生き方

社会のレールから外れたときに得るものと失うもの|幸せな人生を取り戻す時に必要な考え方

社会のレールから外れたときに得るものと失うもの。幸せな人生を取り戻す時に必要な考え方

社会のレールから外れた人
社会のレールから外れたときに得るものと失うものを知りたいな。
幸せな人生を取り戻すにはどうしたらいい?

そんな疑問に答えます。

社会のレールから外れるのは怖いですよね。

体験している人はよくわかると思いますけど喪失感ハンパないです。

私は新卒で入社した会社を8ヶ月で辞めた経験があります。

そのときは、自分以外の世の中すべての人たちがすべて逆方向に歩いている感覚に陥りましたね。

もちろん錯覚なのですが、そのくらいお先真っ暗な状態になるのです。

本記事では、社会のレールから外れたときに得るものと失うものについて解説します。

社会のレールを外れた感のある人でも前向きになれる記事ですよ。

ちょっと変わり者で、集団行動の苦手な人にもお読みいただきたい内容ですね。

3分少々で読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。


詳しいプロフィールはこちらです

社会のレールの意味

社会のレールの意味

社会のレールとは、世俗(世間のならわし。世間普通のこと)に沿った生き方をすることを意味します。

例えば、私が社会人になった頃、

大学を出て、企業に就職し、28〜32歳くらいまでに結婚して子供を生んで育てる。定年まで勤務する

みたいな世俗的な生き方(社会のレール)がありましたね。

社会のレールから外れたときに失うもの

社会のレールから外れたときに失うもの

社会のレールから外れたときに失うものは次のようなものです。

  • 世俗に生きる人との繋がりを失う
  • 人生の方向性を見失う
  • 親の期待を失う

順に解説しますね。

世俗に生きる人との繋がりを失う

社会のレールから外れたときに、まず始めに失うのは世俗的に生きる人との繋がりです。

変わり者に見られますし、話の接点が少なくなるからでしょうね。

お互いの価値観やライフスタイルにもズレが生じます。

会社を辞めた人をイメージするとわかりやすいでしょう。

毎日会社に通勤している人とそうでない人とは時間の流れから変わる感じです。

次第に隔たりが大きくなり、離れます。

人生の方向性を見失う

社会のレールから外れると、今後どうしていいかわからなくなります。

これまではなんとなく決まっていたルールやしきたりのようなものに沿っていれば良かったのに、それが全て無くなる感じです。

相談する相手もいない場合が多い上、マニュアル的なものが無くなるため、何をどうやって生きたらいいかわからなくなります。

親の期待を失う

親の期待を失うのもよくあるパターン。

私の塾に通っていた女性の例ですが、会社を辞めようとしたら、母親が倒れてしまった人がいます。

有名企業に勤務していた彼女は自慢の娘だったのでしょう。

母親にとっての喪失感は大きかったみたい。

もちろん親によって違いはあるでしょうけれど、期待を失うパターンは多いようです。

うーん
うーん
うわぁなんだか社会のレールを外れるって怖いなぁ。得られるものはない?

社会のレールから外れたときに得るもの

社会のレールから外れたときに得るもの

社会のレールから外れることで得られるものもありますのでご安心くださいね。

次のとおりです。

  • 自由
  • 自分らしさ
  • 新しい出会い

少し解説します。

社会のレールから外れることで得られるものの筆頭は自由です。

世間の常識的なものの圏外となるので。

レール外のもの全て選び放題です。

やりたくないなぁと思うことはしなくてもいいし、本気で打ち込みたいことに集中してもいい世界ですね。

すると自分らしさを取り戻せます。

自分が何をしたいのか、何が好きなのか、自分の興味関心ごとに沿った生き方ができる感じですね。

そして、新しい出会いが待っています。

自分にしっくりくるライフスタイルや価値観の人たちとの出会いです。

幸せな人生を取り戻す時に必要な考え方

幸せな人生を取り戻す時に必要な考え方

社会のレールの変化と多様性

ざっくばらんなお話をすると、社会のレールから外れても怖がることはあまりないです。

そもそもの社会のレールは時代の変化によって変わりますし、インターネットの普及で生き方を選べる時代になりましたからね。

例えば私が社会に出た当時は「定年まで勤務する」というレールがありましたが、ご存知のように定年という言葉すら死語になりそうです。

また、

インターネットによって自分自身を発信することが容易になったので、自分の発信活動で仕事を生むこともできるようになりました。

例えばユーチューバーなんて仕事も登場しましたよね。

時代の変化は、社会のレールに変化をもたらし、そもそも何がレールかもわからないくらい生き方の選択肢が増えましたよね。

社会のレールはコロコロ変化し、多様化しています。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

昔ながらの社会のレールに縛られないで大丈夫ですよ

自分軸のレールを作ろう

もしも社会のレールから外れたならば、自分軸のレールを作ることです。

自分軸とは、自分の行動や考え方の中心になり支えるものです。

ちなみに社会のレールに沿った生き方とは、他人の行動や考え方がベースになっている他人軸の生き方ですね。

早い話が、他人軸の生き方から外れたのだから、自分軸で生きるしかないよねというお話です。

自分の価値観を見極める

自分軸を元に自分のレールを作るためには自分の価値観に沿った生き方をすることになります。

価値観は、自分の価値の判断基準です。

「好き嫌い」も代表的な価値観です。

例えば身体を動かすことが大好きな人もいれば、それよりも読書をしている方が幸せな人もいます。

  • 価値観には個人差がある。

価値観を掘り下げると、自分を幸せにする方向性が見えてきます。

自分の価値観を掘り下げて、確固となる自分軸を手にいれるといいですよ。

詳しくは、
自分軸の作り方|他人に振り回されず自分の価値観に従う生き方【本当の自分を取り戻そう】を参考にどうぞ。

社会のレールから外れたときの働き方

社会のレールから外れたときの働き方

社会のレールから外れた感じがするならば幸せをつかむチャンスです。

大事なことなので繰り返し言いますが、自分軸を元にする生き方をすればいい。

言い換えると自分らしく生きる道を作ることになります。

自分らしく生きるというと「楽ができる」「楽しいことしかない」イメージがあるのですが、まったくそんなことはない。

それ相応の覚悟は必要になります。

詳しくは、
自分らしく生きる覚悟の決め方【100人100通りのらしさあり】をお読みくださいね。

自分らしく働くためには、下記を参考にするといいです。

社会のレールから外れた体験談

社会のレールから外れた体験談

かくいう私も2回レールから外れてます。

冒頭にも書いたように新卒で入社した会社のときがその一つ。

もう一つは、26年間勤務していた家業の仕事を退職したことです。

父が創業した会社に勤務していたので、それなりの待遇も保証され外から見れば羨ましがられてしまうようなレールがありました。

しかしそのレールの上を走っているときは、日々焦燥感に駆られ、幸せとは思えないものでした。

今、独立して働いていますが、雲泥の差があります。

自分軸を元に生きることで得られる自由は、私にとって大切な価値観でした。

レールを外れることは怖いことです。

でも、

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

一歩歩みを進めることで、違う景色が見えてきますよ

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

最後になりますけれど、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。

社会のレールから外れたならご利用くださいね。

以下、充実の内容です。

  • 自分の棚卸しに使える
    100の質問シート
  • 自己肯定感を高めるための
    100の質問シート
  • 今の仕事合う?合わない
    チェックリスト
  • やる気ペンタゴンチャート
  • ときめきのツボワークシート

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

配布を開始したその日、300人以上から申し込みがあったものです。

ご苦労されている人も多いため、今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで今すぐ入手できます。

必要であればお使いください。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

お名前  
メール

※予告なく配布を終了します。お早めにどうぞ

こちらにLINE登録していただくと、私とやりとりも可能です。

この記事の感想なども歓迎します。

LINE友達募集

以上となります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました