キャリアUP・仕事・働き方

嫌な仕事を続けると取り返しのつかないもの5選【辞めどきも解説】

嫌な仕事を続けると取り返しのつかないもの5選【辞めどきも解説】

嫌な仕事を続けると失うものを知りたい人
嫌な仕事を続けると失うものを知りたいな?
辞めるベストなタイミングも知りたい。

そんな疑問に答えます。

嫌な仕事をガマンするのは激しいストレスですよね。

怖いのは、そのストレスに徐々に慣れてしまうことです。

「慣れて続けられるならよくない?」と思うかもですよね。

ヘタに続けていると、取り返しのつかないことになる可能性あります。あまり知られていない現実です。

この記事を書いている私は新卒で入社した会社を8ヶ月で辞めたこともあり、一方で好きではない仕事を26年間続けたこともあります。

そんな両極端な経験を経て、今は「この仕事が好き!」というものに出会えて本まで出版しています。

もしも仕事を辞めずに続けていたらと思うと怖くなりますね。

本記事では嫌な仕事を続けて失う、取り返しのつかないものについて書きました。

嫌な仕事だからとサッサと辞められるような人であれば、この記事を読む意味はあまりないかもしれません。

真面目でガマンしてしまう人に向けて書いています。

この記事をお読みになると、嫌な仕事を続けるほんとうのリスクがわかります。

辞めるベストなタイミングについても書いていますので最後までお読みくださいね。

現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

嫌な仕事でも続けてしまう理由

嫌な仕事でも続けてしまう理由

繰り返しますが嫌な仕事でも続けてしまう理由は、ストレスに慣れてしまうからです。

私たちには環境に適応する本能があります。

本能がはたらくことで仕事だから仕方ないとあきらめ、そこそこやっていけてしまうのです。

しかし表面的なストレスはごまかせても、徐々に絶えられなくなってしまう。

気づいたときは病院にいるなんてことも起こるので注意が必要ですよ。

嫌な仕事を続けると取り返しのつかないもの5選

嫌な仕事を続けると取り返しのつかないもの5選

嫌な仕事を続けていると失うものがあります。

  1. 自分を活かせるチャンス
  2. やりたいことに出会うチャンス
  3. 限りある時間
  4. しあわせに稼ぐ収入
  5. 自己肯定感

以上の5つです。

順に解説しますね。

1,自分を活かせるチャンス

嫌な仕事を続けていると、自分を活かせるチャンスを失います。

自分にハマる仕事が仮にあったとしても、その仕事に出会うチャンスを失うから。

自分を活かすためには、下記の3つの条件を整える必要があります。

  1. 自分の強みがわかる
  2. 強みを発揮する仕事に就く
  3. 自分を必要としてくれる人に時間を使う

この3条件がそろうと自分らしく働く状態になります。しかし嫌な仕事を続けていればその機会を失うことになります

自分から意図的に好きな仕事を探り続けない限り、自分らしく働く状態にはならないですね。

2,やりたいことに出会うチャンス

嫌な仕事を続けているとやりたいことに出会うチャンスも失います。

これまでの経験か知っていることの範囲の中でしかやりたいことと感じることができません。

そのため自分の興味のアンテナが動くことに時間を割く必要があるのです。

しかしながら嫌な仕事を続けてしまう限り、やりたいことを知る機会を逸してしまうのです。

3,限りある時間

嫌な仕事を続けていると、限りある時間を失います。

たとえば30歳のときの365日は30歳のときにしか与えられていません。どんどん歳を取ります。

結婚や出産がからめば自分の自由の効く時間も限られてくるでしょう。

嫌な仕事を続けていると貴重な時間を失い続けることになるのです。

4,しあわせに稼ぐ収入

お金の稼ぎ方には2種類あります。

ガマン料としてお金をもらう方法。「身を削る収入」と呼んでいます。

もうひとつはやりたいことをやり自分の偏執性(偏った興味や行動する資質)を活かしたことをしてお金をもらう方法。「しあわせに稼ぐ収入」と呼んでいます。

これは私の著書「私はこの仕事が好き!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」に詳しく書きましたけれど、どちらにしても収入を得ることはできます。

嫌な仕事の延長線上で得られるものは「身を削る収入」の方となります。

そしてしあわせに稼ぐ収入を失うことになります。

5,自己肯定感

嫌な仕事を続けていると、自己肯定感(自信)を失います。

長く続けているとそこそこ仕事ができるようになるのですが、自己肯定感は高まることがありません。

なぜなら嫌なことを続けているということは、自分の心にウソをつく行為につながってしまうからです。

好きなことややりたいことを封印している状態です。

やってもやっても自己肯定感が高まらないのは、自分の心のウソに対して自分を責めてしまうためです。

やりたい仕事がわからなくなる3つの理由

嫌な仕事を続けていると、やりたいこともわからなくなっていく場合が多いです。

主に3つの原因があります。

  1. 「どうせムリ」と考えてしまう
  2. 自分を見つめる時間がとれない
  3. 自分を見つめるのが怖い

以上の3つです。

順に簡単に解説すると、

1,「どうせムリ」と考えてしまう

嫌な仕事を続けていると前にも書いたように自己肯定感を失う状態が続きます。

すると新しいことにチャレンジする気力も湧かず「どうせムリ」と考えることをやめてしまうのです。

やりたい仕事が思い浮かぶときはポジティブな思考のときです。

下記を合わせて読んでおくといいでしょう。

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】 

2,自分を見つめる時間がとれない

日々の仕事に流されてしまい自分のことを考える時間がとれないときも、やりたいことは思いつかないです。

嫌な仕事をしているときは目の前のことしか頭になくなるからですね。

視野もせまくなりやりたいことどころではない精神状態。

やりたい・やりたくないという感覚すらなくなっている場合もありますね。

3,自分を見つめるのが怖い

嫌な仕事を続けていると、自分を見つめるのが怖くなる人もいます。

  • 現実を見ることになるから。

嫌な仕事を辞めるにしても、新しい仕事に就くまで超えなければならないカベが立ちはだかります。

そのカベのことを考えると怖気づいてしまう。

今のままガマンしようと現実に流されてしまい、やりたいことを封印してしまうのです。

自分を見つめ直すにはコツもあるので下記の記事も読んでおくといいでしょう。

失敗しない自分を見つめ直す時におさえるべき7ポイント 

嫌な仕事を辞めるベストなタイミング

嫌な仕事を辞めるベストなタイミング

嫌な仕事を辞めるベストなタイミングは、嫌な気持ちに素直に向き合えるようになったときです。

大抵の人は嫌な仕事をそのまま続けてしまいます。

前にも書きましたけれどストレスに慣れてしまうからです。

嫌な気持ちを封印します。

しかしガマンできなくなる人もいます。そうなると嫌なものは嫌と素直に向き合えるようになります。

嫌な仕事を辞める行動する力がみなぎるときでもありますね。

嫌な仕事を辞めるベストなタイミングと言っていいでしょう。

「会社員を辞めたい」という気持ちのある場合は、下記の記事に判断基準を掲載しています。参考まで。

会社員に向いてない女性10の特徴【辞める判断基準も公開】 

嫌な仕事をしていた時代も後悔なし

この記事を書いている私は、嫌な仕事も好きな仕事も両方を味わっています。

嫌な仕事をしていた期間は後悔の期間かといえば答えは「NO」です。

当時、耐えた経験があるからこそ、今の好きな仕事にのめり込めるのだと思えるから。

私はトレッキングにはまった時期があるのですが似ています。

けわしい山道を登っているときはつまらないし、きつい。それだけに山頂に着いたときの景色は最高です。

現在の私は最高の景色を見続けていたいという気持ちでいっぱいです。

だから今の好きな仕事に打ち込めるのだと思いますよ。

もともとはズボラですし、やらなくていいなら仕事などしない人かもしれません。

そんな私でも仕事を続けられるのは好きな仕事をすることで素晴らしい景色に出会いつづけられるからだと思います。

もしもこの記事を読んでいる人の中で、嫌な仕事を続けている人がいらしたらその経験も時間もムダにはならないとお伝えしたいですね。

迷いがあるのなら一步すすめてみてください。

素敵な景色が待っていますよ。

以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました