生き方

自分は周りより優れていると思い込む人の痛い特徴|マウントをとる人の本心

自分は周りより優れていると思い込む人の痛い特徴|マウントをとる人の本心

「自分は周りより優れている」と思い込む人の特徴を知りたい人
マウントをとる人いますよね。どんな人たちかな?
本心を知りたいな。
自分は優れていると思うことはいいことかしら?

そんな疑問に答えます。

自分は周りより優れていると思い込んでいる人いますよね。

過去の実績や努力自慢をして、自分を持ち上げようとする人。

その高圧的な態度から「マウントをとる人」と言われますよね。

彼らにどのような本心が隠れているのでしょう?

本記事で核心に触れます。

また、『自分は優れている』と考えること自体いいことなのか、悪いことなのかについても書いてます。

結論から先に言うと、決して悪いことばかりではないのです。

むしろ幸せに生きるために必要なことでもある。

後ほど詳しく解説しますね。

最後までお読みください。

3分くらいで読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。


詳しいプロフィールはこちらです

自分は周りより優れていると思い込む人の痛い特徴

自分は周りより優れていると思い込む人の痛い特徴

自分は周りより優れていると思い込む人の痛い特徴について解説します。

先ず、周りから認めて欲しいという欲求が強い特徴があります。

褒められることが大好物で、自分の存在価値を認識しようとしている傾向が見られますね。

更に、人を下げて自分を上げようとする特徴もあります。

自分の立ち位置を第一に考えており、とにかく人より優位に立とうとします。

そのために周りの落ち度ばかりを指摘し、自分の立ち位置を優位に保とうとする。

どこの会社にも1人くらいそんな上司いるのではないでしょうか?

そして最後に、自分の身の程(自分の身分や能力などの程度)を認めたくないという気持ちを持っています。

本当は、自分の実力の低さがわかっているのですよね。

努力して自分の能力を高めようとしない場合が多いですね。

  • 自分は周りより優れていると思い込む人の痛い特徴
  • 周りから認めて欲しい
  • 褒められることが大好物
  • 人を下げて自分を上げる
  • 周りの落ち度ばかりを指摘
  • 身の程を認めたくない
  • 自分の能力を高めようとしない

優れていると思うこと自体は悪くない

自分は優れていると思うこと自体は悪くない

ある研究機関の調査によると、心身ともに健康な人は「自分は周りより優れている」という思い込みを持っている人が多いそうです。

自信をつけるために大切な勘違い(?)でもあるのです。

やりたいことを見つけて実行したり、夢に向かって努力したりする上で下支えするもの。

つまり、自分は優れていると思うこと自体は悪くない。使いようですね。

自分は優れているという気持ちを持つこと自体は大切なことなのですね。

自分の優れているところを知る方法はありますか?

自分の優れているところを知る方法

自分の優れているところを知る方法

自分の優れているところを自分で知るためには下記の4つを実践することです。

  1. できることを棚卸しする
  2. 相対値で考える
  3. 定量化する
  4. 言語化する

順に解説します。

できることを棚卸しする

先ず、他人が認めるできることを棚卸しすることが大切です。

  • 人から頼まれること
  • 人からほめられること
  • 人から頼られること
  • 人から相談されること
  • 人から感心されること

などは、他人から高い評価を受けている「自分にできること」の一部です。

その中でも自分の強みとなるものは、当たり前のようにできることが多く、忘れてしまうことが多いです。

思い出そうにもすぐ思い出せない人も多いので、自分の棚卸&分析に使える70の質問集をつくりました。

細かく質問を切り分けているので、思い出しやすいのが特徴です。

今なら無料でお配りしています。下記からどうぞ。

※予告なく配布を終了します。ご了承ください。

相対値で考える

自分よりも優れた人がいると考えてしまうと、自分の優れているところを認識しづらくなります。

絶対値で考えると認識できなくなります。
自分の優れているところは、相対値でOK。
  • 相対値とは比較の対象を絞る考え方です。

料理ができる人が、コックさんに囲まれたら優れていると思えないかもしれませんが、全く料理ができないおじさんたちと比べたら優れまくっています。

このように、自分の優れているところを見つけるためには相対値の思考に切り替えることが大切です。

定量化する

自分の優れているところを認識するには、自分の経験や実績を定量化(数字化)すると可視化できます。

主に、

  • エリア
  • 期間
  • ボリューム

の3つの視点で考えるといいでしょう。

エリア

世界○位、日本○位、関東○位、○県○位、業界○位、社内○位、部署○位・・など、エリアを絞りながら考えて数字化します。

期間

10年間で○○、1年間で○○、1か月間で○○の成果を出した・・など、期間を変えながらできたことを数字化します。

ボリューム

年間売上○円、売上○倍・・など、ボリュームを変えつつ実績を数字化します。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

これまでの経験や実績を数字化すると自分の優れているところを可視化できます。

言語化する

自分の優れたところを認識するには、言語化することは不可欠です。

具体的には、誰に何をすることができるか、またその根拠になるものを記載するブランド・プロフィールをつくるといい。

ブランド・プロフィールとは、経歴だけをつらつら書く普通のプロフィールではありません。

「この人しかいない!」と読み手に価値が伝わる「ブランド・プロフィール」です

自分にしかできないことを表現する客観的な証明となります。

自分をブランド化して自分にしかできない仕事をする話|収入UPに必須に詳しく解説しています。

自分より優れた人を見たときの対処法

自分より優れた人を見たときの対処法

自分より優れた人を見たとき、劣等感や嫉妬心が出てしまう人もいるかもしれませんね。

  • 自分が嫌になる瞬間です。

そんなときは、自分より優れた人から距離をとることをおすすめします。

なんだか後味悪くなりそうな対処法と思うかもですけど、そんなことないです。

意識を自分に向け直す一つの方法ですよ。

劣等感が強みになる人と弱みになる人の特徴|劣等感は宝!克服法も解説をお読みになると気持ちも上がりますよ。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

最後になりますけれど、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。

以下、充実の内容です。

  • 自分の棚卸しに使える
    100の質問シート
  • 自己肯定感を高めるための
    100の質問シート
  • 今の仕事合う?合わない
    チェックリスト
  • やる気ペンタゴンチャート
  • ときめきのツボワークシート

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

配布を開始したその日、300人以上から申し込みがあったものです。

ご苦労されている人も多いため、今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで今すぐ入手できます。

必要であればお使いください。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

お名前  
メール

※予告なく配布を終了します。お早めにどうぞ

こちらにLINE登録していただくと、私とやりとりも可能です。

この記事の感想なども歓迎します。

LINE友達募集

以上となります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました