強み

稼ぎにつながる強みを見つける方法【強みを仕事に変えるまで】

稼ぎにつながる強みを見つける方法【強みを仕事に変えるまで】

稼ぎにつながる強みを見つける方法を知りたい人
新型コロナウィルスの影響で自宅待機中です。
今後の仕事に不安を持つようになりました。
自分の強みが何かを知り自力で稼げるようになりたいです。
仕事につながる強みを見つけるには何から始めたらいいかな?

そんな疑問に答えます。

新型コロナウィルスにより、今後どう生きるべきか見直す時間を与えられましたよね。

会社員を続けるにしても、専門技術や知識を身につけていく必要性が高まっています。

つまり、

会社>自分 という弱い立場から 自分>会社

という立場になっていかないと職を失いかねないということ。

職を失わないためにも「自分の売りはこれ!」というもの作らなければなりません。

本記事では、稼ぎにつながる強みを見つけるというテーマでお話をします。

記事の最後に「自分の棚卸&分析に使える70の質問集」を無料で入手できるページのご案内もしています。

最後までお読みくださいね。

5分で読めます。

この記事を書いている私は延べ2000人の強みを作り続けてきました。

そんな私も、人間的に合わないワンマン社長(父)が経営する家業の仕事を続けていた時代があります。

そんな最中、家業の仕事と全く関係のない稼ぎにつながる強みがあることを知りました。その強みのおかげで、自分に合わない仕事から離脱することができました。

現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

強みはなぜ自分で見つけられないのか?

強みはなぜ自分で見つけられないのか?

強みが見つけにくい理由は手応えを感じないからです。

がんばった感覚ややり遂げた快感があれば手応えを感じることができるでしょう。

しかしながら強みは自分にとってあたりまえのようにできることだったりする。

そのため手応えがないのです。

まわりの人から受ける反応によって察知するか、生み出した成果によって推し量ることになります。

強みというものは、自分のあたりまえの中に潜む価値と思うといいでしょう。

稼ぎが発生する場面

稼ぎにつながる強みを見つけるためには、お金が発生する場面を知る必要があります。

社会に蔓延している悩みを解決したり、欲を満たしたりすることでお金は発生します。

  • お医者さんは病気で悩む人を救っています。
  • エステティシャンはきれいになりたいという人の欲を満たしています。
  • 食堂で働く人はお腹が空いた人の欲を満たしています。
  • 保険外交員さんは将来の不安を解消しています。
  • 必ず「欲」「悩み」に関わることによって稼ぎ(仕事)につながるのです。

稼ぎにつながる強みを見つける方法

稼ぎにつながる強みを見つける方法

稼ぎにつながる強みを見つけるためには、誰かの欲を満たすかもしくは悩みを解決してあげられることを探せばいいのです。

下記の3つのポイントをおさえながら、これまでの自分の経験を棚卸しすることになります。

(ポイント1)今の自分にできること&持っている知識は?

(ポイント2)自分の「らしさ(一貫性)」は?

(ポイント3)自分は誰にどのようなメリットを与えられるか?

順にご説明しますね。

(ポイント1)今の自分にできること&持っている知識は?

今の自分にできること&持っている知識を棚卸しします。

漠然と考えても思い浮かばないと思いますので、次の7つのポイントをおさえながら棚卸ししましょう。

1,3年以上続けていること

仕事、プライベート問わず現在までに3年以上続けていることを書き出し、深堀りしましょう。

概ね「3年間もしくは1万時間やったこと」でプロと呼ばれるレベルと言われています。

書き出す際に「こんな普通っぽいことでもいいのかな?」という思いがふわふわ頭に浮かんでも気にせず書き出していきましょう。

「私は○○ができる。そのときに必要な技術は○○。そのとき必要な知識は〇〇」と3段階で書き出すと深堀りできます。

下記の例を参考に書き出してみましょう。

(1段階目)「私は○○ができる」

・私はリバウンドしないダイエットができる。

(2段階目)「そのときに必要な技術は○○」

・食べ方の技術・運動方法・運動を続ける技術・空腹に耐える技術・空腹の時の対処法・・・

(3段階目)「そのとき必要な知識は〇〇」

・栄養学、生理学、フィットネスの知識、身体の仕組み・・・

2,頼られること・相談されること

人から頼られる、頼まれる、相談されることを思い出してみましょう。

あなたができることを他者目線から深堀りするアプローチです。

恋愛相談・夫婦間の悩み・キャリアについて・パソコンの使い方について・営業方法について・上司への伝え方について・部下のマネジメント など

どんどん書き出していきましょう。

書き出したら、先ほどと同じように「私は○○を頼られる。そのときに必要な技術は○○。そのとき必要な知識は〇〇」と3段階で深堀りしていきましょう。

3,苦手なことを克服したこと

自分が苦手だったことや克服した経験を書き出しましょう。以前の自分のような人へ役立つ仕事につながる可能性があります。

・苦手だった料理ができるようになった・苦手だった企画書が書けるようになった・苦手だった営業ができるようになった

と、どんどん書き出していきましょう。

書き出したら、先ほどと同じように「私は○○が苦手だった。そのときに身についた技術は○○。知り得た知識は〇〇」と、3段階で深堀りしていきましょう。

4,多くの人が嫌がるが自分は平気なこと

多くの人が嫌がるが、自分は平気なことを書き出してみましょう。自分の強みとして際立ちやすいポイントです。

仕事にすることで他者より優れたサービスに育ちやすくなります。

嫌がる人の代行という仕事にもつながります。

・掃除ができる・整理収納ができる・介護ができる・○○の作業を続けられる・・・

と、どんどん書き出していきましょう。

書き出したら、先ほどと同じように「私は○○ができる。そのときに必要な技術は○○。そのとき必要な知識は〇〇」と、3段階で深堀りしていきましょう。

5,得意と思えること

ノージャンルで思いつくままに書き出してみましょう。

これまで書き出したものとカブるものが出てくるかもしれませんが気にせずOKです。

自分で得意と思えることは、努力を惜しまずがんばれることでもあるので、稼ぐ力が育みやすい領域です。

棚卸しの要領はこれまでと同じです。

6,好きなこと

「いくらやってもあきない」「この話題になると夢中で語ってしまう」「ハマっている」ことです。

同業者がいても差がつきやすいです。

  • 詳しく勉強したり技術を磨いたりすることにストレスがなく、むしろ快感となれば稼ぎ力を育む上で大切な要素になりますね。

これまでと同じように棚卸しを行ってください。

7,強い興味関心があること

強い興味関心を感じるもの。

特に過去のきつい経験を元に生まれた能力も強みになりやすいものを棚卸ししましょう。

これまでと同じように棚卸しを行ってください。

淡路大震災で自宅を失った経験を持つAさんの例ですが、多くの人が財産も仕事も失い途方に暮れている中、忙しそうに仕事をしている人が目に飛び込んできました。

それは建設重機の操作資格を持った人たちです。

彼らが引く手あまたで仕事を受注している姿を見て「資格って素晴らしい!」と思ったAさんはその後、200種近くの資格をとりました。

資格の取り方や、資格ビジネスの作り方などを教える仕事を始められるようになりました。

Aさんのきつい経験が強みをつくり出した例です。

(ポイント2)自分の「らしさ(一貫性)」は?

「自分らしさが自分の強みになぜ関係あるの?」という疑問も湧くと思いますので簡単に説明しますね。

自分らしさとは、あなた自身の行動の一貫性がかもし出すあなたにしかない魅力です。

好きな上司や、過去にお世話になった好きな先生の顔を思い浮かべてください。

そしてなぜ好きだったかを思い出してみましょう。

「いつも親身になってくれて優しかった」

「いつも厳しかったけれど私のことを第一に考えてくれた」

というような人柄やその方の行動の一貫性が頭に浮かぶことでしょう。

この一貫性が「らしさ」です。

  • らしさを好きになってもらえると、たとえその人物よりも優れた技術や知識がある人が現れても離れられません。

先ほど思い浮かべた好きな上司や、過去にお世話になった好きな先生よりも優れた技術や実績を持つ方は、世界中にいるはずです。

しかしあなたの頭の中での優先順位は「その人」でしょう。

あなたが持つ独特の個性や人柄に惚れてくれた方にとってあなたは唯一無二の存在になりうるのです。

コレ以上の強みはありませんね。

自分らしさの強みについては下記を読むと理解が深まります。

自分らしさこそオンリー・ワンの強みである理由【最大の売り】 

やったー!
やったー!
自分らしさが強みになることはわかりました。
ではどうすれば自分らしさがわかるようになりますか?

褒められる・感心されることに自分らしさは現れる

先ほどまで「今の自分にできること&持っている知識は?」の棚卸しをしたと思いますが、「褒められる・感心されること」について棚卸ししましょう。

  • 注目のポイントは「パーソナリティ(個性や持ち味)」について褒められる・感心されることを書き出してみましょう。
・真面目だね・辛抱強いね・几帳面だね・明るいね・一緒にいると元気が出る・・・

などです。

強いこだわりに自分らしさは現れる

「ここは妥協できない」というような強いこだわりにも自分らしさが現れます。

自分のこだわりに共感してくれる人たちは、あなたのファンになりお仕事の依頼を受けやすくなります。

コンマリこと近藤麻理恵さんはお片付けにこだわりがあったわけですね。

嫌いなことに自分らしさは現れる

「○○は嫌い!」「○○は許せない!」というものにも自分らしさが現れます。

ビジネスをするとき、たとえ儲かったとしても嫌いなことや許せないことはやらないでしょう。

人から私利私欲に走らないと認知され、社会的な共感を呼びやすくなります。

立派な強みになります。

(ポイント3)自分は誰にどのようなメリットを与えられるか?

最後に考えるのは、これまで棚卸しした様々なできることを誰へ提供するかを考えることです。

お金を払ってくれるなら全員に・・・と言いたくなるところですが、それでは激しい競争の波に飲み込まれてしまいます。

ターゲットと呼ばれる「誰に?」を絞り込んでいきましょう。

  • 20代・30代・40代・50代・・・という世代別
  • 初心者・中級者・上級者・・・など技術ランク別
  • 男性・女性・・・などの性別
  • 趣味・嗜好品・・・などの興味別
  • 真面目・分析好き・情熱的・・・など性格別

等々、分けて考えていくことで自分がターゲットにする人が絞り込まれます。

以上、

(ポイント1)今の自分にできること&持っている知識は?

(ポイント2)自分の「らしさ(一貫性)」は?

(ポイント3)自分は誰にどのようなメリットを与えられるか?

を棚卸ししたものを組み合わせていくことで、自分の中にある稼ぎにつながる強みが生まれます。

稼ぐとは「社会との架け橋」を作ること

自分で稼ぐということは、社会の中で足りないことの穴埋め作業をするようなものです。

会社に依存してしまうのは穴埋め作業を与えられていますが、「もういいよ」と言われたら終わりです。

自分で稼ぐときは自分で穴を探し、埋め方まで考える必要があります。

すなわち自分の価値提供できるものを自ら作っていかなければならないということです。

さらにその価値を必要としてくれる方へ届ける架け橋を作る必要もあります。

ちょっとビビってしまうかもしれませんね。でも心配しないでください。

  • 「強み」は自分ではあたりまえにできることがほとんどです。

あなたが普通にできてしまうことに価値があり、誰かの手助けになる可能性があるのです。

強みを見つける作業のはじめの一步。自分の人生の棚卸しを行いましょう。

これまでの経験でほめられたり、たよられたりしたようなポジティブな成果を出したことを思い出すことです。

思い出すためのガイドがほしいという方のために自分の棚卸&分析に使える70の質問集をつくりました。

私が強みを見つけるときに受講生やクライアントに問いかける質問の中から厳選したものです。

有料級の質問集ですけれど、コロナ禍を乗り切るためへのご協力と思い無料で提供しています。

下記から入手できます。

自分の棚卸&分析に使える70の質問集|

稼ぎにつながる強みを見つけるブランド・プロフィールづくり

本日お伝えした、稼ぎにつながる強みを見つけるたに棚卸ししなければならない下記の3つ

  • 今の自分にできること&持っている知識は?
  • 自分の「らしさ(一貫性)」は?
  • 自分は誰にどのようなメリットを与えられるか?

これを体型的に行うには、ブランド・プロフィールづくりがピッタリです。

自分の価値提供できるものをつくり、価値を必要としてくれる方へ伝え、架け橋を作る役割を担うことができます。

自分にしかない価値(ブランド)をハッキリ言語化するのがブランド・プロフィール。

下記にブランド・プロフィールについて書かれていますので参考にしてみてくださいね。

自分をブランド化して自分にしかできない仕事をする話|収入UPに必須

以上となります。

人気の講座

稼ぎ力の軸となる強みの見つけ方もわかりやすく解説。
少人数制。※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました