起業・副業

会社員に向いてない人がどうすればよいか? の1つの答え

私は会社員に向いていないように思うんです・・・。どうすれば良いか具体的に知りたいです。

そんな疑問に答えます。

「会社員に向いてないかもしれない」という疑問が頭に浮かんだ方のために、これからすべきことを2つにまとめました。

実践することで、会社員に向いていないかも・・・というモヤモヤがスッキリし、次のキャリアステージにスムースに上ることができますよ。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、

・新卒で入った会社は8ヶ月で退職。会社員としての挫折経験。

・自分に向いていない仕事を26年やった経験。

・副業⇒週末起業⇒フル起業のキャリアアップを経験。

 

というキャリアがあります。

現在は女性が幸せに働くための講座及び、主に個人事業主向けの自分にしかできない仕事の発掘やブランディングに役立つプロフィール作成のお手伝いをして楽しく暮らしています。

詳しくは私の自己紹介ページをご覧ください。

 

「会社員に向いてない人がどうすれば良いか?」と思ったとき最初に確認すべきこと

まずは「会社員に向いてない」と思うようになったきっかけを思い浮かべてください。

そのときご確認いただきたいのは下記の3つのポイントです。

これをちゃんと行わないと、次のキャリアアップへの覚悟が決まりません。

・会社員が向いている・向いていないというモヤモヤの原因は「今の会社が嫌なだけ」ではないか?

 

・会社員が向いている・向いていないというモヤモヤの原因は「今の会社の人間関係が嫌なだけ」ではないか?

 

・会社員が向いている・向いていないというモヤモヤの原因は「今の会社の業務内容が合わないだけ」ではないか?

 

会社員が向いていないと思うお気持ちがホンモノかどうかを見極めていきましょう。

合わせてこちらの 会社員に向いているか向いてないか見極めるたった3つの質問

も読んで自分の本心を確認してくださいね。

 

「会社員に向いてない人がどうすればよいか?」のたった1つの答え

うーん
うーん
やっぱり私には会社員向いてないようです。次はどうしたら良いでしょうか?

結論から先に言うと、

試しに「自分の力で仕事をとってみる。稼ぐ経験をしてみる」ことをおすすめします。

ちょっとハードルが高く感じるかもしれませんが、会社員を辞めるにはどの道、一度は通らなければなりませんよね。

リスクはないですし、具体的な方法をお伝えしますので試しにチャレンジしてみましょう。

会社員に向いていない人は、主に

フリーランスになる

起業する

会社から業務委託というカタチで仕事をもらう

という3通りのキャリアの道が考えられますよね。

どれにも共通するのは「自分で稼ぐ力をつける」ことです。

その前に、「自分の力で仕事をとってみる。稼ぐ経験をしてみる」ことを経験すると、

 

1、あぁ。素晴らしい!やっぱり私は会社員に向いてないわ!自分で稼ぐ世界に飛び込もう!

 

2、こんなに自分で稼ぐって大変なのね(汗) もうちょっと社員としてがんばってみよう。

 

という2パターンのどちからの思いをすることになります。

ここでもし「自分で稼ぐ世界に飛び込むぞ!」という覚悟が決まったら、次のステップに進めることでしょう。

-試しに「自分で稼ぐ」経験を味わう準備

試しに「自分で稼ぐ」経験を味わってみるためには、自分の売りとなる強みを発見し、自分で稼ぐ経験をしてみる流れになります。

自分の売りになる強みが見つかると、強いモチベーション、やる気、自信を手にすることができます。

自分の中にある稼ぎにつながる強みを見つける方法をお読みくださいね。

具体的に自分の中にある稼ぎポイントを見つけ出していきましょう。

 

自分で稼ぐ経験のテスト方法

自分の売りになる強みを理解し、「これならできそう!」というものが見つかったら、

クラウドソーシングは日本最大級の「クラウドワークス」
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」実績のあるプロに依頼・発注できるから安心クオリティーでどこよりも早くリーズナブル!ホームページ作成、アプリ・ウェブ開発やロゴ・チラシ作成、ライティング、データ入力まで、幅広い仕事に対応!

ランサーズ

などのクラウドソーシング仕事依頼などを使って一度、仕事を受注してみましょう。

匿名で仕事を受注できるので身元もバレません。

ちなみにですが、これはあくまで自分の覚悟をおし量るためのテストでしかありません。

ですので、金額の大小は気にせずに一度自分で稼ぐ経験をすることが大切です。

 

まずは無料で仕事を請けてみるのもひとつの方法

もしもまだ自分でお金を稼ぐことに抵抗があるのであれば、自分にできる仕事を無料で請けてみるところからスタートしてみてください。

依頼者に喜んでもらう瞬間を味わってみることからスタートです。

そしてあらためて自分で稼ぐ道を選ぶかを、自分の心に聞いてみるというのも良い方法です。

でも、思いきって1000円でも2000円でもいいので自分で稼ぐ経験をしてみると違った景色を見ることができますよ。

私は会社を辞めずに副業というカタチでスタートしました。偶然お金をいただいたのがきっかけでしたが・・・。

最初に稼いだ3000円の重みと感動は、週末起業で会社を辞めずに副業を10年続けて知ったこと【初告白】に書きましたが、ここで心のエンジンに火が入りました。

 

「会社員に向いてない人がどうすればよいか?」のモヤモヤは自分を変えるチャンス

「会社員に向いてない人がどうすればよいか?」のたった1つの答えは、金額の大小は気にせずに一度自分で稼ぐ経験をすることです。

言葉で言うのは簡単ですが、けっこうハードルが高いものです。

まずは「自分だけの強みを見つけ使いこなす10のポイント」の無料レポートがこちらで入手できますのでこちらを読んで自分のセルフイメージを引き上げると良いと思いますよ。

 

本記事の読者におすすめの記事

弱みを利用し強みとして活かすハイブリッドな克服方法|仕事に弱みを活かす衝撃の事例7選
強みを活かすか弱みを克服するか迷う人向けの記事。結論、弱みを利用し強みとして活かすのが最強の克服方法です。自己分析する前に知らないと損する内容。事例を交えて解説します。
起業に向いてる・向いてない見極めのコツ【70の質問診断シートも配布】
本記事は自分が起業に向いてるか見極めたい人向けに書きました。向いてる人と向いてない人それぞれの特徴や、起業に向いてるか見極める診断とかできるシートもお配りしています。私自身も起業してますけれど、10年迷った経験あるので揺れるお気持ちよくわかります。
強みが見つからない問題を解消!自分のブランドという考え方【選ばれる自己PR方法も解説】
強みが見つからない人向けの記事。自分の強みが見つからないです。探し方や自己分析に必要な視点は?企業に選ばれる自己PR(アピール)方法も知りたい。そんな疑問に答えます。困っている人のほぼ100%が強みの本当の探し方がわかっていません。本記事をお読みになると強みが見つからない問題が解決します。自分の強みが見つからない理由や、強みの探し方までわかりやすく説明します。 強みが見つからない理由や、強みの見つけ方までわかりやすく説明しますね。
自分にしかない強みの仕事活用法|強みがわからない問題も解決
本記事では強みがわからない問題の解決から、自分にしかない強みを見つけて仕事活用する方法まで解説しています。まずは「自分にしかない強み」の本当の意味を理解することが大切なのです。自分にしかない強みは誰にでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました