キャリアUP・仕事・働き方

女性の管理職に向いてる人は?なると得する知られざるメリット【なりたくない女性が8割】

女性の管理職に向いてる人は?なると得する知られざるメリット【なりたくない女性が8割!?】

管理職に向いてる女性はどんな人か知りたい人
どんな人が向いてるのかな?
やりたくないなぁ~
どんなメリットあるの?

そんな疑問に答えます。

管理職に向いてる人はどのような女性なのでしょう?

女性の管理職と言えば、日本の政府も後押ししていますよね。

ところがパーソル総合研究所の調査によると、

現場で働く女性の8割近くが「なりたくない」と思っている。

そのうち半数以上は「自分に向いてないと思うから」という理由だそうですよ。

「責任重そう」「長時間働く」「難しそう」みたいな管理職のイメージがそう思わせてしまうのかしらね。

ただ、挑戦する価値はけっこうあります。意外なメリットがありますからね。

本記事は、女性の管理職の実態を知りたい方に向けたものです。

  • 本記事の主な内容です
  • 管理職に向いてる女性はどんな人?
  • 管理職になりたくない女性は8割【悲報】
  • 女性が管理職になりたがらない理由
  • 女性の管理職知られざるメリット
  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

管理職に向いている女性はどんな人?

管理職に向いている女性はどんな人?

女性管理職に向いているのは、結論から言うと調整力のある人。

調整力とは、会社や上司の意向を、部下にうまく伝えて動かす力のことです。

部下をグイグイ引っ張るイメージあるかもですけれど、そんな男性的な感じの人ばかりではありませんよ。

私の塾には管理職をしている女性も多数参加しています。

その中には童顔で見た目「え?この人管理職?」なんて人もいますしね。

その他、管理職に向いている人の特徴を上げると

  • 感情的にならず冷静な対応ができる
  • 論理的に話ができる
  • 人の立場を考えて行動できる
  • 女性ならではの視点で提案できる
  • お金や出世に興味ない女性部下をやる気にさせる
  • 部下の悩み相談に親身になれる

みたいな感じでしょうかね。

女性管理職を目指せ!と言われ困ったら強みを意識し乗り切ろう の記事に「会社から管理職女性に求められること」書いてます。

ぴったり合えば向いてるということですね。

なりたくない女性は8割【悲報】

管理職になりたくない女性は8割【悲報】

「管理職になりたくない女性は8割」と聞いて驚かれます?

パーソナル総合研究所調べのデータです。

少し古いデータかもですけど、女性管理職が増えていない事情を考えるとさほど変わってないでしょう。

管理職になりたくない女性は8割【悲報】出典:パーソル総合研究所「女性の管理職意向調査(2015)」https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/column/201504212233.html

管理職は、相当ハードル高いイメージがあるのでしょうね。

仕事の実情が理解できれば、そんなにビビらなくても大丈夫かと。

女性管理職になりたがらない理由

ちなみに女性が管理職になりたがらない理由を深堀りすると、下記の調査結果あり。

女性管理職になりたがらない理由出典:パーソル総合研究所「女性の管理職意向調査(2015)」https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/column/201504212233.html

1位「自分には向いてないと思うから」が60%近く占めてますね。もうやる前からおじけづいちゃっている感じ。

管理職の挑戦に迷う女性から相談を受けると、みな「自信ない」と言います。

それに長時間労働、それから体力面の不安もよく聞きますね。

管理職と言えば「ストレスフル!長時間労働!」というイメージ持ってますね。

女性の管理職知られざるメリット

女性の管理職知られざるメリット

さて暗い話題はこれくらいにして、そろそろ明るい話題を。

女性が管理職になるメリットはけっこうあります。

実際、現場の声を聞くと、
「出勤時間の融通が効くようになった」
「部下に仕事を任せられ助かる」
などのメリットをよく聞きます。

それに女性活躍推進法なんて法律もあるから、企業側も女性の管理職を欲しがる。

つまり雇用者側が求めているのに、なりたい人が少ないというギャップが起こっているということ。

うまくハマれば成長産業へ転職できたりもするおいしい役どころでもあるのですよ。

管理職になることで得られるメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 転職のチャンスが増える
  • 時間の融通が効く
  • 昇給の可能性が上がる
  • レベルの高い仕事ができる
  • 成長を実感できる
  • 力のある人との出会いが増える

もちろん必ずしも上記のようにならないのはわかってますよ。

給料が管理職になってもあまり変わらないとかね。

しかし例外は、管理職に限ったことじゃない。

会社によってさまざま条件が変わるのは、どのような役職であろうと同じ。

今回お伝えしている情報をどう受け取るかはご本人次第ですよ。

管理職になりたい理由

下記をご覧ください。管理職になりたい女性の理由の調査結果です。

管理職になりたい理由出典:パーソル総合研究所「女性の管理職意向調査(2015)」https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/column/201504212233.html

全体的に言えるのは仕事に対する意識高い系の人ですよね。

ただ最初から意識が高い人が管理職になっているかと言えばそうでもない。

管理職になった「後」に意識が高まっていく人も多数います。

女性の適応力は優れていますよ。ほんと・・。

管理職になると器が大きくなる話

管理職になると器が大きくなる話

「立場が人をつくる」という言葉がありますよね。

管理職になった女性を見ていると実感する言葉です。

自分の仕事をしていればいい立場から、部下の面倒を見る立場に変わるわけですものね。

転職以上の変化と言ってもいい。

変化に対応した人にしか見えない景色があり、人としての器が大きくなるように思います。

仕事に自分の成長を重ねる人は、思い切って挑戦するのはありではないかと。

誰にでもなれる世界じゃありませんからね。

お話をいただいたら思い切って「やります!」って答えてみると、ワンランク上の自分に出会えることでしょう。

思い切って挑戦する価値ありかと

「どんな仕事をしたいですか?」と問われたら「管理職です」と答えるのもイメージいいかもですね!

自分の見つめ直し完全マニュアル(無料配布中)

それでは最後のトピックニュース。

管理職に挑戦するか迷っている人や、将来のことが不安な人のために自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。ここでしか入手できないものです。

自分にできることを追求するにも、一人で見つけることはなかなか手強いです。そこで、数々の質問を自分に浴びせ、答えを導く構成になっています。

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで入手できます。(10秒で出来ます)

必要であればどうぞお使いくださいね。

お名前 ?
メールアドレス

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました