っぽくってすいません)

「本気になって取り組みたい」ということであれば、手始めに下記の講座を受講し詳しい流れを聞くといいでしょう。

 

私は本当の思ってること、感じていることがわからないときがあります。自分を見つめ直すにはどうしたらいいかな?

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布】

自分をしっかり見つめ直したいという方のために、「自分の見つめ直し完全マニュアル」を作りました。

このマニュアルには、

  • 自分の棚卸しに使える
    100の質問シート
  • 自己肯定感を高める
    100の質問シート

の2つが含まれています。

自分がわからなくなっている人に向けて作ってます。

私が個人セッション(月々3万円)をする際に、クライアントさんに投げかけている質問から厳選したものです。

今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで入手できます。(10秒で出来ます)

必要であればお使いくださいね。

お名前 
メール

※予告なく配布を終了します。ご了承ください。

強みを見える化する準備

強みを見える化する前提として、強みを見つける必要ありますよね。

そのとき「誇れるような経験もスキルもないしなぁ」というマインドですと見つけられないです。

そこで、

自分に問いかける「質問力」が必要

自分に自信を持てないときは、下記に解説されている質問集を参考にしてみましょう。

強みが思いつかない時のための質問70選【転職・自己PR・起業】
本記事では以下の3点を解説しています。 ・強みが思いつかない時のための自分への問いかけ70の質問集(※無料配布中) ・自分の強みが思いつかないときに注意するポイント。 ・自分の強み見つけたのちにムダにしないコツ。 この記事を書いている私は通算12年間、延べ2000人の強みを作り続けてきました。

強みがわからない人向けおすすめ記事

「強みがわかない」「自分には何もない」と自信を失いがちな方向けの記事をセレクトしました。

強みの解釈も間違っている人多いのでシェアしますね。

強みを見える化して好きな人と仕事する

強みを見える化して好きな人と仕事する

強み見える化させるブランド・プロフィールには素敵なメリットが隠れています。

それは好きな人とだけ仕事ができるようになること。

好きな人を相手に仕事をしているとノン・ストレスですよね。

私も今は好きな人としか仕事してない。

そんな私も、会社員時代は苦手なタイプの人ばかりを相手にする仕事でした。

粗雑な男性の多い業界にいたので、ほんとうに苦痛でした。

私は偉そうな男性が死ぬほど嫌いです。

そもそも上下関係が苦手ですし、それだけで嫌悪感出ます。

実は、ブランド・プロフィールは自分の好きな人と仕事をするために必要なツール。

前に私のブランド・プロフィールをお見せしましたよね。

粗雑な男性は、私のプロフィールを見ると寄ってこないです。

ブランド・プロフィールをつくる意味は、

  • 好きな人を引きつける
  • 好きじゃない人から自分を守る

という2つに素敵なメリットもあるのです。

やったー!
え!どうしてそんなこと起こるの?もう少し詳しく教えてください

自分らしさも見える化される

ブランド・プロフィールを作るとなぜ好きな人が引きつけられ、嫌いな人が離れるのか。

原理をお話しますね。

ブランド・プロフィールには、当人の一貫した行動、すなわち「自分らしさ」が記されるからです。

人は「らしさ」によって相手を好きか嫌いかを決めます。

私の場合、

  • なぜ強みにこだわるか?
  • なぜ女性向けなのか?

以上のらしさが伝わるプロフィールとなっています。

ここをがっつり解説すると長くなるので、「らしさ」についての詳しい解説は下記に書きました。

弱みを克服か強みを伸ばすか【問い】

弱みを克服か強みを伸ばすか【問い】

結論、強みを伸ばすことを考えた方がいい。

なぜなら弱みを克服したところで「普通」程度で終わるからです。

しかも長い時間と苦労がついてまわる。

一方、強みであることは長時間やっても苦にならず、幸せ感満載です。

強み&弱みの相関関係については、

弱みを活かして強みを伸ばすハイブリッドな克服方法【仕事に活用するコツ】も合わせて読むといいでしょう。

コンプレックスは宝

コンプレックスは宝という言葉が私のポリシーです。

世の中で「仕事」と呼ばれるものは、人の欲を満たすか、悩みを解決するかのどちらかしかありません。

何らかの価値を提供することでお金をいただくことになります。

自分のコンプレックスにどう向き合い、どうに対処してきたのか。

  • その経験値は価値です。

先達者として他人に価値を与えることができるのですから。

私は強い男性にコンプレックスがあります。

絶対君主のような父親の姿がかぶるから。

そんなことから、影に隠れている自分を活かせない人を応援したいという強いモチベーションがあります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

今の仕事の原動力となっています。

強みを見える化して楽しく働こう

強みを見える化して楽しく働こう

自分の強みを見える化し、人に伝えることで、自分を必要としてくれる人だけに囲まれるようになります。

それは健やかに過ごす最高の環境

断言します。

強みを見つけるだけでは何の意味もありません。

その能力を誰かのために使ってこそ幸せな環境をつくることができる。

自分の強みを見える化し、人に伝えること。

そのプロセスを経て人生の幸福度はケタ違いに上がりますよ。

ぜひ一度経験してほしいです。

以上となります。

それでは楽しい強みの見える化ライフを!

この記事のご感想などもいただけたらうれしいです。

※ブログに書けないぶっちゃけ話はLINEでお届けしてます。

LINE友達募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました