自信・自分らしさ・自分軸

ここだけは注意しよう!自分の価値を下げる行動ワースト3選|卑下する口癖にも注意です

ここだけは注意しよう!自分の価値を下げる行動ワースト3選|卑下する口癖にも注意です

自分の価値を下げる行動を知りたい人
自分の価値を下げる行動はどういうもの?
本当にやめた方がいいものだけ知りたいな

そんな疑問に答えます。

自分の価値を下げる行動は、誰でもついついやってしまうもの。

完璧な人いませんからご安心くださいね。

なにぶん、無意識にやってしまうものが多く、たちが悪いですよ。

そこで本記事では、これだけは絶対に注意しようというものだけピックアップしました。

自分の価値を下げる行動を放置すると、生きている意味もわからなくなるほど苦しむ恐れがあります。

自信も徐々に失い、仕事を楽しむこともできなくなる。かなしい・・・

ご紹介する内容が、どれも当てはまらなかったら問題ありませんよ。

最後までお読みくださいね。

3分ほどで読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。


詳しいプロフィールはこちらです

自分の価値を下げる行為・行動とは

自分の価値を下げる行為・行動とは

そもそも自分の価値を下げる行為・行動とはどのようなものでしょう。

それは、今の自分が存在する価値そのものをキズつける行為・行動のことを言います。

生きている自分そのものを否定する行為・行動と言っても過言ではないでしょう。

そんなつもりもなくやってしまうだけにタチ悪いですよ。

自分の価値を下げる行動ワースト3選

自分の価値を下げる行動ワースト3選

自分の価値を下げる行動ワースト3選をご紹介します。

これだけは最低限、直したほうがいいものだけピックアップしました。

次の3つです。

  1. 何者かになろうとする
  2. 本心にウソをつく
  3. 去るものを追う

順に解説しますね。

何者かになろうとする

自分とはまったく違う人のようになろうとする行動そのものを言います。

背の低い大人が背の高い大人になろうとしても無理な話。

そのくらい目に見えるものであれば気づけるのですが、自分の性格的なものだとわかりづらいです。

例えば人との交流が苦手な人が、社交的な人を見て自分も社交的にならねばと、ついつい思ってしまうとかね。

要するに、ないものねだりをするということですね。

  • 人と比較する致命的な欠点

何者かになろうとする人は、人と自分を比較し落ち込むパターンを繰り返します。

自分に「在る」ものには盲目であり、自分に「無い」ものに敏感なのです。

これではいつまでも自分の価値そのものに気づけません。

ついやりがちなことなので、注意したいところですね。

本心にウソをつく

自分の本心にウソをつくのも、自分の価値を下げる行為・行動のひとつです。

「やらなきゃ」「やらねば」という思いを軸に行動する人が典型的なパターン。

世間体(世間のありさま。世間多数の人々に共通のふるまい方)がベースとなっているのでしょう。

それは他人軸に支配されている状態です。

本当にやりたいこと・好きなことが二の次となり、本当の自分らしさが吹き飛んでしまいます。

それでは他の人ができることしかできなくなりますよね。

自分の価値が下がる行為と言っていいです。

「そもそも自分の本心もわからない」という人は、
自分の本心のわからない人が本音理解する方法|本音で生きる為にやっておきたい5つの行動 をお読みくださいね。

去るものを追う

自分のもとを去っていく人を追う行為も、自分の価値を下げるものの一つ。

自分のもとを去ろうとしている人は、もはや私たちの存在に価値を感じていない人です。

ちょっと悲しくなるかもしれないのでフォローしますと「価値観」が違うだけと考えればいいです。

価値観とは?
何に価値を認めるかという考え方。善悪・好悪などの価値を判断するとき、その根幹をなす物事の見方。
出典:広辞苑https://sakura-paris.org/dict/

価値観が違う人を無理に引き止めてもお互い苦しくなるだけです。

自分の価値を下げることになりますよ。

自分の価値を下げる人の口癖

自分の価値を下げる人の口癖

自分の価値を下げる人のよくある口癖は、

私なんてさぁ

どうせ私はねぇ

才能がないからね

などですかね。

卑下することがなんとなく美徳とされている社会でもあり、仕方がないことかもしれませんね。

ただ、

口癖を発している声を、自分も聞いていることを忘れない方がいい。

繰り返していると暗示がかかります。

社交的な意味で発していた言葉が、自分に刷り込まれてしまうのです。

そうなれば嫉妬心が湧いたり、自己喪失感が襲ってくる可能性が高くなります。

自分の価値を下げる言葉を繰り返すと、自分の存在価値を削り続けることになるため注意が必要ですよ。

自分の価値に気づくには?

自分の価値に気づくには?

自分の価値(存在価値)は、他者から認められたときに感じる他人視点の自己価値と、自分自身が理想とする姿に近づいたときに感じる自分視点の自己価値があります。

他人視点と自分視点が揃わないと、自分の存在価値を感じなくなってしまうのがポイントです。

続きは、
自分の存在価値を見出す5つの質問|持つべき視点と高め方【他人に必要とされる存在へ】をお読みくださいね。

「今の自分にもっと価値をつけたい!」という方にはコチラの記事がおすすめ。

もっと自分の欲に従おう

もっと自分の欲に従おう

ズバリ言います。

もっと自分の欲に素直になるといい。

「なりたい」「やりたい」「好き」という感情を大切にするということ。

「なりたい」「やりたい」「好き」を極めると卓越(他をはるかに越えて、すぐれていること)の領域に入ります。

特別な才能に恵まれていないのなら、自分にしかできないことを作る唯一の手段ではないでしょうか。

「なりたい」「やりたい」「好き」をやり抜くのはキレイごとじゃないですよ。

  • 現実の壁を乗り越えねばなりません。

宝塚歌劇団に入りたい人は、それ相応の訓練が必要じゃないですか。

好きなときにじゃんじゃん海外旅行に行きたいなら、費用を稼がねばなりませんよね。

否応なしに費用を稼ぐ力が必要になる。

何が言いたいかというと、「なりたい」「やりたい」「好き」を極めるにはそれなりの努力も必要になるということ。

そこでどうでしょう。どうせ苦労するのなら「なりたい」「やりたい」「好き」を極めた方がお得じゃないでしょうか?

極めることで「それ教えて!」「手伝って欲しい」と、価値を感じる人たちからお声がかかるようになります。

人のためにもなるということです。

まとめますと、もっと自分の欲に正直に生きた方がいいということですよ。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

最後になりますけれど、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。

以下、充実の内容です。

  • 自分の棚卸しに使える
    100の質問シート
  • 自己肯定感を高めるための
    100の質問シート
  • 今の仕事合う?合わない
    チェックリスト
  • やる気ペンタゴンチャート
  • ときめきのツボワークシート

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

配布を開始したその日、300人以上から申し込みがあったものです。

ご苦労されている人も多いため、今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで今すぐ入手できます。

必要であればお使いください。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

お名前  
メール

※予告なく配布を終了します。お早めにどうぞ

こちらにLINE登録していただくと、私とやりとりも可能です。

この記事の感想なども歓迎します。

LINE友達募集

以上となります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました