10年間、複数の仕事を続けられた理由 586

魂の女性成長支援・浅野塾の浅野ヨシオです。
http://www.facebook.com/asano.yoshio

先日、浅野塾の受講生と食事を一緒にしたとき、

「浅野先生はどうやって複数の仕事をこなしているんですか?」

と言う質問をされました。

一緒に食事をした2人は会社員ですが、漠然と将来は独立したいと考えているようです。

10年以上私は複数の仕事をこなしてきたので、
もうそれが当たり前になっており、
そんなことも聞きたいことなんだなと思いましたね。

そこで今日は、私がどのようにして複数の仕事をこなしてきたかをお話ししますね。

平日に行っていた仕事を「平日仕事」。

土日祝日に行っていた仕事を「休日仕事」というように表現して解説します。

平日仕事は、先代の父親から引き継がれている家業の仕事。

26年続けていましたが私にとって決して面白い仕事ではありませんでした。

「できる仕事」ではあったけれど「やりたい仕事」ではなかったということです。

 

そこで「セミナー講師」という「やりたい仕事」を休日仕事として始めることからスタートしました。「セミナー講師」という仕事は、やりたいタイミングで開催できるし、土日祝日に開催したほうが受講生も集まりやすいという特性があるのでぴったりでした。

 

複数の仕事をこなしていくには
「本業と副業という考え方をやめる」
という感覚を持つことが最も大切な考え方の基盤だったように思いますね。

 

それが一番しっくりとくるマインドセットです。

 

この考えに至ったのは、講師としての活動を「副業」と考えては、
受講生に失礼だと思ったのがきっかけです。

そして平日仕事も休日仕事も分けることなく「ひとつの仕事」として受け止めるのです。

平日仕事が終わり、自宅に帰り食事をする。
その後、休日仕事としての講師業の準備をして寝る。
そして土日祝日は講師の仕事をするという流れができました。
(10年この流れでやってました)

この流れを1つの習慣化されたサイクルにしていたのです。

この流れをつくるために休日仕事は、
「とにかく楽しい。寝る間を惜しんででもやりたい」
と思えることを仕事にせねばと考えました。

楽しいと思えないことだと、とてもじゃありませんが平日仕事の後に準備をしたり、土日祝日に行う気にはならないだろうと考えたからです。

通常の人は、土日祝日(休日)に「消費行動」をしてしまいますよね。
旅行やディズニーランドに行くのもそうでしょうけど、お金を使ってしまうわけです。
私はそこで、消費行動ではなく楽しみながらできる「生産行動」をしようと考えました。

「お金をいただける」楽しいことをするということです。
感覚としては土日祝日に行う休日仕事は、仕事と言う感覚ではなく、どちらかと言うと楽しくてやりたいことを思い切ってやるというものなのです。

私はセミナーやコンサルティングをするような仕事はとてもやりがいがあり、楽しいです。
あまり、お金を稼いでいるというような感覚はありませんでした。
平日仕事の収入で安定していたので、
ガツガツやる必要がないのです。

「浅野さんはいつ休んでいるんですか」と聞かれますが、休日仕事に関してはあまり仕事と言う感覚がないので休んでないような気がしません。

平日仕事と休日仕事というのは、オートバイで例えるならば前輪と後輪の関係のように考えていました。

オートバイの後輪はエンジンにつながっていて車体を前に進めていく役割をしています。
これは私にとって衣食住のライフラインを支えているようなもの。
「平日仕事が後輪」に値します。

そして前輪は、進む方向を舵取りする役割をしています。
私にとっては「休日仕事が前輪」に値します。

休日仕事は私にとっての生きがいのようなものです。

生活というか人生に充実感を与えてくれて、自己肯定感を感じます。
「浅野ヨシオ」の人生のハンドルを自由にきれるものです。

そのためにも好きな人しか相手にしたくないですし、やりたいようにしかやりたくない。
ライフワークだからこそ大切にしたいことなのかもしれませんね。

兼業歴10年でしたが、このようなかたちの働い方になったのは、不器用で臆病だったからだと思います。
(器用だからではありませんよ)

何をやってもナンバーワンになるような特筆する才能もないし、
それでも自分に出来る事は何かないのかということをずっと探している人生でした。
この自分を受け入れています。

そして子供の頃からやりたくないことをたくさんやらされていた経験も今に生かされています。

父親にコンプレックスのある私は、子供の頃から言われたことをする臆病な人生を送っていました。

「やりたい・やりたくない」を言えなかった。

しかし皮肉にも、「やりたくないことを続けられる」「結果が出るまで時間がかかることに向き合える」という忍耐力が身につきました。

平日の夜や土日祝日にしかできない休日仕事は、思うように進まないことばかりでした。

なので「副業」「本業」と分けた考えをしていると、好きな休日仕事が思うように進まない、存分にできないときに、イライラしがちです。

私自身も24時間365日を好きな仕事に全力を尽くせる人をうらやましく思うことも何度もありました。

そんな感情と戦いながらも10年続けられたのは、
「結果が出るまで時間がかかることに向き合える」という習性に他なりません。

焦る気持ちと常に向き合いながら、
どんなにゆっくりでもいいから歩みを止めないこと。
特筆する才能もない私にはそれしかありませんでした。

私のようなやり方が、万人におすすめとは言えません。

でも、もしもあなたが何かの事情で自分が本当にやりたいことでは無いことを続けなければならない。
もしくは自分の自由に使える時間に制約があったとしたならば、私のような仕事の流れや考え方を真似してみるのも良いかもしれませんね。

私の場合は講師の仕事でしたが、ほかのものでも全然良いでしょう。

私もこれからの人生は自分のやりたいなと思うことを探し続けて、
「生産行動」につながるものを見つけては
どんどん挑戦していこうと考えています。

私が10年間兼業を実現してきたこの流れを聞いて、
浅野塾の受講生のひとりがこんな言葉を投げかけてきました。

「浅野先生は、Aの仕事、Bの仕事と分けるのではなく、「浅野ヨシオの仕事」という感覚で仕事をされているということですね」

まさにそれ!

「浅野ヨシオ商店」を経営しているような感覚ですね。

不器用なのも、特別な才能がないことを残念がる人生から、それは仕方ないと受け止め、できることと、やりたいことを徹底的に突き詰めてみる。

そんな人生を送っていると、
意外なことでで役に立つような瞬間が度々起こるようになります。

無駄なものって何もない。

私も好きではなかった平日仕事で身につけた技術・知識は、休日仕事の方でも役立っています。
(その逆もありました)

もがきながらも一生懸命生きていれば、どこかで繋がって自分を救ってくれますよ。

少しでも何かの参考になりましたでしょうか?

ではまた

 

 

浅野ヨシオ

 

《2大無料特典》
■ほぼ毎日配信の
『1日1分であなたが目指す女性になれる方法』 
http://www.asanoyoshio.com/maiimaga 
自分の強みを知り、仕事と私生活を支える生き方がわかる情報を無料でお届けします。メルマガ登録会員数は毎日増えてます。

===============

■無料7日間メール講座《女性向け》

『強みがわかり根拠のある自信が身につく7日間メール講座』
勢いで仕事をしていると、何を大切にし、本当はどんな人間なのか気づかないうちに歳を重ねてしまいます。自分をちゃんと知り、走り出しませんか?

《内容》

【第1回】「平均」の呪縛に気づこう!
【第2回】稼ぎ力の主軸を見つけよう!
【第3回】欲の源泉を探そう!
【第4回】今のプライベートにない環境を作ろう!
【第5回】実績のない人だけが持つ武器を使おう!
【第6回】孤独から孤高へ
【第7回】自信はパッションとミッションで確信する

●登録はコチラ
⇒ http://www.asanoyoshio.com/maiimaga

※『1日1分であなたが目指す女性になれる方法』
メルマガに登録するとメール講座が始まります。
===============