生き方

自分の持ち味を活かす7つの習慣|持ち味は強み!仕事で発揮する方法も解説

自分の持ち味を活かす7つの習慣|持ち味は強み!仕事で発揮する方法も解説

自分の持ち味がわからない人
どうすれば自分の持ち味ってわかるの?
持ち味を活かす方法とかあるかな?
活かせる仕事をする方法なんかも知りたいな。

そんな疑問に答えます。

本記事は、自分の持ち味がわからない人にうってつけの記事です。

自分の持ち味を見つけ方から、仕事に活かす方法まで解説しています。

”持ち味”は、すごい実績が必要とかそういうものじゃない。

自然ににじみ出る自分の強みの一つだと思ってOK。

只、持ち味の使い方を誤ると”痛い人”になるので注意が必要です。

持ち味を活かせる仕事をすると、自分らしく働くことができます。最高の毎日が待ってますよ。

  • この記事の主な内容です
  • 持ち味の意味するもの
  • 自分の持ち味を知る方法
  • 持ち味を活かすための7つの習慣
  • 持ち味を仕事に活かす方法
  • この記事の信頼性が不安な方へ

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

持ち味の意味

持ち味の意味

自分の持ち味を見つけて使いこなすためには、意味をキチンと理解しておくことが大切。

「持ち味」の解釈を間違えるとうまく機能しないですよ。

持ち味の意味は、広辞苑によると「人柄や小説・技芸・美術品などの持つ独特の味わいや良さ」とあります。

さらに「持ち味を活かす」の類語を調べてみると、以下のような言葉がならびます。

  • 個性を出す
  • 実力を発揮する
  • 持ち前の力を発揮する
    引用:Weblio類語辞書より

これらをまるっとまとめてみると、

持ち味とは生まれながらに勝手にそなわった取り柄みたいなものであり、
持ち味を活かすとは自分にそなわる取り柄を使い切ることと解釈できます。

持ち味と強みの違い

持ち味と強みの違いについても簡単に説明します。ほぼ同じ意味と思って差し支えないです。

ただ一点違いがあります。下記の表をご覧ください。

これを知っておかないと「自分に持ち味なんてない!」とか言い出すことになりかねないので。

持ち味と強みの違い

持ち味 強み
他人との比較なし 他人との比較あり
  • 持ち味は、他人と比較する必要はないのです。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

例えばいつも明るい人は、他人と明るさを比較する必要などなく、明るさは持ち味となります。

自分の持ち味を知る方法

自分の持ち味を知る方法

自分の持ち味を知るためには、じっくり自分を見つめ直す必要があります。

普段、何気なくやっていることや、逆にこだわっていることに持ち味は出やすい。

例えば、「困っている人がいたら放っておけない」というのは、その人の持ち味を示すもの。

持ち味とは、自分があたりまえにやってしまう一貫した動きを指します。

この動きを「らしさ」と表現されることが多いですね。

らしさとは各個人が持っている偏執性(偏った気質)です。

たとえば、

  • ついこだわってやってしまうこと
  • 長時間やっても苦にならないこと
  • みな嫌がるけれど自分は快感なこと
  • 長く続いていること

などのようなものですね。

いずれも意識せずやっていたことだと思うので、じっくり自分を見つめ直してみましょう。

また、自分の行動に対し、他人がどう反応しているかを観察するのも自分の持ち味を知る方法のひとつ。
  • 感謝される
  • 「あなたらしい」と言われる
  • 驚かれる
  • 頼られる
  • 人が動き出す

以上のような反応をされた瞬間は見逃してはいけません。

自分の持ち味が活かされているときかもしれないです。

そこで、持ち味を深堀りしたい方のために、自分の見つめ直し完全マニュアルを作りました。

私が個人セッション(月々3万円)をするときに使っているノウハウから厳選した有料級のもの。

今なら無料でお配りしているのでリスクはないです。

必要であれば下記からお申し込みくださいね。今すぐ始められます。

お名前  
メールアドレス

※予告なく配布を終了します。

自分の持ち味を活かすための7つの習慣

自分の持ち味を活かすための7つの習慣

自分の持ち味を活かすためには、ちょっとしたマインドセット(考え方のセッティングのこと)が必要となります。習慣の見直しが大切。

自分の持ち味を活かす7つの習慣をご紹介します。次のとおり。

  • 短所と闘わない習慣
  • 好評価を受け入れる習慣
  • 「持ち味活かし」に集中する習慣
  • 好評価を得られる人と付き合う習慣
  • 好評価を得られない人と離れる習慣
  • 持ち味を活かせる人と組む習慣
  • 他人の持ち味を尊敬する習慣

順にわかりやすく解説しますね。

自分の短所と闘わない習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣1つ目は、自分の短所と闘わない習慣です。

具体的には、自分の短所(弱み)を受け入れること。

自分の短所克服に意識を向けていると、心が張り詰めた風船のような状態となります。

そのような状態では、持ち味を活かす心のすき間が無くなります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

短所の受け入れを意識し心のすき間を空ける習慣を身につけましょう。

好評価を受け入れる習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣2つ目は、好評価を受け入れる習慣です。

具体的には、人に褒められたことを拒絶しない習慣です。

褒められたことに自分の持ち味を知る大切なヒントがある。

褒められたことは、自分の行動に対する相手の良い反応です。

とは言え、「お世辞かも?」と拒否したくなるお気持ちもわかります。

そのようなときは「3割お世辞。7割はホンモノ」と考えるといいでしょう。

10回褒められて10回ともお世辞ということは考えられないでしょうから。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

褒められたことは、自分の持ち味につながる。
注目ですよ。

「持ち味活かし」に集中する習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣つ3目は「持ち味活かし」に集中する習慣です。

持ち味を活かすことに使う時間は精神的に安定します。

また、いい結果も出るし人に喜ばれる場面も多くなり、いいこと尽くしですよ。

  • 次第に自信も湧いてくるため、持ち味活かしが加速します。

自分の持ち味を活かすことに意識を集中させる習慣づけを行いましょう。

好評価を得る人と付き合う習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣4つ目は、好評価を得る人と付き合う習慣です。

具体的には、自分の持ち味に惹かれる人とお付き合いすること。

ちなみに持ち味には相性があり、持ち味と感じる人と感じない人に分かれます。

例えば人情に厚い持ち味を持つ人が好きという人もいれば、「うざい」と思ってしまう人もいるということです。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

自分の持ち味に惹かれる人とのみ、お付き合いする習慣をつけましょう。

好評価得られない人と離れる習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣5つ目は、好評価を得られない人と離れる習慣です。

(4)の逆になります。

自分の持ち味を受け手がどう思うかはコントロールできません。

単純な好みによるものだからです。

恋愛みたいなものですよ。情に厚い人が好きな人に嫌いになれとは言えないのと同じ。

自分の持ち味にいい反応を示さない人と距離を置いた方がお互い幸せです。(同じ職場の人や、上司だったりすると最悪ですけど)

好評価を得られない人と離れる習慣を意識しましょう。

持ち味を活かせる人と組む習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣6つ目は、持ち味を活かせる人と組む習慣です。

具体的には、自分の持ち味を高めてくれる人とパートナーシップを結ぶ習慣のこと。

自分にない持ち味の人と組むことで、自分にできることの幅も広がります。

ひとつ例を上げましょう。

大胆なことができる持ち味の人が、計画的で緻密なことのできる持ち味の人と組むシーンを想像してください。

お互いの持ち味が相乗効果となり、持ち味がより際立つことになるでしょう。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

自分の持ち味を最大限に引き上げる習慣とも言えますね。

他人の持ち味を尊敬する習慣

自分の持ち味を活かす7つの習慣7つ目は、他人の持ち味を尊敬する習慣です。

私たちは持ちつ持たれつで生きています。

仮に自分では理解し難い持ち味の人に出会ったとしても、その持ち味がいいと思う人がこの世には必ずいるものです。

多様性と受け止め、他人の持ち味を常に尊敬することは大切ですよ。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

他人の持ち味を否定しちゃダメ

自分の持ち味を仕事に活かす方法

自分の持ち味を仕事に活かす方法

自分の持ち味を仕事に活かす方法について解説します。

自分のポジション(立ち位置)を確立することです。

野球では、同じ選手でもピッチャーがいてキャッチャーがいて野手もいる。

私たちの仕事もまったく同じです。

仕事には必ず目的があります。

与えられた目的を遂行するために、自分にできることを提供するのが仕事ですよね。

複数の社員がいれば得意・不得意は必ずあります。そこで自分はどこの穴埋めができるかを考えるのです。

持ち味を評価してくれるところに出向き、自分のポジション(立ち位置)を確立する。

これを間違えると悲しいことが起こります。

例えばファッションについて好評価を受けている人が、建築業界に行っても持ち味は活かせないでしょう。

持ち味を活かせない人は、そんな例と同じことをしていますよ。

仕事レベルのお話になってくると、持ち味を超えた自分の強みを理解しておくことが重要になります。

強みについては、下記の記事をご覧くださいね。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

持ち味に気づかせてくれる人は?

持ち味に気づかせてくれる人は?【身近にいません】

持ち味に気づかせてくれる人は、身近には大抵いないです。

同じ職場では、自分と同じような持ち味の人たちに囲まれてしまうからね。

そのような環境では、自分の持ち味はわかりにくいです。

そこで、

  • 気の乗らない誘いにものってみる。
  • やったことのないことをやってみる
  • 興味がわかなくても行ってみる

などを行うと、これまで出会ったことのない人と縁がつながる可能性が高い。

そのとき出会う人たちの中に、自分の持ち味に好評価を与えてくれる人がいたりします。

  • 持ち味に気づかせてくれる人たちですよ。

これからは、外の世界に出ていくことを心がけていきましょう。

持ち味を活かすと楽に生きられる

自分の持ち味を活かせるようになると、生きることが楽になります。

私も体験しているので間違いないですね。

私は子どもがそのまま大人になったような人です。ちょいコンプレックスでもありました。

しかしビジネスセミナーに参加したことで、これまで身近にいない人たちと交流することとなり、まったく自分の持ち味の解釈が変わりました。

まるで子どものようなところがある私に対し、おもしろがる人がいたり「すごい!」と言ってくれる人がいたことに驚きましたね。

それが今や、私の講師としての持ち味のひとつとなりました。

もしも、自分の持ち味を活かせていないと感じていたなら、せまい生簀(いけす)の中でグルグル回っている魚と同じかもしれません。

  • そんなときはせまい生簀から飛び出し、自分の持ち味を発揮できる場所に飛び込んじゃいましょう。

自分のことをイワシだと思っていたのに、本当はキレイな熱帯魚なのかもしれませんよ。

ちょっとした勇気は必要ですけれど、持ち味を活かせれば生きることが楽になりますからね。

以上となります。
(※この記事を書いている人の自己紹介

この記事を書いている人の講座

キャリアの棚卸しから自分にしかない強みの見つけ方までわかりやすく解説。
※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました