キャリアUP・仕事・働き方

楽な仕事をしたい人より仕事で楽をしたい人の方が人生楽になる話

楽な仕事をしたい人より仕事で楽をしたい人の方が人生楽になる話

仕事で楽をしたい人
楽な仕事をするのと仕事で楽をしたいのと違いありますか?
人生を楽しみたいです。

そんな疑問に答えます。

仕事で楽をしたい気持ちは、多かれ少なかれ誰にでもあるのではないでしょうか。

ただ楽な仕事をするのと、仕事で楽をするのとでは大きな違いがあります。

将来、きつい思いをしないためにおさえておくべきところですよ。

仕事で楽をする人になる方法についても書いてます。

わかりやすく解説します。

  • 本記事の内容です
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

楽な仕事を選ぶ人が苦しくなる理由

楽な仕事を選ぶ人が苦しくなる理由
楽な仕事と言うと

  • 誰にでもできる仕事
  • 頭もしくは体を使わない仕事
  • 同じことの繰り返しの仕事

などがあげられますよね。

楽な仕事には落とし穴がありまして、低賃金になるということです。

AIや機械に仕事をとられる、もしくはより安い労働者に変えられてしまうリスクも伴います。

楽な仕事を選び続けると生活はどんどん苦しくなるというスパイラルに陥るということですね。

仕事で楽をしたい人の方が人生楽になる話

仕事で楽をしたい人の方が人生楽になる話

一方、仕事で楽をしたい人の方がほんとうに楽を勝ち取る場合が多いです。

たとえば自分の分身になるような人を教育できる人。自分が動かなくとも仕事が進みます。

また仕事に改善&改良を加えて効率化できる人です。

自分だけではなく、関わる人にもよろこばれるため自分の価値も高まります。

  • 本人にとっては楽をしたいだけであっても放っておかれない人材になります。

そのため収入も上がりほんとうに楽になります。

できる人は「ただ楽をしたいだけ」が口グセ

仕事のできる人たちは「ただ楽をしたいだけですよ」とよく口にします。

けっこう本心からだったりします。

「めんどうな仕事は好きじゃない。与えられた仕事はすぐにでも終わらせたい。」

根底にあるからこそ目の前の業務に集中し、一刻も早く終わらせているのかもしれませんね。

仕事で楽をする人になる方法

仕事で楽をする人になる方法
仕事で楽をするには、自分の強みを活かせる仕事を選ぶことです。

強みとは優位性を意味します。言いかえると自分ではあたりまえのようにこなせることですね。

外からは大変な仕事に見えるかもしれません。しかし本人にとってはノーストレス。

むしろ楽しみつつやることができるという素晴らしい世界ですね。

ひとつの例として私の知人に飛び込み営業の好きな女性がいます。

苦にならないどころか楽しいらしい。知らない人との出会いがあっておもしろいと言ってます。

まったく理解不能なのですけれど、彼女にとっては楽みたいです。まさに天職ですね。

毎日の仕事の苦痛を楽しみに変える方法【仕事で遊ぼう】も合わせて読むと理解も深まります。

楽な仕事の基準は人それぞれ

そもそも楽に感じることには個人差あります。

「自分以外の人は嫌がる(当人にとって)楽な仕事」ができるようになると最強ですよ。

そんな仕事を見つけるためには、まずは自分の偏執性を見極めることが重要。

  • 「偏執」とは偏見によって他の意見を受けつけないことという意味。好き嫌いにハッキリでますね。

たとえば接客が大好きな人もいれば大嫌いな人もいます。

自分ならではという偏執性をつかみましょう。

偏執性をつかむコツ

偏執性は自分ではあたりまえ過ぎてしまいなかなか気づくことができません。

他人からのリアクション(反応)が決め手になります。

人に驚かれたり、褒められたり、感心されたりなどですね。

ただ漠然と思い出そうとしてもなかなか思い出せないと思いますので、質問集を作りました。自分の棚卸&分析に使える70の質問集です。

ひとつひとつの質問を片手にエピソードまで思い出してください。

その中に自分の価値を象徴するようなものが含まれています。

私が出版することができたのも、過去のエピソードをくまなく思い出したからこそです。

今なら無料でお配りしていますので、下記から入手してやってみるといいですよ。

仕事で楽をしたい人の習慣

仕事で楽をしたい人の習慣

仕事で楽をしたい人は、やったことのないことにも挑み続ける習慣があります。

前にも書きましたけれど、仕事で楽をする人たちは仕事に改善&改良を加えて効率化できる人です。

効率化するためには今までのやり方を一旦止めて、新しいやり方を試してみる必要性があります。

新しいことに挑み続ける積み重ねることが、仕事で楽をする近道だったりもするということですね。

ときには逃げも必要です

もしも今の仕事にモヤモヤしている、苦しいという人たちにお伝えしたいことは、ときに逃げも必要ということです。

まじめな方に多いのですが、苦手なことを克服しようと粘る人がいます。

それは素晴らしいことでもあるのですけど、ちょっと視点を変えてみるといいですよ。

自分にとって苦手なことを得意とする人がほかにいます。その人に譲ってあげたほうが生産的です。

心や体を壊してしまわないように注意してくださいね。

私は女性塾を10年以上やっていますけれど、できる彼女たちの自分史には決まって体を壊してしまったエピソードが登場します。

ウツになりかけて仕事を休んだなんて経験談をよく見かけます。自分を見つめる時間をとって考えてみてくださいね。

以上となります。

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました