生き方

考えてもしょうがない不安にうまく向き合うコツ5選|心配対策

考えてもしょうがない不安にうまく向き合うコツ5選|心配対策

不安に向き合うコツを知りたい人
不安に向き合うコツってあるのかな?
行動力のある人は不安とどう付き合っているんだろう?

そんな疑問に答えます。

生きていると不安はつきものですよね。

自分の将来、恋愛、家族、仕事のことなどあげればキリないくらい。

本記事ではよくある3つの不安パターンと、向き合うコツについて解説しています。

不安をコントロールする方法についても書きました。

この記事を読むと、不安になったときにうまく対処できるようになりますよ。

最後までお読みくださいね。

  • 本記事の内容です
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

よくある不安3パターン

よくある不安3パターン

不安といえばキリないくらいありそうですけど、実は3パターンしかないです。

  • (1)どうなるかわからない
  • (2)どうするかわからない
  • (3)どう出てくるかわからない

以上の3つです。

順に解説しますね。

(パターン1)どうなるかわからない

結果・成果・効果など「行動のその先」に起こることへの不安です。

たとえば「転職したら新しい職場でうまくやっていけるかしら?」なんていう不安はこのパターンですね。

(パターン2)どうするかわからない

そもそものやり方や対策がわからないことに対する不安です。

たとえば「重要な仕事を任されたけれどやり方がわからない」みたいな不安はこのパターンですね。

(パターン3)どう出てくるかわからない

自分以外の人の反応に対する不安です。

たとえば「自分の仕事ぶりを上司はどう評価してくれるかな?」とか「彼は私のことをどう思っているのかしら?」みたいなやつもこのパターンですね。

以上です。

 

不安というと星の数ほどありそうですけど、この3つの中におさまるものですよ。

不安の解消はありえない話【悲報】

ちょっと厳しいお話なのですけど、不安を完全解消することってできないです。

  • 不安は、まだ起こっていないことに対するもやもやだから。

未来に起こることは神さましかわからないですからね。どうしても限界あります。

 

うーん
そうなんですね・・・
せめて対処法とか気にならなくなるコツとかありませんか?

はい。あります。

不安とうまくお付き合いすると、新しいことに挑戦するにも躊躇しないし、いいことばかりですよ。

次に解説しますね。

不安にうまく向き合うコツ5選

不安にうまく向き合うコツ5選

不安にうまく向き合うコツは次の5つです。

  • (1)不安の選別と集中
  • (2)1秒でも早く動く
  • (3)「そのときまでわからない」とつぶやく
  • (4)どっちが得か考える
  • (5)吐き出す(書く話す)

それぞれ詳しく解説しますね。

(1)不安の選別と集中

これが超重要。不安の選別と集中です。

不安になったら、その不安は自分で制御可能なことなのか否か選別します。

選別したら制御可能なことだけに集中です。

先ほどの不安パターンのなかに「(パターン3)どう出てくるかわからない」ってありましたよね。自分では制御不能な領域です。

いくら考えても結果どうなるか神のみぞ知るですよ。

でも根まわしをするとか、マメにコミュニケーションをとるとか、結果が出るまでに自分にできること(制御可能なこと)もありますよね。

制御可能なことだけに意識を集中させましょうね。

(2)1秒でも早く動く

「(1)不安の選別と集中」の中において、自分で制御できることに対し一秒でも早く動きましょう。

  • 予測不能なことが起きたとき、対処する時間を稼ぐためです。

想定外なことはつきものですからね。

早めに動いていれば対応策に時間を割くことができます。

(3)「そのときまでわからない」とつぶやく

不安に思うことが、そのとおりになるか否かはそのときまでわかりません。

たとえば重要な資格試験があったとします。合格するかどうか不安になりますよね。

不安がっていても合格発表の日まで結果はわからない。つまり結果はその瞬間までコントロール不能。

でも試験の日まで全力で勉強するか否かは選択できます。

「合格発表の日まで結果はわからないよな」とつぶやき、今できることに意識を向けていきましょう。

不安にうまく向き合ううまい方法です。

(4)どっちが得か考える

『(2)「そのときまでわからない」とつぶやく』のつづきのお話になりますけど、不安でオロオロしながら試験日を迎えてしまうか、勉強に集中する日々を送り試験日を迎えるかどちらがお得かよく考えてみることです。

不安で手つかずの方が損なのは明白ですよね。

どっちが得かよく考えてみるのも不安にうまく向き合うコツです。

(5)吐き出す(書く&話す)

とにかく不安をためこまずに外に吐き出してしまうことです。

不安なときはパンパンにふくらんだ風船みたいなもの。

ちょっとさわると破裂しそうな状態。

少し空気抜いたほうが、いいアンバイになりますよね。

わたしたちの心も風船とまったく同じ。

空気抜き目的として不安を書き出したり、人に話して楽になりましょう。

以上となります。

不安とうまくお付き合いしつつ前向きに動いていきましょうね。

動する不安にうまく向き合う方法【不安を分けて限界を突破】も同時にお読みになると理解が深まりますよ。

不安がりな自分をコントロールする方法

不安がりな自分をコントロールする方法

不安がりな自分をコントロールするには「やればできる」「なんとかなる」というマインドを育てておくことがキモ。

そのためには自分の行いを肯定する力が必要になります。

自分の行いを肯定するためには、過去のうまくいった経験を洗いざらい思い出すことが不可欠です。

とはいえなかなか思い出せるものでもないですよね。

そこで自己肯定感を高める100の質問集をつくりました。

質問はポジティブなことを思い出さざるを得なくなるものばかりです。

わたしが10年以上の歳月をかけて受講生たちに投げかけてきた質問の数々を厳選しました。

有料級のものですけど、わたしがこの記事を読んでくださる方々全員への対応は難しいので無料でお配りします。

下記から入手できます。

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします。

不安は起こらない調査結果

不安は起こらない調査結果

不安とか心配事というのはほぼそのとおりにならないという調査結果があります。

米国ミシガン大学の研究チームの心配事の実地調査によって、「心配事の80%は起こらない」ということが明らかになりました。

 さらに、残り20%のうち、16%は準備をしていれば対応可能なもの。つまり、心配事のうち実際に起こるのはたったの4%だったのです。

 心配事や不安の96%は実際には起こらない。つまり、ただの「取り越し苦労」にすぎないのです

引用:https://diamond.jp/articles/-/189277?page=4

元気のでる話ではないでしょうか。おばけと不安はでないということですねぇ。

不安の裏側を見て歩もう【重要】

不安の裏側を見て歩もう【重要】

できるだけ不安な場面はつくりたくないのが人情ですよね。

わたしも不安がりなタイプなのでお気持ちよくわかります。

でも、

不安の裏側には「期待」という希望の星もついてまわるものです。

うまくいったときの晴れやかな未来のことですね。

不安だから動かないというのもひとつの生き方戦略です。

ただ後悔しないか考えておかないと、取り返しのつかないことになりますよね。

  • 私たちは果てしなく続く不安の数々をクリアしていくと同時に、同じ数の期待を背負って歩いています。
どうせ不安を完全解消できないなら、期待のほうに目を向けて歩いていくのが賢明な選択ですよね。

いっしょにがんばっていきましょう。

以上になります。

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました