起業・副業

起業する前に知っておきたい注意点【よく抜け落ちること7選】成功と失敗の境界線になる話

起業する前に知っておきたい注意点【よく抜け落ちること7選】成功と失敗の境界線になる話

起業するときの注意点を知りたい人
抜け落ちやすい視点とかありますか?
アイデア(ネタ)を出すときの注意点も知りたいな。

そんな疑問に答えます。

起業を考え始める人が増えましたよね。

もっとも注意すべきことは、起業すること自体よりも、利益を上げ続けることがむずかしいというところ。

利益を上げるために必要なことを優先しなければなりません。

それだけに、やりたくないなぁと思うことをやらねばならないこと多いですよ。

本記事では、起業しようと考える人に抜け落ちがちな注意点について解説しています。

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点についても説明しています。

「起業したものの、収入に結びつかないなぁ。一生懸命やってるのになぜ?」とならないために書きました。

  • この記事の信頼性が不安な方へ

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

起業する前に知っておきたい注意点【よく抜け落ちること7選】

起業する前に知っておきたい注意点【よく抜け落ちること7選】

起業する前に知っておきたい注意点について解説します。

読み進めると「あたりまえでしょ」と思うことも含まれていると思います。そこが盲点。

起業はなんでも自由に決められるものだけに、落とし穴がありますのでご注意くださいね。

  • 起業する前に知っておきたい注意点【よく抜け落ちること7選】
  1. 自己満足に注意
  2. 稼げるまでに時間がかかる
  3. 当面の生活費が必要
  4. 失敗がついてまわる
  5. どうやってお客さまを集めるか?に注意
  6. どうやって売るか?に注意
  7. 考えても始まらないことばかり

順に解説しますね。

自己満足に注意

起業する前に知っておきたい注意点の1つめは、自己満足に注意することです。

お金を出してくれるのはお客さまです。

つまりお客さまが欲しいと思うものを揃えることが第一であり、守らなければお金をいただけません。

ですので、自己満足に注意してくださいね。

自分がいいと思うものと、お客さまが求めているものがピッタリ合えば問題ないですけれどね。

そうはいかない場合も多いです。

テスト販売お客さまへのヒアリングを重ねて探っていく必要があります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

「自分の目を信じ、自分の目を疑う」の両立が必要になりますね。

稼げるまでに時間がかかる

起業する前に知っておきたい注意点の2つめは、稼げるまでに時間がかかるということです。

起業した直後からがっつりお金を稼げる天才的な人はマレです。

ほとんどの人が試行錯誤の奮闘記となるでしょう。

ともすると、最初から期待しすぎてしまえば「挫折」の二文字が追いかけてくることになる。ご注意ください。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

長い目で事業を考える忍耐力が必要になりますね

当面の生活費が必要

起業する前に知っておきたい注意点の3つめは、当面の生活費が必要だよということです。

前に書いたように最初からお金を稼げる人はほとんどいません。

当面の生活費が必要になるので注意です。

  • 月々いくらくらいの生活費が必要か計算し1、2年は過ごせるかどうか試算しておいたほうがいいですよ。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

起業時には家賃の安価なところに引っ越したり、実家に戻って始める人もいますよ

失敗がついてまわる

起業する前に知っておきたい注意点の4つめは、失敗がついてまわるということです。

やることなすことうまくいかないなんてことはしょっちゅうあります。

起業したときは誰でも初心者ですものね。

あたりまえなことなのにけっこう忘れがちなことなので注意です。

ホームページひとつ作るにも、最初からお客さまがバンバン集まるサイトはまず作れないと考えたほうがいい。

改良改善を加え続けていく気持ちがないとままなりません。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

何をするにも、最初はうまくいかないだろうくらいがちょうどいい感じです

どうやってお客さまを集めるか?

起業する前に知っておきたい注意点の5つめは、どうやってお客さまを集めるかをきちんと考えてねということです。

  • 商品やサービスのことばかりに気をとられて、「どうやってお客さまを集めるか?(集客)」の視点がごっそり抜けてしまう人が多いので注意。

しかも、集客できるようになるまで想像以上の時間がかかると考えがほうがいいです。

商品やサービスを作ったり考えたりすることはけっこう楽しかったりするのですけれど、集客は楽しくないことばかり。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ついつい後回しになりがちなので注意してくださいね

どうやって売るか?に注意

起業する前に知っておきたい注意点の6つめは、どうやって売るかも考えようねということです。

集客と同時に忘れがちなのは「どうやって売るか?(セールス)」のこと。

並べておけば売れるという商品やサービスはまずないと思ったほうが懸命です。

お客さまに価値を伝える手段を考えて実行するって、これまたおもしろくないことばかり。

ぶっちゃけな話、やりたくないなぁという人がほとんどだと思います。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

集客と同じように、セールスも後回しになりがちなので注意ですね

考えても始まらない

起業する前に知っておきたい注意点の7つめは、起業はいくら考えても始まらないことばかりですよということです。

起業のもっともむずかしい点は「正解」がどこにもないこと。

たとえば「○○の商品なら確実に売れる」なんて正解はいくら検索してもわからないですよ。

扱う商材や市場の状況のほか、あらゆる要素が重なり、初めて売れるようになるからです。

なので行動ありきで、その結果売れたのか答え合わせをする必要があります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

学校の勉強のような感覚で挑むと、進まなくなるのでご注意くださいね。

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点についても解説します。

大事なことなので繰り返しますけれど、起業したときは誰でも初心者。

  • いくつものアイデアを出し、実際にやってみて正解(売れるということ)を探すことが原則です。

その原則をわきまえた上でお読みくださいね。

  • 起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点
  1. これまでなかった!にこだわらない
  2. いきなり100点のアイデアは出ない
  3. 強みを活かせるものを選ぶ
  4. 続けられそうなものを選ぶ
  5. 好き・得意・求められること

順に解説しますね。

これまでにない!にこだわらない

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点として「これまでにない!」という初モノに縛られないようにしましょうね。

あるに越したほうがいいのは間違いないですけれど、大抵ムリです。

縛られて前に進まない場合が多い。

これまで関わりの無かった業界や、海外の商品やサービスに目を向けてみるのもいいことですよ。

いいアイデアをどんどん取り入れて、複数組み合わせていくとほかとの差別化になります。

100点満点のアイデアは出ない

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点として、いきなり100点満点のアイデアを出そうとしないようにしましょう。

頭を固めてしまうことになります。

いくつものアイデアの中から一番うまくいきそうなものを選ぶような感覚でないと頭まわらないですよ。

強みを活かせるものを探す

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点として、自分の強みを活かせるものを探すようしましょう。

起業するとほかとの競争を意識せざるを得なくなります。

ともすると優位に立てるものは自分の強みをもとにしたものになりますよね。

強みについては下記の記事にくわしく書いておきましたので参考にどうぞ。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】 

続けられそうなものを探す

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点として、続けられそうなものを考えたほうがいいです。

ビジネスを続けていくことはマラソンを走るようなものでして、ネバれるかどうかがキモになります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

失敗しても苦しくても、それでもやっていけそうなことに絞って考えたほうがいいですよ

好き・得意・求められるで探す

起業するアイデア(ネタ)を出すときの注意点として、好きなこと・得意なこと・求められること(人の役に立つもの)の3つの揃ったもので探してみた方がいいです。

  • 自己満足とお客さま満足のバランスが丁度いいから。
好きなことや得意なことであれば続けることもできるし、自分の強みでもあることでしょう。しかしながら、お客さまに求められなかったら買ってもらえないですものね。

下記の図でいえば中心部のところです。

好き・得意・求められることで探す

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

起業するアイデア(ネタ)を出すコツについては下記に記事に詳しく書いています

起業したいけれどネタがない人向け|失敗しないアイデア探し入門【6つのアプローチ】 

起業するために一番必要なもの

起業するために一番必要なもの

起業するために一番必要なものは、精神論的で恐縮ですけれど、やり抜く気持ちではないかと。

「お金も時間もスキルも知識も全部ある」

そんな恵まれた状態で起業できる人なんてほとんどいないからこそなのですけどね。

お金をいただくということは、プロになるということです。

しかし最初からプロの人なんていないわけで。

この矛盾に折り合いをつけながら進まなきゃならないのが起業です。

周りから「ムリだよ」とかあれこれ言われるかもしれないし、お客さまに厳しい言葉を投げかけられてしまうかもしれません。

それでもやり抜く気持ちを保てるかどうかが一番大切なのではないかと私は思いますよ。

以上となります。

(※この記事を書いている人の自己紹介

この記事を書いている人の講座

キャリアの棚卸しから自分にしかない強みの見つけ方までわかりやすく解説。
※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました