強み

自分の優れているところを知る方法【わからない理由も解説】

自分の優れているところを知る方法【わからない理由も解説】

自分の優れているところを知る方法を知りたい人
自分の優れているところがわかりません。
知る方法ありますか?

そんな疑問に答えます。

自分の劣っているところはすぐにわかるけれど優れているところはわからない。よくあることですよね。

そのままにしていると適職がわからず収入が上がらないとか、他人を見て自信を失うとか百害あって一利なしです。

本記事をお読みになるとすっきり解決しますよ。

最後までお読みくださいね。5分で読めます。

  • 本記事の内容です
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

自分の優れているところがわからない理由

自分の優れているところがわからない理由
自分の優れているところがわからない理由は、あたりまえのようにできることだからです。

痛みもなにもない。

たとえば家事をやっている主婦の人。

家事をすることに優れていると感じる人は少ないでしょう。

一方、劣っているところは心の痛みを感じるのですぐわかる。

「あぁ家事をおろそかにしているな」なんて感じで。

自分の感覚をアンテナにすると自分の優れているところはわからないのです。

自分の優れているところを知る方法

自分の優れているところを知る方法
自分の優れているところを知る方法は、自分の感覚から他人の評価にアンテナを切り替えることです。

  • つまり他人が認める優れたことであればOK。

他人が認める優れたことは「できる」という客観的な証明だからです。

自分の感覚なんてどうでもいいのです。

「できる」という客観的な証明をもう少し詳しく解説するならば

  • 人から頼まれること
  • 人からほめられること
  • 人から頼られること
  • 人から相談されること
  • 人から関心されること

など他人から高評価を受けているところです。

つまり他人からのリアクション(反応)が命。

他人からのリアクションは、謙遜したりスルーしたりしているため思い出すのもけっこう難しいです。

思い出すためには、ピンポイントの質問を数々自分に投げかける必要があります。

じっくり取り組みたい方のために自分の棚卸&分析に使える70の質問集をつくりました。

細かく質問を切り分けているので思い出しやすいのが特徴です。

今なら無料でお配りしています。下記からどうぞ。

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします。

相対値で考える

他人から高評価を受けている場面では「自分よりも優れた人はたくさんいますよ」と考えてしまうかもしれませんね。

  • その理由は絶対値で考えているからです。

絶対値的なモノサシでは世界一にならない限り優れたことになりません。

自分の優れているところというのは相対値でOKです。

比較の対象が決まっている。「自分にできることができない人」との比較でOKということです。

自分の優れているところを見つけるためには相対値の思考に切り替えなければならないのですよ。

見える化する

自分の優れているところを知るためには、自分にできたことを数字化するのもうまいやり方です。

  • エリア
  • 期間
  • ボリューム

の3つですね。

エリア

世界○位、日本○位、関東○位、○県○位、業界○位、社内○位、部署○位・・など、エリアを絞りながら考えて数字化します。

期間

10年間で○○、1年間で○○、1か月間で○○の成果を出した・・など、期間を変えながらできたことを数字化します。

ボリューム

年間売上○円、売上○倍・・など、ボリュームを変えつつできたことを数字化します。

以上のようなやり方でこれまでやってきたことを数字化するとよくわかります。

私の場合、講師の仕事を13年やっています。

13年=4,745日=113,880時間=6,832,800分

ですね。そこそこやってきた感でますね、笑

ブランド・プロフィールをつくる

ブランド・プロフィールをつくる
誰に何をすることができるか、またその根拠になるものを記載するブランド・プロフィールをつくるといいです。

ブランド・プロフィールのもともとの起源は、本を出版したい人やメディアからの取材を集めたい人たちの自己紹介ノウハウがベースになったものです。

自分にしかできないことを表現する客観的な証明となります。

就活にはとくに効力を発揮するものです。

転職に成功するうまいキャリアの棚卸し|職務経歴だけでは不足 に解説あります。

自分より優れた人を見たときの対処法

自分より優れた人を見たときの対処法
自分より優れた人を見たとき、自分もがんばろうと思えるような人はそのままでOKです。

一方、劣等感や嫉妬心が出てしまう人は、自分より優れた人から距離を置きましょう。

気持ちが下がってしまうだけなので。

集中すべきは

  • 今の自分に何ができるか?
  • できることを磨くには何をしたらいいのか?

という2点です。

今の自分を必要としてくれる人も必ずいます。

自分に優れたところがないと考えるのも武器

「自分に優れたところなんてない」と思うことも使い方によっては武器になります。

今の自分をゼロと見立てることができますから。

何を始めても今以下に落ちることはない。つまり何を始めてもプラスにしかならないという思考です。

人からどう思われようが気にならなくなります。

  • これを「何もない人の強み」と私は名付けています。

かくいう私も「何もない人の強み」はけっこう使いましたよ。

初出版のときは断られようが何しようがおかまいなしに編集者さんに連絡をとって交渉しました。

自分よりも実績やスキルのあるひとがうじゃうじゃいる中で、自分を選んでもらうには熱意しかないなと思ったからです。

粘り強く交渉を重ねて実現しました。

もしも自分に優れたところなんてないと本心から思うのであれば、今以下に落ちることもないのでがっつり行動してみてくださいね。

笑われてあたりまえ、へんな目で見られてあたりまえの心境を手に入れた人は強いですよ。

【結論】自分の優れているところを知る人だけが伸びる件

【結論】自分の優れているところを知る人だけが伸びる件
自分の優れているところを知ることは、今の自分を大切にしていることにつながります。

ありのままの自分を受け入れずしてできないことですから。

どんなに人からほめられても受け入れられない人っていますよね。

「より高く自分を引き上げなければ」という気持ちも大切ですけれど、自分の優れているところを認めてこそ自分の価値がわかるもの。

自己肯定感を低めては本末転倒ですよ。

自信を持って前に進むためにも自分の優れているところを見つけ出してしまいましょう。
以上となります。

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました