キャリアUP・仕事・働き方

退職に迷うとき仕事を辞められる人と辞められない人の違い

退職に迷うとき仕事を辞められる人と辞められない人の違い

退職に迷うとき辞められる人と辞められない人の違いを知りたい人
退職しようか迷っています。
辞められる人と辞められない人の違いが知りたいな

そんな疑問に答えます。

仕事を辞められる人と辞められない人にはそれぞれ共通点があります。

共通点を知ると、これからの方向性を決める重要なヒントになりますよ。

本記事の内容を実践すると迷いなく次にすすめます。

優柔不断な人にはキツイ記事ですので閲覧注意してくださいね。

  • 本記事の内容です
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

仕事を辞められる人の共通点

仕事を辞められる人の共通点
会社を辞められる人の共通点は、辞める理由が辞めない理由を上まわる人です。

「あたりまえでしょ」と思われるかもですけど真実。

辞めるときの不安を上まわるモチベーションがなければ辞められませんから。

「人間関係がよくない、収入が少ない、労働時間が長い」など不満系モチベーションの場合もあれば、
「成長したい、スキルアップしたい、もっと多くの収入を得たい」という成長系モチベーションの場合もあります。

今のままでいるよりも、辞める道を選ぶほうがメリットを感じるからこそできることですよね。

どうしても今のままでは耐えられない事情というものがあるかどうかですね。

仕事を辞められない人の共通点

仕事を辞められない人の共通点

仕事を辞められない人の共通点は、辞めない理由が辞める理由をうわまわっている人ですね。

辞めたときのリスクの方が大きいと判断しています。

ちなみに仕事を辞めたいとよく口にする人は、けっこう辞めなかったりします。

口にすることでストレス発散できちゃったりするものですから。

ウソをついているわけではなくてですね。

辞めたいという気持ちはあるけれどリスクと天びんにかけると今のままでいようという気持ちにおさまるという感じですね。

自分の背中を押す4ステップ

自分の背中を押す4ステップ
退職しようか迷っているということは、間違いなく「退職したい」という気持ちがあるということですよね。

その気持ちをきちんと整理することです。漠然と悩んでいても決められませんから。

紙でもスマホにでもいいので出力すると、あらためて気持ちを確認することができます。

自力でコントロールできることか考える

退職したい理由を出力したら、次に自分でコントロールできることか不能のことか仕訳けしましょう。

たとえばソリの合わない上司との人間関係に悩んでいたとします。

退職したい理由はソリの合わない上司と離れたいですよね。

部署異動の制度がある会社であれば、願い出ることで対策できるかもしれません。

自分でコントロールできる余地がありますよね。

しかしながら部署異動の制度そのものもないとなると、自分でコントロールできる余地はないということになりますよね。

すると辞める決断に近づくことができるでしょう。

まとめると自分の背中を押すステップは、

  • (STEP1)退職したい気持ちを紙やスマホに出力する
  • (STEP2)(STEP1)を自分でコントロールできることか否か仕訳する
  • (STEP3)(STEP2)が自力でコントロールできることだったらやってみる
  • (STEP4)(STEP2)が自力コントロール不能のことだったら辞める覚悟は強まる

という感じですね。

やむなく辞められない人が知っておきたいこと

ご家族の事情などどうしても今の仕事を辞められない人もいると思います。

「辞められるか辞められないか」というお話をしていると、辞められない人はダメなのかと錯覚しがちです。

  • そんなことはないですよ。

納得のいく道を選ぶことが大事なだけですから。

自分を責めたりしないでくださいね。

仕事を辞める覚悟を生み出すコツ

仕事を辞める覚悟を生み出すコツ

仕事を辞める怖い気持ちを乗り越えるには、次に進んだときの期待値を上げていくことが大切です。

仕事を辞める怖い気持ちを乗り越えるコツ【40歳超でもGO】 を熟読しておきましょう。

そしてもうひとつ。

自己肯定感を高めるトレーニングをするといい。

今の仕事を辞めて次の仕事に向かうというのは並々ならぬ覚悟が必要になるもの。

自己肯定感が低ければ不安やリスクのカベを乗り越えられません。そこで「自分はやればできる」と信じるチカラ自己肯定感は不可欠になります。

自己肯定感を高めるためには、うまくいったりほめられたりした数々のポジティブな経験を思い返す必要があります。

ただ過去を振り返るだけですと、失敗したりイヤな経験ばかり思い出しがち。自信を失いかねません。

そこでポジティブな経験だけを思い出すために厳選した自己肯定感を高める100の質問集をつくりました。

私が個人セッションをするときにクライアントさんに投げかける質問の中からセレクトしたものです。

有料級のものですが、悩まれている人があまりに多いので思い切って無料でお配りしています。

下記から入手できます。今すぐスタートできますよ。

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします。

やりたい仕事がわからないときの対処法

やりたい仕事がわからないときの対処法

退職に迷ったとき、やりたい仕事をイメージすることも大切なことですよね。

ところがやりたい仕事が思い浮かばない人も多いものです。

  • そこで大切になるのは自分の価値観を知ること。

大人になると自分のやりたいことよりも、役割に徹する機会が増えてしまいますよね。

好き嫌いを含む価値観を思いだせなくなりがちです。

自分の価値観を思い出せないリスクは天職に出会うきっかけを失ってしまうことです。

ワクワクした気持ちで毎日仕事をするためには必須なものですよね。

今すぐできる自分の価値観の見つけ方ガイド|本心をつかむコツ にくわしく解説しています。

人生のトビラは自分でしか開けられない

かくいう私もやりたくない仕事を26年間続けてきた経験があります。葛藤の日々でした。

そこで前職の仕事を続けながら副業的な位置づけで講師の仕事を始めています。

完全独立の道まで結果的に10年以上かかりました。

長い期間悩みましたけれど、10年という葛藤の期間は自分には必要だったと思います。

それだけ退職というものには重みがあり、覚悟もいりますよね。

今になって思うことは「人生のトビラは自分でしか開けられない」ということです。

ただ、まじめに同じ業務のくりかえしの日々を送っていても、なにも起こらないです。

調べたり、勉強したり、話を聞きにいったり・・・。正解なのかわからないことでもあがきまくって前にすすんでみてください。

前にすすんでいくことで、新しい人生のトビラが開く可能性は1%づつ高まっていきますから。
以上になります。

いっしょにがんばりましょうね。

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました