生き方

自分を成長させる自己否定とダメにする自己否定の違い【原因と改善法】自己成熟のチャンス

自分を成長させる自己否定とダメにする自己否定の違い【原因と改善】自己否定と付合う方法

自己否定する人
自分はダメだなぁと自己否定してしまいます。
自己否定に良い、悪いってあるのかな?
自分を成長させることに使えない?
原因や改善方法とかも教えてほしいな。

そんな疑問に答えます

「自己否定は悪いこと」そんなイメージ持つ人多いですよね。

確かに「否定」というくらいですから、何もいいこと無さそうですよね。

でも、

ちょっとした心がけで、自己否定することから自分を成長させることができるようになります。

自己否定はけっこうお得なものなのです。

実はキャリアアップに関わる大切なもの。

結論から言うと、自己否定と自己肯定を交互に繰り返すと私たちは成長します。

のちほどわかりやすく解説しますね。

本記事は、自己否定との正しい付き合い方を覚えて成長したい人に向けた記事です。

1回流し読みしたあと、数回読み直すとスッと自分のモノにすることできますよ。

3分くらいで読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

自分を成長させる自己否定とダメにする自己否定の違い

自分を成長させる自己否定とダメにする自己否定の違い

自己否定には2種類あります。

自分を成長させる良い自己否定と、ダメにする悪い自己否定です。

それぞれ特徴を持つ人を例に解説します。

自分をダメにする自己否定の人

自分をダメにする自己否定をする人は、自分の存在そのものを否定します。

例えば失敗したとき「自分はなんてダメな人間なんだ」と自己喪失する。

ありのままの自分を受け入れられない状態ですね。

この状態では、無難なことばかりしようとするため成長は止まります。

自分をダメにする自己否定をしている人の例です。

成長させる自己否定をする人

自分を成長させる自己否定をする人は、自分は取るに足らない存在であると捉えます。

つまり自分には短所も長所もあるよと、ありのままの自分を受け入れている。

ですので失敗しても自己喪失しません。

自分の行動や考え方の改善のみを目的とする自己否定をします。

  • 自分の存在価値そのものに意識は介入させません。

つまり、

良い自己否定と悪い自己否定の違いは、ありのままの自分を受け入れているか否かの違いだけです。

悪い自己否定をする原因

悪い自己否定をする原因

悪い自己否定の原因は、本人だけの問題だけでもないですよ。

環境に大きく左右されるところあります。

ありのままの自分を受け入れてくれる人が身近にいないとか、人と違う行動をすると責め続けられた経験なども原因のひとつになります。(いじめもその一つ)
  • 日本は特に自己否定大国ですね。

みなとの横並びを良しとする文化ですので、

個性的な人は叩かれやすい。

叩かれれば自分は価値ない人間と思い込むのも仕方のないこと。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

みにくいアヒルの子状態ですね

賢者の自己否定|正しく付合う改善方法

賢者の自己否定|正しく付合う改善方法

自己否定と正しく付合うためには、否定するポイントをズラすだけです。

ままならないことがあっても、自分自身に否定の矛先を向けないこと。これまでのやり方や考え方そのものだけ否定するようにすることです。

口で言うのは簡単ですけれど、ちょっと難しいです。

  • コツをお伝えすると自分を変えようとしないことです。

ネコはネコ。

ライオンはライオン。

自分は自分です。

ネコはがんばってもライオンになれない。

私たちも同じです。

すべきことは最高の自分を目指すのみ

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

即ち、自分を磨き上げることだけです

自分を成長させる自分磨きとは?

自分磨きとは、自分のピークパフォーマンス(能力の最高値)を上げることです。

自分を変えるわけではありません。

自分磨きには「より良く」「より高らかに」という思想が根底にあります。

大切なのは「今よりも」を意識すること。

今の自分を否定するわけではありませんのでご注意くださいね。

できる大人はこっそり勉強している!自分磨きのための学び【知らぬ間に差がつきます】

にも具体的な方法を詳しく書いてます。

ありのままを受け入れるコツ

悪い自己否定に陥らないように、ありのままを受け入れるコツについて解説します。

毎日、次の3つの質問を自分に投げかけましょう。

いずれかに縛られてないか確認しましょう。

  1. 自分を変えようとしていないか?
  2. 人に合わせようとしていないか?
  3. 高い理想に翻弄されていないか?

以上の質問を自分に投げかけると、ありのままの自分を思い出すことができます。

大切なのでもう一度繰り返します。

短所も長所もすべてひっくるめて、ありのままの自分は確立されているもの。

常に自分は自分でしかないことを意識するよう心がけてくださいね。

「自分に何もない」は最高の強み

再三繰り返し言いますが、
ありのままを受け入れるためには、自分の短所も受け入れる必要があります。

すると、自分には何もないと思い浮かべてしまう人もいるようです。

そういう方に知っていただきたい。

実は、

何もないのは素晴らしいことですよ。

例えるなら真っ白なキャンバスのような状態ですからね。

これから何色にも変えられる。

それに失うものもない。

この状態は強みです。

自分には何もない・できないと思い込む人たちに潜む最強の強み|何もない人の強み作り作戦 に、私の経験談をもとにして解説してます。

ありがとうございます!
ありがとうございます!
できたら自己肯定感を高めたいです。
いい方法ありませんか?

自己肯定感を高める100の質問集(無料配布)

自己肯定感を高めるには、過去のポジティブな経験を棚卸しする必要があります。

私たちは失敗したことはよく覚えているのに、うまくいったことはすぐ忘れるクセありますよね。

そこで自己肯定感を高める100の質問集を作りました。

この質問集をお読みになるとわかりますけど思い出せる過去の体験は、ポジティブなものばかりです。

私が個人セッション(月々3万円)を行うときの質問から厳選しました。

ここでしか入手できないものです。

悩まれている人が大変多いため今回は無料で配布します。

今すぐ始められますよ。

下記からどうぞ。

自己肯定感を高める100の質問集

※予告なく配布を終了します。ご了承ください。

プライドはジャマものです

自己肯定できないと自分を大きく見せたり、弱いところを隠そうとします。

世間ではこれを「いらぬプライド」と呼びますね。

かくいう私も自己肯定できなかったものの一人です。

20代の頃、バイクレースに打ち込んでいた時代があります。

当時は、本来打ち込むべき仕事から逃げていた頃です。

レースに勝つことで、仕事のできない自分を隠そうとしていました。

やっかいなのはそんな自分に気づけないことです。

「バイクレースが本当にやりたいこと」と当時は思っていましたから。

自分の弱いところを認める、ありのままを認めるというのは本当に難しいものです。

否定と肯定を繰り返して成長する

否定と肯定を繰り返して成長する

ちょっとまとめっぽくなりますけれど、私たちが目指すべき姿は、自己肯定と自己否定を繰り返す姿です。

成長するためには今までのやり方、考え方を一旦リセットしなければなりません。

このとき自己否定することになります。

そして一歩成長すると、自己肯定が高まり自信になる。

さらにまたリセットする。

そんな自己否定と自己肯定を繰り返すことで私たちは成長するわけです。

自分以外の人はみんな先生

自分以外の人はみんな先生

最後に、

今日からできる自己否定と肯定を繰り返すうまい方法について解説します。

自分以外の人はみんな先生と考えるといいですよ。

自分にないものを自分以外の人たちは必ず持っています。

つまりみんな先生なのです。

自分にないものを取り入れる時に大切になるのは自己否定です。

そして自分に活かせるようになると自己肯定に変わります。

尊敬する先生の教えを実践するときとなんら変わりありませんけどね。

私は講師の仕事をしています。

一方、受講生たちは私の先生でもあります。

現に、講座のホームページを作ってもらったのは私の受講生だった人です。

WEBディレクターのキャリアを持つ女性。

いろいろ教えていただきましたよ。

元受講生の彼女は、私の大切な「先生」なのです。

人に会う度に、私たちは先生に出会うチャンスが訪れます。

人のいいところを見るようになし、一石二鳥かもしれませんね。

以上となります。

ぜひこの記事の書いたことを身につけて、自己否定と上手にお付き合いくださいね。

人気の記事

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました