キャリアUP・仕事・働き方

得意なことの見つけ方と仕事にする方法【この仕事が好き!著者が解説】

得意なことの見つけ方と仕事にする方法【この仕事が好き!著者が解説】

得意なことがわからない人
得意なことがないと思っています。
自分の得意なことの見つけ方が知りたいな。
仕事にもしたいです。
自分の見つめ直しを助けてくれる質問シートないかな?

そんな疑問と希望に答えます。

 

本記事では自分の得意なことの見つけ方がわかります。(※ワークもあります)

 

得意なことを仕事にするまでを網羅している記事。

 

これからの仕事を考えるときにも使えますよ。

 

自分を見つめ直すときに使える質問シートもお配りしています。

 

最後までお読みくださいね。

 

この記事を書いている私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

 

10年前から女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。

 

人それぞれ自分にしかない”強み”を見つけ、これからのキャリアを考える人たちを指導してきました。(地道に13年)。

 

大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

 

得意なことの見つけ方と仕事にする方法

得意なことの見つけ方と仕事にする方法

得意なことを見つけ、仕事にシフトさせるためには心がまえが大切。

 

いきなりノウハウだけお伝えしてもやり抜けないです。

 

「得意なことがない」という思い込み外しをしないと、いたずらに時間が過ぎるだけですからね。

 

得意なことを見つけるための3つの心がまえからお読みください。

 


得意なことを見つけるための3つの心がまえ

 

(心がまえ1)自分の中の「あたりまえ」を疑うこと

得意なことは無自覚であることが多いです。

 

のちほどお話しますけれど自然にできてしまうことが多いから。

 

たとえば育児をしている人が毎日、子どものためにお弁当をつくっていたとします。多くの主婦は「あたりまえ」と思っているかもですよね。

ところがひと昔前に話題になった「キャラ弁」は、どこかの主婦さんがあたりまえのように作っていたお弁当に価値があったのだと思います。

 

自分ではあたりまえと思っていることを常に疑う心がまえでいましょうね。

 

(心がまえ2)うまくいったことを振り返ること

自分を見つめ直すとき、「得意なことはない」という思い込みが邪魔をしがちです。失敗したときや嫌なことばかり思い出してしまうのです。

 

これはカラーバス効果と呼ばれるもので、意識が向いたものに目が行ってしまう心理作用です。

 

無理矢理にでも、うまくいったことに注目して自分を見つめ直しましょう。

 

(心がまえ3)ポジティブ目線で振り返ること

過去に起こったできごとを常にポジティブ目線で見つめ直してみましょう。

 

私はバイクの免許を取ったとき、某教習所の教習時間ワースト記録を更新してしまいました。

ヘタ過ぎて免許取れなかったもので・・・。

しかしこの経験は、同じように苦しむ人の気持ち理解や、乗る技術の教え方のツボをおさえるにはいい経験だったなととらえています。

 

ポジティブ目線の振り返りです。

 

もしもネガティブな目線でしたら「バイクの運転ダメダメだったな」で完結してしまいます。

 

得意なことを見つけるときは、常にポジティブ目線を心がけて挑みましょうね。

 

「得意なこと」の2つのカテゴリ

「得意なこと」の2つのカテゴリ

得意なことは2つのカテゴリに別れます。

 

(1)先天的(生まれつき)にできること

(2)後天的(生まれた後)にできること

 

の2つあります。

 

(2)の後天的は練習や修練を積んだ経験があったりするので比較的わかりやすいです。

 

営業歴10年あったとしたら「まぁソコソコは・・・」みたいにイメージできますものね。

 

ところが(1)先天的の方がわかりにくい。

 

「人の気持をくみ取るのがうまい」みたいなものですと、ほぼ無自覚です。資格や経歴のように目に見えないので注意が必要なところです。

 

得意なものを見つける5つの視点【ワークあり】

得意なものを見つける5つの視点【ワークあり】

いよいよ具体的に得意なものを見つける作業です。

 

この作業をするとき「自分より優れたひといるし・・・」などと考えないように注意。

 

思考停止状態になるのがオチですよ。

 

下記の5つの視点を持って自分を見つめ直しましょう。

 

(視点1)「時間」に関するもの

(視点2)「量」に関するもの

(視点3)「質」に関するもの

(視点4)他人の欲と悩みに関するもの

(視点5)お金に関するもの

 

視点1~5それぞれに注目し、過去の経験を見つめ直していきます。

 

視点が絞り込まれているので、得意なことを見つけ出しやすくなりますよ。

 

順に解説しますね。

 

(視点1)「時間」に関するもの

これまでの過去の経験を「時間」を中心に見つめ直します。

 

下記の質問に沿って自分に得意なものはないか書き出してみましょう。

《ワーク》

  • 短時間でできることは?
  • 何時間でもできることは?
  • 長期間やめなかったことは?

 


(視点2)「量」に関するもの

これまでの過去の経験を「量」を中心に見つめ直します。

 

下記の質問に沿って自分に得意なものはないか書き出してみましょう。

《ワーク》

  • 多くこなしてきたことは?
  • (短時間で)大量にできることは?
  • 多く経験してきたことは?
  • 多く見てきた「もの」&「こと」は?
  • 習慣化されていることは?

 


(視点3)「質」に関するもの

これまでの過去の経験を「質」を中心に見つめ直します。

 

自分の偏執性(かたよった考えや行動)にまつわるものも含みます。

 

下記の質問に沿って自分に得意なものはないか書き出してみましょう。

《ワーク》

  • 強いこだわりのあることは?
  • 好きでたまらないことは?
  • 話し始めると止まらないことは?
  • キレイにできることは?
  • うまくできることは?
  • 叱られてもやめなかったことは?

 


(視点4)「他人の欲と悩み」に関するもの

これまでの過去の経験を「他者の欲と悩み」を中心に見つめ直します。

 

下記の質問に沿って自分に得意なものはないか書き出してみましょう。

 

ワークをするときに「3人以上に」という但し書きがあるところがあります。

 

3人とした理由はお世辞(大人の付き合い?)で言われたことを除外するためです。

《ワーク》

  • 人の不満を解決できることは?
  • 人の不安を解消できることは?
  • 人の欲を満たせることは?
  • 3人以上に褒められたことは?
  • 3人以上に頼られたことは?
  • 3人以上に喜ばれたことは?
  • 3人以上に驚かれたことは?

 


(視点5)「お金」に関するもの

これまでの過去の経験を「お金」を中心に見つめ直します。

 

下記の質問に沿って自分に得意なものはないか書き出してみましょう。

《ワーク》

  • お金をかけ続けてきた「こと」&「もの」は?
  • お金をかけずにできるようになったことは?
  • 「お金払うからやって!」と言われたことは?
  • お金をもらわなくてもやりたくなることは?

 

得意なことを仕事にするコツ

得意なことを仕事にするコツは自分が得意なものを放置せず、「苦手もしくはできない人」へ提供することです。

 

特に人の嫌がることで、自分は楽しめるようなものがあると最高です。

 

以前、私の講座にいらした女性Kさんは、重度の認知症の方の介護が大好きな方でした。

親兄弟の判別もできず、時には暴れてしまったり、徘徊したり・・・という症状のあるお年寄りのケアです。

Kさんは「かわいくて仕方がない」とにっこりと語っていました。

Kさんのような方は、高齢化社会にはかけがえのない人材ですね。

 

 

社会のニーズに答えることが「仕事」です

社会のニーズに答えることが「仕事」です

自分の得意なことで社会の問題解決をすることは、他人から求められているものです。

 

自分ではあたりまえのようにできることでもお仕事になります。

 

とにかく難しく考えないこと。

 

「家事ができる人は、仕事で忙しくて家事ができない人を手伝う」くらいの発想で考えることが大切ですよ。

 

昔の自分がやってもらいたかったことや、こんなサービスがあったら使っていたのになというものを考えてみることです。

 

極論していえば「やってあげるからお金ください」と言うだけで仕事になります(ほんとうに)。

 

自分の偏執性が仕事になる時代

自分の偏執性が仕事になる時代

今はすごい時代です。自分の偏執性(かたよった考えや行動)がお仕事になる時代ですから。

 

たとえばアリにハマってしまった方アリを売るビジネスしています。

 

自分の偏執性(要は変わったところ)を発信していると、同じことに共感する人が集まる時代ですよ。

 

つまり変わっている人ほど価値が生まれる時代ですね。

 

偏執性は得意なことを生み出す

偏執性はその人らしさの現れです。

 

自分らしく働くとは自分の偏執性を活かせる仕事にするということですね。

 

身近な例でいえば、人を喜ばせることが好きな人が接客業のお仕事をするのもそのひとつですね。

 

得意なものが万が一、見つからなくてもだいじょうぶ

 

自分の偏執性を活かすことをしていると、次第に「得意なこと」が培かわれてきます。

 

後天的に得意なことを生み出すこともできますよ。

 

自分の過去に価値がある

自分の過去に価値がある

よくありがちなのは2~3年前の過去の見つめ直しによって得意なことを探してしまうことです。

 

先天的に得意なことは子どものころに発揮しているかもしれませんよ。

 

記憶にある限りさかのぼって考えなければいけません。

 

「もっと深く自分を見つめるガイドが欲しい」という人は、自分の棚卸&分析に使える70の質問集 を無料でお配りしています。

 

下記からどうぞ。

自分の棚卸&分析に使える70の質問集|無料申し込み

※予告なく配布を終了します。

 

得意なことは自分より優れた人がいてもいい

得意なことは自分より優れた人がいてもいい

得意なことを認識する上で一番やっかいなのは、自分よりも優れた人の存在です。

 

多くの人は自分より優れた人がいると「得意なこと」と認識しなくなります。

 

これが最悪中の最悪です。

 

たとえ自分よりも優れた人がいても、今の自分レベルで役立てる(ニーズに答えられる)人は必ずいます。

 

アスリートの世界を見るとわかりやすい。始めたばかりの子どもを教える人もいれば、プロを教える人もいます。

 

どんなものにもポジションと呼ばれる「立ち位置」があります。

 

自分のポジションを常に意識し、今の自分に役立てる人のために時間を使いましょう。

 

これは得意なことを仕事にするための絶対条件ですよ。

 

以上となります。

 

それでは得意なことを活かしまくりライフをお過ごしくださいね!

 

人気の記事

失敗しないキャリアを見つめ直す時におさえるべき10ポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました