生き方

迷う・決められないを解決する3ステップ【優柔不断を直す方法】すぐに決断できない理由

迷う・決められないを解決する3ステップ【優柔不断を直す方法】すぐに決断できない理由

迷う・決められない問題を解決したい人
迷うし、決められない優柔不断な性格です。
すぐ決断できない理由は?
どうしたら直せますか?

そんな疑問に答えます。

迷いがあり決められない経験はだれにでもありますよね。

結婚、転職、起業など重要なことになればなるほど迷うのが普通ですよ。

「優柔不断な性格」と自分を責めないでくださいね。昔にくらべて選択肢も多く、決断しにくい環境になっています。

本記事では「迷う」「決められない」ときに決断するコツについて書いてます。

結論から言うと情報を整理することが重要。

わかりやすく解説しますね。

優柔不断から卒業するための記事です。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。


詳しいプロフィールはこちらです

迷う・決められない3つの理由

迷う・決められない3つの理由

迷って決められない理由は下記の3つです。

  1. 情報と選択肢があふれているから
  2. 漠然と考えるから
  3. 失いたくないから

順に解説しますね。

1、情報と選択肢があふれているから

迷って決められなくなる最大の理由は、情報と選択肢があふれかえっているからです。

私が子どものころ、クツを買うには駅前にあるクツ屋さんで買うしかありませんでした。インターネットもない時代ですし、そのお店で買うしかありません。情報も選択肢もないのです。

しかし今の時代は違いますよね。スマホひとつで海外からでも取り寄せられます。

情報と選択肢が莫大に増えていることが、迷って決められなくなる最大の理由。

選択肢は3つ以上あると極端に選びにくくなると言われています。

サーティーワン・アイスを買いに行くとたしかに悩みますものね、笑

2、漠然と考えるから

迷って決められなくなる理由の2つ目は、漠然と考えるからです。

迷って決められないときは、大抵、漠然と考えています。

頭の中は敷き詰められたおもちゃ箱状態ですよ。

どれを選んでいいのか、かき分けながら探すことになり決められなくなります。

3、失いたくないから

迷って決められなくなる理由の3つ目は、失いたくないからです。

人は満たされるより失うことに敏感なもの。

それぞれ違うメリットのあるものから選ぶとき、一方のメリットを失いたくない心理が働きます。

たとえばおいしいとウワサのお店に行ったとします。どれもおいしそうなお料理がメニューにズラッと並んでいると選べなくなりますよね。

「最もおいしいと感じるものを失いたくない」という迷って決められない気持ちが生じている状態です。

迷う・決められないを解決する3ステップ【決断するコツ】

迷う・決められないを解決する3ステップ【決断するコツ】

「迷う」「決められない」を解決するには情報整理を迅速にすることです。

  • (STEP1)メリットとデメリットを整理
  • (STEP2)真の目的を整理
  • (STEP3)(2)を軸に選択する

以上の3ステップがあります。

(STEP1)メリットとデメリットを整理

STEP1は、メリットとデメリットの整理です。

数ある選択肢からそれぞれ選択したときに得られるメリットと失うデメリットを考えます。

転職するときを例にあげると、

転職検討中の会社 メリット デメリット
A社 給料が高い 勤務時間が
長い
B社 勤務時間が
短い
給料が安い

以上のようにメリット&デメリットを書く。

わかりやすいので2つ書き出しましたけれど、より細かく書き出した方が決断し易くなりますよ。

(STEP2)真の目的を整理

STEP2は、真の目的の整理です。

『本当は何を得たいのか?』真の目的(本質)を整理しましょう。

深堀りして真の目的を見極めること。

選択するモノサシを作るためにです。

たとえば

(例)転職したい⇒(真の目的は?)家族と少しでも長く過ごしたいから

以上のような感じです。

(STEP3)ステップ2を軸に選択する

最後は、STEP2を軸に選択すること。

先ほどの転職例をもとに解説すると「家族と少しでも長く過ごしたいから」が(ステップ2)真の目的だったとするなら、

B社 メリット:勤務時間が短い デメリット:給料が安い

以上を選ぶことになる。家族と共に過ごす時間が長くとれるようになるからです。

選択肢をすべて天びんにかけて、最もメリットあるものを選択するのです。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

迷う・決められないを解決する3ステップをもう一度まとめます

  • (STEP1)メリットとデメリットを整理
  • (STEP2)真の目的を整理
  • (STEP3)(2)を軸に選択する

情報整理を手早くやる方法

情報整理を手早くやる方法

情報整理を手早く行うためには、自分一人でやらないことです。

人にヒアリングしてもらう方がスピードアップします。

迷って決められないときは悩んでいる状態であり、視野がせまくなっているからです。

他人からSTEP1~3を質問されると冷静に整理できます。

優柔不断な性格を直す方法

優柔不断な性格を直す方法

優柔不断な性格を直す方法をご紹介します。

前に書いたことといくつかかぶりますけど、まとめだと思って読み進めるといいと思います。

(1)決断が遅いリスクを考える

優柔不断な性格を直す方法の1つ目は、決断が遅いリスクを考えることです。

決断が遅いのはとにかくリスク。スタートが遅れるので失敗したときに持ち直す時間がとれなくなるからです。

(2)失敗のリスクの小さいものを選ぶ

優柔不断な性格を直す方法の2つ目は、失敗のリスクの小さいものを選ぶことです。

失敗が怖くて前に進めない人に向く方法です。成功するより「失敗しないこと」を最優先したい人には合う選択の基準です。

(3)迷ったらやってみる

優柔不断な性格を直す方法の3つ目は、迷ったらやってみることです。

前にも書きましたけれど、やりたいから迷っているはず。

もちろん失敗するのは怖いものです。ただ、怖さを受け入れるのも大切なこと。

物怖じしない最初のステップでもあります。

詳しくは下記の記事で解説しています。

物怖じしない性格の特徴や長所と短所|失敗を恐れない行動の秘密。物怖じしない人になる方法

(4)1回で完璧に仕上げようとしない

優柔不断な性格を直す方法の4つ目は、迷ったらやってみることです。

1回で完璧に仕上げようとしないことです。失敗が怖くなり前に進めません。

ダメ元でやってみる感覚で前に進むことで足りないものが見えてくるものです。

下記の記事が参考になると思います。

ダメ元の意味とやってみる価値|成功者は知っているダメ元精神を覚えないと人生を損する話

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

優柔不断を直す方法をまとめます

  1. 決断が遅いリスクを考える
  2. 失敗のリスクの小さいものを選ぶ
  3. 迷ったらやってみる
  4. 1回で完璧に仕上げようとしない

迷う・決められない時間的なリスク

迷う・決められない時間的なリスク

もうひとつ付け加えておくと、迷って決められない時間が長くなればなるほどリスク(失うもの)が多いと覚えておいたほうがいい。

大きな問題に発展する危険性も高まります。

転職に迷っていたAさんの例ですが、人間関係の悩みから転職をしたいと迷い続けていました。1年ほど過ぎたとき、とうとう鬱(うつ)と診断され体調を崩しました。疾患は半年で回復しましたけれど、その後の転職活動に大きなマイナスとなってしまいました。

迷っていることを先送りしていいことはない。

  • 早く決めるに越したことはありません。

万が一があっても取り戻す時間がとれますしね。

迷いはやりたい気持ちの証明

迷いがあるということは、やりたいという気持ちを証明するもの。

やりたい気持ちがなければ迷うことはないはず。

しかし自信がないと迷いが出るのも事実。そんなときは自己肯定感を高めれば迷う時間は短くなります。

そのためには自分自身にポジティブ傾向の強い質問を投げかけていくことです。

そこで自己肯定感を高める100の質問集をご用意しました。

お読みになるとわかりますけど思い浮かぶ過去の体験は、ポジティブなものばかりです。

この質問は私が個人セッションを行うときなど、参加者の自己肯定感を養うためにする質問の一部です。

苦しまれている方が多いので無料で配布します。

自己肯定感の高まる強みを見つける専門職の私がセレクトしました。

下記からどうぞ。

▶自己肯定感を高める100の質問集

※予告なく配布を終了します

自分で決断するメリット

自分で決断するメリット

自分で決断するメリットも覚えておいたほうがいいですよ。

自分で決めるときは怖いけれど、それ以上の納得感が得られます。

うまくいけば自信になり、うまくいかなかくても自分で選んだことなので納得できる。

決断とは「決めて断つ」と書きます。断つというと失う感満載な言葉ですけれど意味合いが違います。自分のメリットになることを得る「すき間」ができる。

たとえば嫌いな人とお付き合いしていたとしますよね。付き合いをやめる決断をすると、素敵な人に出会う時間(すき間)が生まれる。

決断とは『良い現象を起こす「すき間」作り』ですから、怖がらなくてだいじょうぶですよ。

なんとかなる気持ちを作るには

なんとかなる気持ちを作るには

決断できるようになるにも場数が必要ですよ。要は慣れです。

どんなに小さなことでもいい。自分で選ぶ回数を重ねることです。

するとうまくいったりいかなかったりという経験値が積み上がる。やがてうまくいくことを選ぶ精度が上がるようになります。『なんとかなる』精神が養われます。

気づけば「迷う」「決められない」の時間は短くるでしょう。決断する経験値を増やすことが大切ですよ。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料】

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料】

最後になりますけれど、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。

転職、起業など重要なことになればなるほど迷うのが普通です。方向性を決める突破口を見出すには、自分のことを深く知る必要があります。

但し、ある程度配布が行き届きましたら配布を終了する可能性がありますのでご了承くださいね。必要な方はお早めにどうぞ。

以下、充実の内容です。

  • 自分の棚卸しに使える
    100の質問シート
  • 自己肯定感を高めるための
    100の質問シート
  • 今の仕事合う?合わない
    チェックリスト
  • やる気ペンタゴンチャート
  • ときめきのツボワークシート

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。配布を開始したその日、300人以上から申し込みがあったものです。

ご苦労されている人も多いため、今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで今すぐ入手できます。

必要であればお使いください。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

お名前  
メール

こちらにLINE登録していただくと、ブログには書けない秘密のお話も公開してます。

私とのやりとりもできますし、本記事のご感想も歓迎します。

LINE友達募集

以上となります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました