生き方

今の自分に価値をつける10の方法【90%の人が損している】

今の自分に価値をつける10の方法【90%の人が損している】

自分に価値をつける方法を知りたい人
今の自分に価値をつける方法が知りたいです。
自分の価値を高めることってできるのかな?

そんな疑問に答えます。

 

この記事の内容です

この記事を書いている私も自分の価値がまったくわかっていなかったひとり。

知らず知らずのうちに自分に備わっていたこんな技術を本にしたらベストセラーになってしまった経験があります。

 

現在は女性の生き方やキャリアに向き合う塾を9年間続けています。

 

これまで延べ2000人の転職や起業に役立つ各個人の“強み”を見出し続けてきました。

 

2020年7月「私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版するなど、楽しく生きています。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

※詳しくは私の自己紹介ページをご覧ください。

 

今の自分に価値をつける10の方法

今の自分に価値をつける10の方法

自分に価値をつけるというと「資格を取る」「スキルを身につける」などを思い浮かべる人が多いですよね。

 

その前にすべきことがあります。

 

まずは今の自分にある価値を知ることです。

 

これをやらない人がほんとうに多い。

 

きちんとやっておかないと収入は上がらないし、働き尽くすことになり自由な時間もできません。

 

大変もったいない。まずは下記を行い、自分の価値を高めておきましょう。

 

絞り込むこと

自分が役立てる人を絞り込むことです。万人ウケを狙わないということでもありますね。

 

私自身も女性のキャリアや生き方を考える塾を運営していますが、女性なら誰でもウエルカムにはしていません。

 

私が役立てるのは、

  • 自分の強みがわからずに伸び悩む人
  • 誰かに役立ち、自分も幸せを感じて働きたい人
  • 自分らしく働きたいという思いの強い人

など絞り込んで運営しています。

 

そのような人たちだけに密着指導することで価値を高めているのです。

 

意外なもの

今まで多くの人が常識だと思い込んでいることで、違うことを知っている、やっていることを深堀りすると、自分の価値は高まりますよ。

 

私自身の初出版した本は人を動かすメールの書き方について書いている本です。

フランクな書き方で相手との距離を詰める手法を書いていて、これまでのビジネスのメール常識をくつがえした手法を説いたものでした。

 

今までの人がやっていることで「いやそれは違うよ!」というものを知っていたら要チェックですよ。

 

数字

これまでのキャリアに潜む「数字」を棚卸ししましょう。

 

コツコツやっていたことが膨大な数字になっていることがあります。

 

私の塾にいらしていた管理栄養士さんの例ですが、9年間で延べ12万人の町民の食事相談している方がいましたよ。

 

小さな町にお住まいの方でしたので、調べてみて本人もびっくりしていました。

 

これまでやってきたことを数字化すると、誰にでも価値が伝わるようになります。

 

私自身もパラレルキャリア(複数の仕事を持つキャリア)歴10年の実績を持っています。

 

これは今の仕事を続けながら次のキャリアを考えたい女性にとって響く数字だったりします。

 

また、仕事だけではなく社外活動においても深堀りすると、意外な数字が眠っている可能性ありますよ。

 

網羅

自分ひとりにすべてお任せくださいというものですね。

 

たとえば

  • メイク
  • ヘアセット
  • ファッションコーディネート

のすべてが出来たとしたら「きれいになりたい人」に対しての価値は高いですよね。

 

個別では自分より優れた人がいたとしても、「すべてをそこそこできる」自分の方が選ばれたりします。

 

即効性

人がなかなかできなかったことを、簡単にできるようにしてあげられたら高い価値のあるものです。

 

有名な片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんは「ときめくかどうかの基準で残すものを決める」という片付けメソッドで世界中で有名になりましたよね。

 

人がなかなかできなかったことを、簡単にできるようにしてあげることで価値を高めています。

 

ワタシ的にはこちらの「誰でも簡単!パラパラチャーハンの作り方!」に感動しました。

 

気持ちの理解

「◯◯の人の気持ちがわかる」というものにも価値があります。

 

私の塾の卒業生である中屋香織さんは、不動産リフォームを手掛ける会社で働くバリキャリウーマンでした。

 

しかし、乳がんを患った経験から自分を見つめ直し、もっと自分らしい生き方をしたいと仕事を辞めて静岡県熱海市に移住した経験があります。

 

その経験をもとに今の生活に違和感を持つ人へ自分らしく暮らす相談を行う仕事で独立しました。

中屋香織|ライフスタイルデザイナー
今のライフスタイルや暮らし方に違和感を持つ人へ自分らしく暮らす相談を行う「ライフスタイルデザイナー」。のびのびと自分らしさを発揮したい人の、移住・住まい探しの『妄想から実現』までをまるっと伴走サポートしています。空き家活用・リノベーションの相談にも乗ります。

同じ悩みを持つ人の理解者になれることは価値ですよ。

 

結果

これまでの経験や権威性のあるものに価値があります。

 

何年やってきたかとか、どれほどの実績があるかなどですね。

 

権威性とは知識や技術が抜きんでて優れていると一般に認められていることのことを示します。

 

表彰されたとかもそうですね。

 

自分が働いている会社がある業界でトップクラスだったりすると、それも権威性のひとつですね。

 

注意喚起

モノゴトに対して注意すべきポイントを知っていることも価値になります。

 

さきほど管理栄養士さんの例を上げましたが健康を害するような食生活をしている人に注意を施すことができるということですよね。

 

自分の経験の中で、注意すべきポイントを知っているものがあればそれは価値ですよ。

 

行動の提案

うまくいく方法を知っているということです。

 

パーソナルトレーナーは美尻・美脚の作り方を知っているとも言えますね。

 

自分の興味関心のあることに3年くらいやった経験があると、大抵何かしら「うまくいく方法」をマスターしているものです。

 

自分はすでにあたり前のようにできることでも、できない人にとっては価値あるものです。

 

大義名分

 

・お金をもらわなくてもやりたくなること

・お金をもらってもやりたくないこと

 

には「大義名分」という社会貢献の要素があり価値となります。

 

なぜ自分で自分の価値がわからないのか?

なぜ自分で自分の価値がわからないのか?

自分で自分の価値がわからない理由は

理由1:あたりまえにやりこなしている。

理由2:身近にもっと優れたスキルや実績を持つ人がいる。

理由3:自信がない

という3つが主なものですね。

 

すでにマスターしたことだと、無意識にできることだったりします。

 

価値がわかりにくいですよね。ですので自信もつきにくい。

 

毎日家事をしている専業主婦の方は、おそらく食事を作ることや掃除することに価値あることだとわかっていないでしょう。

 

しかし、家事代行サービスがこの世に存在しています。

 

要は価値を感じる人に出会っていないから自分の価値がわからないのです。

 

自分の商品価値は誰が決めるのか?

自分の商品価値は誰が決めるのか?

自分の商品価値は「受け手」が決めています。

 

たとえ自分は「自信がない」「もっと優れた人がいる」と思い込んでいても、受け手には関係ありません。

 

私自身も女性支援の仕事をしていますけれど、私より女性に詳しく優れた経験も知識もある方はたくさんいますよ。

 

しかし、講座に来てくださる女性にとって「浅野には価値がある」と思ってくださっているから9年続いているのです。

 

自分の価値は自分以外の人が決めていることを認識しましょうね。

 

自分の価値を高めるためにすべきこと

自分の価値を高めるためにすべきこと

自分の価値を高めるためにすべきことを順に解説します。

 

自分の強みを知る。自分らしさの価値を知る。

ここが最重要ポイントになります。

 

自分らしさというものは、自分の強みとなるスキルや実績の基礎(土台)になりうるものです。

 

自分らしさは強いやる気や、継続性を生み出すものになります。

 

【朗報】自分らしさを活かして働くと自動的に強みが作られる

に詳しく解説しています。

 

相手のリアクションを見る

他人から自分がどう見られているか知りましょう。

 

具体的には相手のリアクション(反応)を見ることです。

 

自分の言動に対して、他人がどのような反応をするかよく見ておきましょう。

 

その中で、

 

・自分を気に入ってくれる。

・褒めてくれる。

・頼ってくれる

 

人たちがどのようなタイプか知っておくことです。

 

業界業種の違う人と交流

自分の身のまわりにいなかったタイプの人に出会うと、自分の価値に気付けるチャンスが増えます。

 

私自身も勉強会やセミナーなどに参加することで自分の価値をすることができました。

 

共に学ぶ人たちは、これまで会ったこともない業界・業種の人達でしたが、その人達にとって私のキャラクターや仕事は非常に珍しかったようです。

 

今まで身近にいた人たちとはまったく違う「すごいですね!」というリアクション(反応)があったから気づけました。

 

今の講師の仕事にも業界業種の違う人と交流しなければ出会えなかったと思います。

 

やりたいことを貫きつづける

自分がやりたいと思うことを貫き続けると、「今の自分に価値をつける10の方法」で解説したようなことが無意識に培われていきます。

 

時間を忘れてやってしまうようなことには、他者を圧倒する技術や知識が自然に育まれ、価値が高まりやすいです。

 

他人が嫌がることで自分が好きなことをする

もしも他人が嫌がりそうなことで、自分が好きなことがあれば、価値が高まる要素ムンムンです。

 

浅野塾の卒業生である会社信用クリエイター佐藤絵梨子さん。

 

彼女は法人の信用力を高めて、取引先を増やす仕事をしています。

 

彼女は男性経営者の自慢話のような長く続く話を聞くのは大好きだそうです。

 

他人が嫌がることで自分が好きなことを探してみると思わぬ自分の価値に出会えますよ。

 

自分の価値を見える化する方法

自分の価値を見える化する方法

自分の価値を見える化させるには、ブランド・プロフィールをつくることです。

 

経歴をつらつら書くだけのプロフィールではありません。

 

 自分にしかない強みを盛り込んだブランド・プロフィールです。

 

自分の個性を強みにして伝えるにはプロフィールを作り込むことが大事。

 

下記に詳しく解説しています。

個性を強みとして伝えるプロフィール書き方【事例あり】
そんな疑問に答えます。本記事では、自分の個性を強みとして表現する方法について解説します。結論、プロフィールを作り込むことです。プロフィールを作り込むと、有利な転職はもちろん、起業につながるテーマが見つかったり、フリ...

自分の価値をつけていくと人生が豊かになる件

自分の価値をつけていくと人生が豊かになる件

自分に価値をつけていくと、人生が豊かになるんですよね。

 

大金持ちになるとかそういうことだけじゃないです。

 

今の私は午前中にちょこっと仕事をして、午後は人に会ったり映画を見たり好きなことをして過ごしています。

 

「人の3倍頑張らないと追いつけないぞ」と言われて育った私は、40代手前までは自分の価値がわからず、とにかく長時間働くことはあたり前だと思い込んでいました。

 

そのような意識づけで働いていると成果もちょぼちょぼなんですよね。

 

適正なところに力を集中することが重要で、短時間でも高い価値を生み出せる。

 

その原理を知ったことが大きかったです。

 

具体的には、自分の“強み”に関わることに時間を集中させることです。

 

もちろん簡単なことじゃないですけど、狙って努力しないと実現しないですね。

 

その先に見える景色はとても素晴らしい世界でして、毎日がとにかく楽しくなります。

 

私にとっては小学生の頃以来の楽しさですね(笑)

 

私の体験談や具体的な流れも、こちらの講座でお話してます。

 

以上となります。

 

人気の記事

自分の強みを見える化する方法【事例&無料ツール公開】専門家が教える見つけ方&伝え方
本記事では自分の強みを見える化する方法がわかります。無料で自分だけの強みを見つけて、使いこなすための資料入手の方法も密かにお教えします。本記事を書いている私は、これまで通算12年間、2000人の起業や転職にも活かせる強みを作り続けてきました。
強みが思いつかない時のための質問70選【転職・自己PR・起業】
本記事では以下の3点を解説しています。 ・強みが思いつかない時のための自分への問いかけ70の質問集(※無料配布中) ・自分の強みが思いつかないときに注意するポイント。 ・自分の強み見つけたのちにムダにしないコツ。 この記事を書いている私は通算12年間、延べ2000人の強みを作り続けてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました