今の自分を変えたいという思いが自分らしさを殺す件【危険】

今の自分を変えたいという思いが自分らしさを殺す件【危険】

今の自分を変えたいと思っている人
今の自分を変える方法が知りたいな。

そんな疑問に答えます。

 

「今の自分を変えたい」というお気持ちのある方には、注意して欲しいことがあります。

 

その注意点を踏まえず、自分を変えてしまうと取り返しのつかないことに成りかねません。

 

ベストな自分の変え方についてお話します。3分くらいで読めますのできちんと読んでおいてくださいね。

 

この記事を書いている私は女性の生き方やキャリアに向き合う塾を9年間続けています。

 

これまで延べ2000人の転職や起業に役立つ各個人の“強み”を見出し続けてきました。

 

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版するなど、楽しく生きています。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

 

今の自分を変えたいという思いが自分らしさを殺す件【危険です】

今の自分を変えたいという思いが自分らしさを殺す件【危険です】

いきなりですが、注意してください。

 

今の自分を変えたいと思うあまり、その人の持つ独特の持ち味「自分らしさ」を殺してしまう可能性があります。

 

この原理・原則を知らないと、せっかく築き上げてきた自分の“強み”を壊しかねないのです。

 

自分の持ち味を壊さないように、今の自分を変える方法について順を追って解説しますね。

 

今の自分を変えたいなら今の自分を受け入れることから始めよう

今の自分を変えたいなら今の自分を受け入れることから始めよう

今の自分を変えたいなら、まず今の自分を受け入れる姿勢をもつことが大切です。

 

これこそ今の自分を変える方法と言っても過言ではありません。

 

今の自分を変えたい気持ちが先行すると、自分にまったく合わないことに努力してしまう可能性があります。

 

生真面目な性格の生徒が、今の自分を変えようと不良と付き合おうとする設定の学園ドラマって昔からありますよね。

 

そんなおカド違いなことを、本当にやらかしてしまうのです。

 

今の自分の状態は?

今の自分の状態は?

では今の自分を受け入れる姿勢をもつにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

まず現状把握するために、今の自分の状態をきちんと知ることです。

 

自分を受け入れるために自分を見つめ直す必要があります。

 

「怒りやすい」とか、「せっかち」とか俗に言う「短所」と呼ばれるものが頭に浮かび上がるかもですね。

 

今の自分を変えたいと思う要因を棚卸ししましょう。

 

今の自分を認めるための特効薬は“自分の強み”である件

今の自分を認めるための特効薬は“自分の強み”である件

次に注目するものは、自分の“強み”についてです。

 

今の自分を受け入れるにあたり無視できない存在。

 

しかし多くの人は、“強み”の意味を間違って認識しています。

 

学歴、職歴・経歴、資格のような目に見えるようなものから強みを判断しようとするでしょう。

 

これだけでは自分の強みとなるものを判断できません。

 

“自分らしさ”も強みの中に含まれるのです。

 

“自分らしさ”とは、自分にしかないオンリー・ワンの強みに値するもの。

 

今の自分を変えたいと思うがあまり、“自分らしさ”を抑え込んでしまい、強みを殺してしまう可能性があります。

 

“自分らしさ”や“強み”については、【朗報】自分らしさを活かして働くと自動的に強みが作られるの記事と、自分の強みを見える化する方法【事例も公開】に詳しく解説しています。

 

今の自分が嫌いなら知っておきたい「コイン理論」

今の自分が嫌いなら知っておきたい「コイン理論」

今の自分が嫌いなら知っておくべきこととして「コイン理論」があります。

 

コインには表と裏が共存して成り立っていますよね。

 

表しかないコインはないし、その逆もない。

 

今の自分が嫌いと思っている自分の資質にも、裏側に価値の側面があるということです。

 

ひとつ例を紹介します。

 

「真面目でつまらない」と評価されていた元TVキャスターの女性がいました。

 

しかし彼女は「信頼される」という裏側の資質に気づき、今は経営者にスピーチを教えるコンサルタントとなり有名になっています。

 

自分のとらえ方や、身の置き場を変えるだけでよく起こることです。

 

今の自分を変えたいと思っている要因をもう一度、見直してみましょうね。

 

「強みは弱みの裏返し」ではない。弱みは個性の一つである理由も読んでおくと深く理解できます。

 

今の自分に足りないものは何か?【自分の深堀りです】

 

今の自分に足りないものは何か?【自分の深堀りです】

「今の自分に足りないものは何でしょうか?」という質問をよく受けます。

 

ほぼ100%の人が自分の深堀り不足です。

 

スキルアップやキャリアアップを考える前に必ずやっておくべきこととも言えます。

 

強みと売りと違いを知っておくことや、誇れるものとなる強みを見つけておくことで、自分の持ち味を磨くポイントがわかってくるからです。

 

自分を変える突破口になるでしょう。

 

次も読んでおくといいです。

強みと売りの違いを知り自分の魅力を倍増しよう【起業,転職】

誇れるものとなる強みを知りたいときの注意点【矛盾します】

 

今の自分があるのは過去の自分のおかげです

今の自分があるのは過去の自分のおかげです

私自身の著者デビューとなったこちらの本。28年間彼女もいなくて、そんな私が婚活で培ったメールの書き方に価値があると出版社が気づき書籍化されたものです。

この本がきっかけになり私は変わることができました。変わるというよりも、自分の価値に気づけたという感じです。

 

自分にとってはコンプレックスだったことが“強み”であったことや、自分があたり前にやっていたことに価値があると気づけたときでした。

 

今の私もです。

イケメンではない私のキャラが女性に安心感を与え、話しやすい雰囲気を作っているそうだ。

 

そんな自分を受け入れていなければ、今の女性塾の運営も絶対にできなかったことだと思います。

 

今の自分を変えたいなら、今の自分を受け入れることから始めてみましょう。

 

今回の記事に書いたことを実践したいという方は、下記で無料配布している 自分だけの強みを見つけ、使いこなせるようになる10のポイント PDFレポートを読みつつ実践の足がかりをつくるといいですよ。

 

ソノサキに明るい生活がまっています!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている人

“強み”を見出す専門家 浅野ヨシオ

  • 本人のわからない”強み”を見える化するプロ/
  • 強みを軸にする仕事や競争しない起業をしたい人を支援/
  • 通算12年。延べ2000人の実績/
  • 著書:私はこの仕事が好き!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法/
  • 取材実績:日経新聞・日経ウーマン・プレジデント/

 

人気の記事

「自分の“強み”を見つけて自由に働きたい」と思い始めた女性へのサポート