キャリアUP・仕事・働き方

天職がわからない人は必見!必ずやっておきたい7つのこと【経験者に学ぶ見つけ方の極意】

天職がわからない人は必見!必ずやっておきたい7つのこと【経験者に学ぶ見つけ方の極意】

天職がわからない人
天職と呼べる仕事の見つけ方がわからないです。何をすればいいのかしら?

そんな疑問に答えます。

いきなりですが、この記事を書いている私も40代になるまで、天職と言いがたい仕事をしていました。サザエさんを見るとブルーになる日曜日を過ごす日々でしたよ。

そんな私でも現在は、天職と呼べる仕事をしています。振り返ってみるともっと早く知っておけばよかったと思うことがあります。

そこで本記事では、天職がわからない人や何がしたいかわからない人に見つけ方の極意を解説したいと思います。

ざっくばらんなお話ですが、天職とはけっこう後づけ的なものでして、仕事をしていたら徐々にハマったみたいな感じなのですよね。

そんな体験談を交えてわかりやすく解説します。

天職を見つけたい人必見の自己分析ツールも文末に紹介しています。

最後までお読みくださいね。5分少々でさくっと読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。


詳しいプロフィールはこちらです

音声でも少し解説【ざっくりまとめ】

「とりあえず本記事はどんな内容か聞きたい」人はこちらで聞いてくださいね。(6分くらいでサクッと語ってます)

天職とは後づけです【超重要】

天職とは後づけです【超重要】

天職の意味を広辞苑で調べると「天から命ぜられた職業」と記されています。

そう言われても、どうしていいかわかりませんよね。占い師に聞くの?という感じですよね。

繰り返し言いますが、天職とはけっこう後づけ的なもの。仕事をしているうちにハマったみたいな感じです。

仕事にやりがいを感じながら充実した日々を送っていると、「これが天職なのだなぁ…」とじんわりくる感覚なのですよ。

職業探しの段階から「天職を探すわ!」とか息巻いていると、おそらく辿り着く日は来ないのではないかと。

転職するときなど特に注意が必要です。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

仕事を探す前にやっておくべきことがありますよ。
次に解説しますね。

天職を見つけるためにやっておきたいこと

天職を見つけるためにやっておきたい7つのこと

天職がわからないなら、先ずはこれからやろうねというものを7つ解説しますね。

天職と呼べる仕事に辿り着くには、それなりの試行錯誤が必要。天から命ぜられたと言うと聞こえがいいですけど、現実的な話たまたまでしかないので。

「たまたま」にいかに出会うかがキモになります。大切なコツを一つ一つ解説しますので、じっくりお読みくださいね。

1.天職を決める前に生き方を考える

天職を見つけるためにやっておきたいことの1つ目は、天職を決める前に生き方を考えること。

天職というと職業のくくりのように思えますけど、そうじゃない。

  • 「生き方」のお話です。

宝塚歌劇団の団員として働く人と、駅前の八百屋を営むおじちゃんは生き方が違います。

生き方は100人いれば100通りあり、決められるのは自分だけです。

夢を追う人になるのも良し、とにかく安全・安心を求めて生きるも良しです。

天職と呼べる仕事へ自分を導くには、自分の生き方を考えることが重要ですよ。

2.知っている職業を増やす

天職を見つけるためにやっておきたいことの2つ目は、知っている職業を増やすことです。

やりたいことは、知っていること、もしくは体験していることの中からしか選べません。

つまりやりたいと思える仕事も、経験しているかもしくは知っている職業からしか選べない

最近、ある統計調査で小学生がなりたい職業ランキング1位がユーチューバーだったそうですよ。

10年前にはありえなかったことです。なぜならユーチューバーという職業を、10年前の子どもは知らなかったから。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

大切なので繰り返し言います

やりたい仕事は知っている、もしくは体験している職業からしか選べない。

そこで自分の知っている仕事を徹底的に書き出しましょう。転職サイトに掲載されているようなものばかりではないはずです。

例えば、私の家の近所に琴の修理・販売をしている店がありますけど、その職人さんたちの職業名はわかりません。でも職業として存在しているのは確か。

世の中には、職業名のわからない仕事がゴロゴロあります。どんどん調べて知っている仕事(職業)の情報を増やしましょう。

3.体験している仕事を書き出す

天職を見つけるためにやっておきたいことの3つ目は、体験している仕事を書き出すことです。

再三の繰り返しになりますが、やりたいことは知っていることや体験していることからしか選べません。

次に自分が既に経験している仕事を書き出しましょう。アルバイトの経験でもいいし、お金をもらったことのない仕事でも構わない。

この世に仕事として存在しうるものであれば、書き出してみる。

子どもの頃に、お母さんのマニュキュアをいたずらで使ったときの感動体験を思い出し、ネイリストになった女性もいますからね。

忘れている体験はありませんか?

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

じっくり振り返ってみましょう

4.ときめきのツボを知る

天職を見つけるためにやっておきたいことの4つ目は、ときめきのツボを知ることです。

これまでの仕事、趣味、社外活動の中から「ここが好き!」と思える核心部分を、ときめきのツボと言います。

たとえば山登りが好きな人がいるとしましょう。それぞれの山登りが好きな理由は…

A子さんは、登りきったときの達成感が好き

B子さんは、みんなで登って楽しみを共有できることが好き

C子さんは、きれいな景色を見ることが好き

以上、好きの核心に違いがあるでしょう。

そんな感じでして、自分の好きなことの中に、ときめきのツボがあるはず。

A子、B子、C子さんは、ときめきのツボが同じことを選べば、山登りでなくとも楽しめることがあるでしょう。

仮にあなたが営業の仕事をしているとして、営業のときめきのツボが「人に会うのが好き」であるとすると、接客の仕事とかでも良いのかもしれません。

ときめきのツボを備えた仕事はほかにないかしら?

天職を見つけるためにやっておきたいことの5つ目は、やりたい&なりたいから考えることです。

前にも書いたように、天職を考えるときは生き方を考えねばなりません。方向性として、やりたいことや、なりたい姿をイメージすることも大切。

そんな視点で職業を見ると、やりたい仕事の目星がつきます。

5.やりたい&なりたいから考える

以上の「やりたい」「なりたい」は、カーナビに例えるとゴール地点を表すもの。仕事の方向を決める上で大切です。

下記の記事は関連した内容ですので、深く考えたい人におすすめします。

天職を見つけるためにやっておきたいことの5つ目は、やりたい&なりたいから考えることです。

下記の記事は関連した内容ですので、深く考えたい人におすすめします。

将来の方向性の決め方【やりたい軸となりたい軸の2択です】

6.自分の強み・弱みを知る

天職を見つけるためにやっておきたいことの7つ目は、自分の強み・弱みを知ることです。

しかし飛び込み営業が得意。飛び込み先が会議をやっている最中であろうとも、気にせず飛び込めるそうです。

場の空気を読めない彼女だからできることなのかもしれませんよね。普通は怒られる場面でしょうけれど、ときに良い商談になることがあるそう。

空気の読めない弱点をカバーし、逆に強みとしている仕事と言えるでしょうね。ちなみに彼女は、現在の仕事を「天職」と断言してます。

強みについては下記に詳しく書いてます。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

7.ときめき&強みの仕事に絞る

天職を見つけるためにやっておきたいことの7つ目は、ときめき&強みの仕事に絞ることです。

  1. ときめきのツボを押さえる
  2. 自分の強みを活かせる

以上の2つを同時に満たせる仕事を考えると、より天職と呼べる仕事に辿り着く可能性が高い。

この記事を書いている私の現在の仕事は、ときめきのツボと自分の強みが掛け合わされている仕事です。

人に喜んでもらうことも好きですし、同時に人と適度な距離を保ちたいタイプ。それが私のときめきのツボであり、講師の仕事はしっくりくるのですよ。

また、他人の自分史を聞くのが好きで、いくらでも聞いていたくなりますしね。

会社の役員であった経験もあるので、経営者目線でその人の評価を見ることもできる。これもまた現在の仕事に活かせる強みでもあります。

  1. ときめきのツボを押さえる
  2. 自分の強みを活かせる

以上の2つは天職と呼べる仕事に辿り着くための重要な要因と言えますよ。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ここまでをまとめますね。

  • 天職を見つけるためにやっておきたい7つのこと
  1. 天職を決めるために生き方を決める
  2. 自分の知っている職業を書き出す
  3. 自分の経験している職業を書き出す
  4. ときめきのツボを知る
  5. やりたい&なりたいから考える
  6. 自分の強み・弱みを知る
  7. ときめき&強みを活かす仕事に絞る

順に解説しますね。

天職を見つけるために役立つ70の質問

天職を見つけるために役立つ70の質問

天職と呼べる仕事を見つけるには、「自分に何ができるか」を棚卸しする作業も重要。

しかし、自分が当たり前のようにできることだと「できる」と気づけないことも多い。

どのように対処すればいいかと言うと、さまざまな視点から考えられる質問のシャワーを自分に浴びせ、忘れていた過去の経験を思い出すのがうまいやり方。

そんなときに使える自分の棚卸&分析に使える70の質問集を作りました。70の質問に答えると、自分にできることがあぶり出されます。

この質問集を使った人たちから適職&天職に出会えたというご感想を多数頂いてます。

正直、どうしようか迷いましたが、悩まれている人が多いためしばらく無料で配布します。

但し、いつまで無料配布を続けるかわかりませんので早めに入手しておくことをおすすめします。下記からどうぞ。

自分の棚卸&分析に使える70の質問集

やってはいけない仕事の選び方【悲惨です】

やってはいけない仕事の選び方【悲惨です】

やってはいけない仕事の選び方も解説しますね。

1.人気ランキングで選ぶ

やりたい仕事の人気ランキングで選ぶのはおすすめしません。他人の選んだ道をもとに、自分の将来を決めるなんて怖すぎます。

前に書いたように、ときめきのツボも強みも生き方も個人差があるのですから。自分自身で選びましょう。

2.人に選んでもらう

ちょっと前の内容にかぶりますが、人に選んでもらうのも危険です。やりたい仕事がわからないときは、つい外の意見にすがりたくなるもの。

しかし他人の意見はあくまで参考にする程度にしておきましょう。

自分で決めない限り、覚悟も決まらず壁にぶつかろうものなら「この仕事でよかったのか?」と頭に浮かぶことになりかねないので。

特に親の意見は注意です。親の意向が含まれてしまい、あなたに最適とは言えない職業を推薦される危険性があります。

参考にするのは大いに結構なことですけれど、自分の仕事は自分で決めましょうね。

天職に出会うまでの26年【体験談】

天職に出会うまでの26年【体験談】

冒頭でお伝えしたように、私も悩み抜いた末に今の仕事に出会っています。好きとは言えない仕事を26年やっていた経歴があります。

自分を押し殺し、毎日仕事に励んでいました。真面目に仕事に取り組んではいたものの、力が入りきらない日々でしたね。

「 もっと自分はできるはず」というモヤモヤが年齢を重ねるたびに強くなりました。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

「やらねば!」「やらなきゃ!」の気持ちでは限界があります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

「やりたい!」「おもしろい!」の気持ちではなければ踏ん張りが効かないのです。

以上は私が伝えたいメッセージ。

私も今は講師という仕事が楽しいですし、続けていきたいと思っています。

しかしその一方で、もっと自分のやりたいものはあるかもしれない。見つかったらやってみようという気持ちもあります。

やりたい仕事は生涯かけて探すものですよ。

今、やりたい仕事が見つからないからと悲しむ必要はない。まずはできることに集中し、粛々と励み続けること。

ソノサキに天職は待っているものですよ。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料】

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料】

ここまでお読みになった人は、本気で天職を見つけたいと考えている方々ではないかとお察しします。

自己分析がとにかく重要です。本記事に書いたことを実践するときに使えるマニュアルをご用意しました。

制作に10年の歳月をかけた逸品。自分の見つめ直し完全マニュアルです。以下、充実の内容です。

  • 自分の棚卸しに使える
    100の質問シート
  • 自己肯定感を高めるための
    100の質問シート
  • 今の仕事合う?合わない
    チェックリスト
  • やる気ペンタゴンチャート
  • ときめきのツボワークシート

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。配布を開始したその日、300人以上から申し込みがあったものです。

但し、こちらのマニュアルも無料配布をいつまで続けるかわからないです。必要な人はお早めにどうぞ。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで今すぐ入手できます。

自分の見つめ直し完全マニュアル【無料配布中】

お名前  
メール

「自分一人で見つめ直すのはむずかしい」と感じている人は、こちらの受講を検討するのも一つの方法です。個別に相談する時間ももうけていますので。

また、

こちらにLINE登録していただくと、自分らしく生きるための耳寄りなお話も公開してます。ブログには書けないここだけの情報も配信しています。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

私との直接のやりとりもできますよ

LINE友達募集

以上となります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました