自信・自分らしさ・自分軸

納得の人生を歩める人と歩めない人の違い【世俗的に生きるか否かの違いだけ】

納得の人生を歩める人と歩めない人の違い【世俗的に生きるか否かの違いだけ】

納得の人生を歩みたい人
今後のキャリアのことで悩んでます。
納得のいく人生を歩む方法を知りたいな。
納得のいく人生を歩める人と歩めない人の違いは?

そんな疑問に答えます。

今後のキャリアを考える上で最も大事なことは、納得のいく人生を歩めるか否かです。

外から見たら立派なキャリアでも、本人が後悔していたら幸せとは言えませんよね。

つまり外からどう見られるかという視点をいかに外すかがポイント。

このポイントから目を背けると、生きることがつらくなるのでご注意くださいね。

この記事は今後のキャリアに悩む人にぴったりの内容。

お読みになると、ブレずに突き進むめるようになりますよ。

  • 本記事の内容です
  • 納得人生を歩める歩めない人の違い
  • 納得のいく人生を歩む方法
  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

納得人生を歩める人と歩めない人の違い

納得人生を歩める人と歩めない人の違い

納得のいく人生を歩める人と歩めない人の違いは、世俗的に生きるか否かの違いだけ。

「世俗」とは俗世間とか、世の習わしという意味。

世俗的な生き方を選ぶ人は「こうあるべき」という自分像に縛られる。

一方、世俗的な生き方を選ばない人は「こうありたい」という理想的自分を追い求める。

  • ここに大きな違いがあるのですよ。
納得の人生を歩めない人 納得のいく人生を歩める人
「こうあるべき」世俗的な生き方を選ぶ 「こうありたい」理想的自分を追い求める

納得のいく人生を歩む方法

納得のいく人生を歩む方法

納得のいく人生を歩む方法は、「こうあるべき」と思うことはしないことです。

以前、本当は美容関係の仕事をしたいのに、公務員試験を受け続けている女性に出会ったことがあります。

試験に落ち続け2浪中。後がないと苦しまれていましたね。

親から強く公務員になることを勧められている女性でした。

彼女は「公務員であるべき」に縛られている。

これこそ「こうあるべき」に取り憑かれている例です。

もしも彼女が美容関係の道に進んでいたら、納得の人生をつかむことができたでしょう。

万が一、想像としていた世界と違っても自分の本心で選んだ道ですから納得感がある。

他人のことはよくわかるけれど、自分のことはわかり辛いのでご注意くださいね。

納得のいく人生を歩むのも大変

納得のいく人生を歩むのもけっこう骨折れます。

ありたい自分の道もけっこう険しいですからね。

理想と現実のギャップに苦しむことになる。

先ほど公務員試験を受け続けている女性を例に出しました。

もしも彼女が美容関係の仕事に進むとなれば、親を説得しなきゃです。

それは大きな難関。

しかし難関から逃げると理想には辿りつけなくなる。

この理想と現実のギャップ。

納得のいく人生を歩むのはけっこう大変なんですよ。

楽をしたい気持ちはNG

納得のいく人生を歩むためには、楽をしたいという気持ちは捨てた方がいいです。

  • 大抵、修行を積むことが必要になる。

例えば「海外を渡り歩く仕事がしたい」というありたい自分を目指すには、

  • 英語を話せるようになる
  • 外国人と交渉する力をつける
  • 海外で稼ぐスキルを身につける

などが必要になりますよね。

これ、けっこう大変じゃないですか?

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

楽をしたい気持ちは捨てた方がいいです

大変だけど辛くはない

納得のいく人生を歩むのは前に書いたとおりけっこう大変です。

  • でも、辛さを感じない場合がほとんどですよ。

よくベテラン芸能人が若い頃の貧乏時代をなつかしむシーンを語っていますよね。

「当時は大変と思ってなかった」と口をそろえて語ります。

あれですよ。

他人から見ると大変なように見えるけれど、当人はそれも楽しんでいる。

それほどありたい自分を目指しているときは、エキサイティングなんですよ。

世俗意識との戦いです

納得のいく人生を歩むときジャマをするのは世俗意識です。

「他人から変な目で見られたくない」という思いですね。

しかし、私たちは皆と同じようにすること教育を受け続けていますからね。

振り切るのは骨が折れますよ。

世俗意識から逃れる方法

世俗意識から逃れる方法

世俗意識から逃れるためには、今できることに24時間フルコミットすることです。
(もちろん寝てください)

他人の目が気になる瞬間は、意識が外に向いたとき。

そこで、今できることに集中すると、世俗意識から逃れられる。

もしかするとその姿は、世間から現実逃避している人に見えるかもしれません。

気になったら「現実逃避」ではなく「理想へ逃避する」と考え集中しましょう。

今できることに集中し、気を反らさないようにしましょうね。

世俗意識を逃れて得られるもの

世俗意識を逃れるというと「世捨て人」になる感じがしますけどそうじゃないですよ。

  • 新しい出会いが待っています。

自分と同じようにありたい自分を目指している人との出会いがあります。

私も前職でちょっと変わりモノの青年に出会いました。

「生まれ故郷を豊かにする活動をしたい」彼はずっと言ってましたね。

そして出会ってから7~8年経ちますけれど、本当にその活動に近づいてます。

今はある企業の取締役になってしまいました。

ありたい自分を現実のものにしようとしています。

大切な出会いです。

納得できない人生からの脱出【体験談】

あるべき自分からありたい自分へ【体験談】

かくいう私も「あるべき自分」に苦しみ抜いたひとりです。(※上記画像は前職の私)

経営者の父のもとで働いていたときは、理想の息子になろうとしていたように思います。

じっとしていれば収入も安定し、外から見たら幸せな人に見えたでしょうね。

そんな恵まれた環境を捨てるのは長い年月が必要でしたよ。

しかし、モヤモヤの毎日を過ごす苦痛より、ありたい自分を目指す大変さの方がいい。

希望が生まれるから。

  • 希望があれば毎日楽しくなる。

仕事も苦になりません。

いや大変さを超える楽しさがある。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

納得の人生は待っていてもつかめません。つかみ取りにいくものですよ

叶わない夢を描こう

納得のいく人生を歩むためには夢みたいなものが必要ですね。

しかも叶わないものを描くくらいがちょうどいいです。

一生かけてもやり遂げられる日はこない。

すると、

  • 歳をとっても夢を追い続けられる。

私の塾に「街づくりがしたい」と起業した女性がいます。

移住をお手伝いする仕事を始めました。

彼女の夢もゴールがありません。だから永遠に続けることができる。

毎日ほんとうに幸せそうです。

納得のいく人生を歩むとは叶わない夢を抱き、その夢を追う状態を言うものですよ。

自分の見つめ直し完全マニュアル(無料配布中)

最後になりますけれど、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。ここでしか入手できないものです。

納得の人生を追求するにも、一人ではなかなか手強いです。そこで、数々の質問を自分に浴びせ、ありたい自分を導く構成になっています。

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで入手できます。(10秒で出来ます)

必要であればどうぞお使いくださいね。

お名前 ?
メールアドレス

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました