キャリアUP・仕事・働き方

経験者が語る稼ぎ口を増やす方法【ムリのない複数の収入作り】

経験者が語る稼ぎ口を増やす方法【ムリのない複数の収入作り】

稼ぎ口を増やす方法を知りたい人
収入の口を増やしたいと思っています。
会社員なので時間が限られています。

どうしたらいいでしょう?

そんな疑問に答えます。

これからの時代、一つの仕事で生涯収入を確保し続けるのは難しくなってきました。

とはいえ仕事数を増やすだけでは、過労で体を壊してしまうかもですよね。

その上、ストレスもハンパなさそうですし、なんのために働いているかわからなくなりそう。

ムリなく稼ぎ口を増やすには、自分の売りモノになる強みを見つけ、仕事の幅を広げることをおすすめします。

強みと言っても、すごい才能とかいらないのでご安心くださいね。

私もこのノウハウで稼ぎ口を増やしました。

自分の好きなことを仕事にしたいとか、自分らしく働きたいという方にも大切なこと書いてます。

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。2000人以上を指導して知り得たことをお伝えしています。

※3分ほどで読めますのでお時間くださいね。

  • この記事を書いている人の信頼性
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

稼ぎ口を増やすときNGなこと

稼ぎ口を増やすときNGなこと

稼ぎ口を増やすとき、気をつけていただきたいことがあります。

それは「時間売り」をしないことです。

その理由は過労とストレスにつながりやすいから。

時間売りとは、1時間働けばいくらとか働く時間に応じてお金をいただくやり方です。

生活費に困っているとかでない限り、時間売りは避けたほうがいいですよ。

稼ぎ口を増やすツボ

稼ぎ口を増やすツボは

  • 無理なくできる
  • 続けられる
  • 短時間でできる

という3つです。

挫折しないためにも、この3つのツボは押さえておいたほうがいい。

ツボをおさえるためには、自分の”売りモノになる強み”を活かせることを始めましょう。

  • ノンストレス
  • 効率よくできる
  • 苦にならない(むしろ楽しい)

という3つの利点があるから。

強みを活かせることは、コスパがいいのです。

私に売りモノになる強みなんてないかも。
なにができるか混乱しそうです。
うーん
うーん

心理的ハードルを下げよう

売りモノになる強みを探そうとすると、拒絶反応を示す人多いです。。

今のあなたにできることに対して、「今できない人」は必ずいます。

  • その「できる・できないの差」が売りモノになります。

「できない」には2種類ある

「できない」には2種類あることも覚えておきましょう。

  • 本当にできないからできない
  • 本当はできるけどできない

以上の2つです。

下記を見るとその違いがわかります。

  • 本当にできないからできない
  • 技術的にできない
  • 知識がないからできない
  • 本当はできるけどできない
  • 時間がなくてできない
  • 時間がかかるからできない
  • めんどうだからできない
  • やりたくないからできない
ここのポイントは、仮に自分にできることが、他の人にできることであっても問題ないということ。

自分は苦もなくできることが、他の人にとっては苦痛なんてことありますから。

代行してあげたり、サポートしてあげることで稼ぎ口につながります。

”売りモノになる強み”を見つける方法

”売りモノになる強み”を見つける方法

”売りモノになる強み”を見つけるためには、お金が発生する場面の基礎知識を踏まえながら、自分をきちんと深堀りする必要があります。

下記の記事に詳しく書いていますので熟読してくださいね。

稼ぎにつながる強みを見つける方法【強みを仕事に変えるまで】 

売りモノになる強みを販売する場所

稼ぎ口を増やすためには、売りモノになる強みを販売する場所が必要ですよね。

いくつかご紹介します。

自分の経験・知識・スキル(できること)を売ってみるといいですよ。

クラウドワークス

日本最大のクラウドソーシング。「こんなお仕事して欲しい!」「こんなお仕事できます!」の双方のマッチングサイトだと思うとわかりやすいです。フリーランスの人たちには有名ですけど、会社員の人たちが副業としてやっている人もたくさんいますよ。匿名でお仕事を受発注できます。私もお任せしたいお仕事があると、よく利用しています。

ランサーズ

クラウドワークスのライバル(?)です。2大巨頭という感じですね。

シュフティ

こちらは女性版クラウドソーシングという感じ。
私も何度もお仕事を依頼した経験あります。
女性に特化(と言っても男性も混じってます)しているので、私も安心して依頼することができました。

ココナラ

「知識・スキル・経験など、みんなの得意をサービスとして出品・購入できる日本最大級のスキルマーケット」ってサイトに書いてありますけど、まさにそのまま。
「こんなのも仕事になるんだ!」と、ながめているだけでも参考になります。

minne(ミンネ)

「ものづくり」に特化しています。家具も、服も、食べものも。靴や財布、器にアクセサリーも・・などなど19個の大カテゴリと245個の小カテゴリがあります。
手先が器用で、ものづくりが好きな人は、作って出品してみるのありですよね。

BASE

簡易版ネットショップ作るみたいな感じですね。TVのCMも流れているのでご存知の人も多いかな。
管理画面がすごく見やすくて操作が簡単です。サクッとネットショップ作れちゃいます。

note

「情報を売ることもできるブログ」みたいな解釈だとわかりやすいかもですね。無料記事を書きつつ、一部有料にするなんてこともできます。文章を書いて稼ぎたいという人にはいいですね。

ビザスク

「1時間からピンポイントに相談できる日本最大級のスポットコンサル」なんてサイトに書いてあります。専門的な知識や技術がある人におすすめですね。
私も過去に、融資について聞きたいことを元銀行員の方に聞いたり、会社のシステム導入について、某ソフト会社に勤務されている方からアドバイスをいただきましたね。
専門的な知識だけではなく、経験談とか事例も合わせて聞けるのですごく助かりましたね。

そのほか買い手を探すためにやること

自分の売りになる強みの買い手探しについての補足です。次のようなことを心がけていきましょう。

  • 買い手を探すためにやること
  • できることや実績を発信する
  • 解決できそうな悩みを探す
  • 頼まれたら「やります」と言う

自分にできることや実績を整理して発信するのもいいですよ。

せっかくできることがあっても、知ってもらわなければ依頼されませんものね。

私も公式ホームページを始め、ブログ・ツイッター・Facebook等々、SNSを通じて発信をしています。

さまざまな仕事をいただきますけれど、発信をしているからこそ起こることです。

また、Yahoo!知恵袋などを見て、自分が解決できそうな悩みを探すことも大切ですよ。

  • 「これなら解決してあげられそうだ!」と自分にできることがわかるとか、どのようなことに悩む人が多いわかります。製品やサービスを考えるヒントにもなりますよ。

それから、もしも未経験なことを仕事として頼まれたら「やります」と言いましょう。

頼まれるということは、あなたにできると思われている。

これまで自分では気づけなかった、新しい稼ぎ口に出会うチャンスでもありますからよ。

買い手を探すためには以上のこともやっていくといいですよ。

1つの強みから複数の稼ぎ口を作る方法

次に1つの強みから複数の稼ぎ口を作る方法について解説します。

転職にも活かせるノウハウなので参考にどうぞ。

  • 1つの強みから複数の稼ぎ口を作る方法
  • 相手を変える
  • 切り口を変える

相手を変える

私の例で解説しますね。人生史をヒアリングして、強みを見つけ出してあげるスキルを持っています。さまざまな人に提供して、稼ぐ口を増やしてきました。

これまでやってきた仕事の一部を紹介すると、

働く女性←「自分らしく働きたい。自分を活かして働きたい!」

出版したい人←「自分にしかできないことを知りたい!」

経営者←「自分のブランドや理念を固めたい!」

パーソナルトレーナー←「同業者との差別化をはっきりさせたい!」

結婚したい人←「自分のアピールポイントを知りたい!」

  • 以上のニーズ(需要)に応えてきました。すべてに共通するのは、その人の強みを見つけ出して解決していくことです。

このように、相手を変えることで稼ぎの口を増やすことができます。

相手を変えているだけですので、新しいことをするでもなくムリなく稼ぐ口を増やすことができますよ。

切り口を変える

あるメーカーに勤務していたAさんのお話を事例に説明しますね。

Aさんは、日本で製造していた製品を、海外の特約店に卸す役割を担っていました。

国によって様々なニーズに分かれるそうで、仕様を細かく作り変えなければならないかったそうですよ。

そんな仕事を40代半ばまで続け、その後ある商社に転職しました。

転職先は、日本の商社に、日本で売れそうな海外製品を探して売り込む会社です。

  • Aさんは「今までやっていたことの逆やればいいんでしょ。同じことだよ」
    と発想を切り替え転職したのです。

Aさんの場合、

(転職前)
日本製の自社製品⇒それぞれの国の仕様に合わせて販売する。

(転職後)
海外製の製品⇒日本のニーズに合いそうなものをセレクトして日本のメーカーに売る。

以上のように、自分にできることをアレンジしながら、転職先を見極めました。

視点をズラして切り口を変えることで、キャリア選択の幅も広がりますし、今の仕事を続けながらでも新しい仕事を増やすことができますよ。

稼ぎ口を効果的に増やす方法

稼ぎ口を効果的に増やす方法

稼ぎ口を効果的に増やすには次の3つを組み合わせるといいです。

  1. 自分が動いて稼ぐ
  2. 人に稼いでもらう
  3. お金に稼がせる

「稼ぐ」というと自分が動いて稼ぐイメージですよね。これは時間をとられてしまう難点があります。

そこで、人に稼いでもらうという方法もあります。

自分以外の人を動かして対価を得る方法です。

会社の社長さんたちはみんなそうですよね。

そしてお金に稼がせるという方法です。いわゆる「投資」ですね。

株式、不動産、最近は仮想通貨とかビットコインとかあれこれあります。

以上の3つを組み合わせていくと、効果的に稼ぐ口を増やすことができます。

誰も知らない稼ぎ口を増やす本当の価値

稼ぎ口を増やすと、万が一ひとつの仕事で稼げなくなっても他の仕事でカバーできるようになりますよね。

そうなると将来の不安を和らげる効果があります。

しかしもっといいことがあると私は思っています。

それは「やりたい仕事に集中できる」ということ。

しかし、やりたいことは必ずしも稼げる仕事ではないかもしれませんよね。

  • でも他に収入があれば、思い切ってできるじゃないですか。

私自身も今、そんなビジネスライフを楽しんでいます。

セミナーやコンサルティングの仕事をムリに増やす必要がありません。

自分を本当に必要としてくれる人だけに、がっつり向き合って講義ができる。

ほかの収入がなければできないことです。

好きな仕事をムリなくできるようになること。

これが稼ぎ口を増やす本当の価値だと思いますよ。

以上となります。

 

(※この記事を書いている人の自己紹介

この記事を書いている人の講座

キャリアの棚卸しから自分にしかない強みの見つけ方までわかりやすく解説。
※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました