自分には何もない・できないと悩む人にのみ備わる最強の強み

自分には何もない・できないと悩む人だけに備わる最強の強み

自分には何もないと悩む人
自分には何もない、できないと思ってしまいます。
どうしたらいいのかな?

そんな疑問に答えます。

 

  • この記事の内容です

 

この記事を書いている私も自分には何もないし、できないと思い悩んでいた時期があります。当時の自分のような人に書きました。

 

現在の私は女性の生き方やキャリアに向き合う塾を9年間続けています。

 

これまで延べ2000人の転職や起業に役立つ各個人の“強み”を見出し続けてきました。

 

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版するなど、楽しく生きています。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

 

自分には何もない・できないと悩む人にのみ備わる最強の強み

自分には何もない・できないと悩む人だけに備わる最強の強みがある

断言します。何もない人間はいません。

自分には何もない・できないと悩む人だけに備わる最強の強みがあるのです。

 

それは「何もないことそのもの」が強みなのです。

 

「え?どういうこと」と思ってしまいますよね。

 

何もないということは、これから何色にも染められる真っ白なキャンバスみたいなものです。

 

失うものもなく、伸びシロが無限大にあるということを意味します。

 

これが自分には何もない・できないと悩む人だけが持つ最高の強み。

 

のちほど私の体験談もお話しますね。何もないって感覚のときってめちゃくちゃ強いです。

 

自分には何もないと思っている人が就職や転職に弱くなる「本当の理由」

自分には何もないと思っている人が就職や転職に弱くなる「本当の理由」

自分には何もないと思っている人が就職や転職に弱くなるのはスキルや実績がないからと思い込んでいる人が多い。

 

それは違います。

 

自信がないことが相手に伝わってしまうことが致命的な欠点です。

 

就職や転職をしようにも、自信もなくうつろな目をした人をどの会社も採用しないです。

 

起業したり、フリーランスになろうとしても、自信のない人に仕事を発注しないですよ。

 

 

自分には何もないと思っている人が就職や転職に弱くなる本質は、相手を不安にさせてしまうところにあるのです。

 

私自身が前職で、採用面接をする立場だったので実感しています。

 

自分には何もないと思い込んでいる人達は、ゾンビのような感じで覇気を感じないのです。

 

辞められてしまいそうで、採用する気にもなりませんでした。

 

就職や転職に挑戦しようとするときは気をつけたほうがいいですよ。

 

自分には何もないと思う人は「視点」が間違っている

自分には何もないと思う人は「視点」が間違っている

自分には何もないと思う人は「視点」や「思い込み」を切り替えていくことが大切です。

 

ありがちなものを解説しますね。

 

(1)上だけしか見ていない

自分よりできる人にしか視点が向いていない場合が多いです。

 

最近はSNSの普及により自分より優れた人を見かける機会が多くなっています。

 

そのため自分よりもできる人や実績のある人に目が向きがち。

 

できる人と比較することで、自分には何もないと思い込んでいるのです。

 

(2)できないことを自己価値そのものと結びつけている

自分の思うようにできないことや失敗体験を、自己価値が低いと自分で決めつけてしまうふしがあります。

 

自分に自信が持てず「自分は何のために生まれてきたのだろう?」くらいまで低めてしまう人もいるので注意しましょう。

 

自信のない人に多く見受けられる思い込みです。

 

(3)目に見える実績やスキルだけが価値や強みだと思い込んでいる

学歴・職歴・資格のような目に見える実績や資格だけを価値と思い込んでいる傾向がありますので注意です。

 

でも、それだけじゃありません。

 

「無形の力」というものも強みのひとつなのです。

 

たとえば「いっしょにいると元気でるわ」「あなたには何でも話せる」というようなやつですね。

 

無形の力とは、言葉では表現しづらい能力のことを言います。

 

強みは何もないと思う人はスキルと実績の本質を知らないだけ に詳しく解説しています。

 

「自分が何者かわからない」と思ったときにやっておくべきこと

「自分が何者かわからない」と思ったときにやっておくべきこと

「自分が何者かわからない」と思ったときは、ほとんどの人が日々の生活に流されてしまい、無感情に陥っているときです。

 

喜怒哀楽が鈍くなっている。まずは自分の感情の呼び覚ましが必要。

 

具体的には、自分の人生の棚卸しをすることです。

 

過去を振り返り自分のやってきたことや、やりたかったことなどをすべてアウトプット(外部に出す)行為です。おすすめなのは自分史を書くことです。

 

これまでの現体験をふりかえり、都度何を感じたかを思い出しながら自分史を書いてみましょう。

 

子どもの頃は何をしたかったのか、その後、何を基準に生きてきたのかなど客観的に自分を見つめることができます。

 

感情の巻き戻しをすることにより、自分を思い出すきっかけを作りましょう。

 

私の塾の受講生の自分史を書いた体験談はコチラをご覧くださいね。

 

自分には何もないと思う人が胸を張って仕事に挑む方法

自分には何もないと思う人が胸を張って仕事に挑む方法

大切なことは自分の価値を深堀りすることです。

 

具体的には自分の強みがどこにあるのか見つけておくこと。

 

前述したように、自分には何もないと思う人は、スキルと実績の本質を知らないだけです。

 

自分の中にある強み(「本来の強み」と表現します)とは、あたりまえの中にある高価値なものを指します。

 

仮に自分は大したことないなと感じていても、受け手が「価値あるな。すごいな」と価値を感じたらそれがすべてです。

 

自分ではあたりまえのようにやっていることの集合体が自分の強みとなります。

 

経験ない仕事こそ稼ぎ力も自分にしかできないことも身につく件

と、

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

に詳しく解説しています。

 

私は女性の仕事や生き方をサポートする女性塾を9年続けていますが、女性を伸ばせる能力が自分にあるなんてなんて微塵も思っていなかったです。

 

しかし人の歴史をたどることが大好きだったので、受講生の自分史を読み込み、どこが優れているかを引き当てることができたのです。

 

私にとっては何か努力したとかいう感じではなかったので、自分の強みだと昔はわかりませんでしたよ。

自分ではあたりまえのようにやっていることを、見つめ直すことは不可欠ですよ。

 

自分に何もない人間なんていない

自分に何もない人間なんていない

冒頭でもお伝えしたように、私自身も自分には何もない人間だと思い込んでいた。

 

当時はその気持ちを他人に気づかれないように自分を大きく見せようとしていましたね。

 

振り返ってみると、他人の目を気にしていたし、コツコツ積み上げて努力することから逃げていたように思います。

 

しかし一度、「自分には何もないんだ」と潔く認めたら気持ちがすっと楽になりました。

 

どうせ何もないんだからなんでもやってやれ!もう失うものなんてなにもないと開き直って出版セミナーに通ったときをよく覚えています。

 

会いたいと思った人にはノーアポで会いに行ってしまったこともある。

 

出版社にもしつこくメールを送リ続けて、とりあえず会ってほしいと頼みこんだこともあります。

自分には何もないし、失うものもないやと開き直ったからこそできたことです。

 

何をしていいかわからなかったときでも、とりあえずがむしゃらになって考えられることをすべてやっていたら、それなりにかたちになっていきました。

 

本当になにもない人間なんていないですよ。

 

心の中だけでもがくだけではなく、行動に移してもがくことが大切です。

 

正解がどこにあるかわからなくてもいい。

 

可能性が1%でもありそうなことをあれこれやってみること。

 

そのさきに、何もないと思い込んでいる人の「何か」が待っていますよ。

 

以上となります。

この記事を書いている人

この記事を書いている人

“強み”を見出す専門家 浅野ヨシオ

                 

  • 本人のわからない”強み”を見える化するプロ/
  •              

  • 強みを軸にする仕事や競争しない起業をしたい人を支援/
  •              

  • 通算12年。延べ2000人の実績/
  •              

  • 著書:私はこの仕事が好き!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法/
  •              

  • 取材実績:日経新聞・日経ウーマン・プレジデント/

 

人気の記事

経験ないことにサクサク挑戦する方法【未経験者の武器を知る】

「自分の“強み”を見つけて自由に働きたい」と思い始めた女性へのサポート