起業・副業

起業に失敗する女性のよくある行動10パターン|稼ぐ女性との違い

起業に失敗する女性のよくある行動10パターン|稼ぐ女性との違い

起業に失敗する女性のよくある行動パターンを知りたい人
起業に失敗する女性はどのような行動をしていますか?

そんな疑問に答えます。

昔と比べると起業するハードルはかなり低くなりました。

しかしながら一部の人しか稼げるようになっていない現実もあります。

経済産業省の統計調査によると、女性起業家の個人所得は7割が100万円未満という結果に。

そこで本記事では起業に失敗する女性のよくある行動について解説します。

起業に限らず、うまくいく・いかないにはある程度パターンが存在します。

失敗するパターンを学び、失敗しない起業を目指していきましょうね。

5分で読めます。

現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

起業に失敗する女性のよくある行動10パターン

 

起業に失敗する女性のよくある行動10パターン

起業につまづく女性たちによくある行動パターンをまとめました

  1. 勉強ばかりする
  2. 伝える・売る活動をしない
  3. 好きにこだわり過ぎる
  4. テストしない
  5. 粘れない
  6. 失敗を怖がる
  7. 友人とコラボする
  8. 安価な値づけをする
  9. 決断を人に委ねる
  10. ほかとの差をつけられない

の10パターンです。順に解説しますね。

勉強ばかりする

起業するときに勉強することはとても大切です。しかし勉強することで満足している人も多い。

いつまでも学び続けて実践のステージに立とうとしないのです。

お料理の本を何冊読んでもお料理がうまくならないのと同じことが起こります。

起業するには勉強はとても大切なことですけれど、実践の伴わない勉強に意味なくなってしまうのは起業の厳しいところですね。

伝える・売る活動をしない

女性が起業するときによくある失敗パターンは、伝える(マーケティング)と売る(セールス)勉強&行動をしないパターンです。

「苦手です」と言って嫌がる人が多いですね。

マーケティングとセールスをしないということは、ダイヤモンドの上に箱をかぶせてじっと待っているのと同じことになります。

すごい価値があってもまったく売れないということです。

好きにこだわり過ぎる

女性が起業するときによくある失敗パターンは好きなことや、やりたいことにこだわり過ぎてしまうことです。

「好き」「やりたい」はご本人の主観です。

自分以外の人が欲しいと思ってもらえる需要(ニーズ)あるものを売らなければ成り立ちません。

自分は「好き」「やりたい」と思っても、他の人が価値あると思ってもらえないものは売れない。起業してもままならないということです。

テストしない

テストしないのもよくある失敗パターンです。

売れる・売れないを自己判断してしまいテストをしようとしません。

  • ある程度ビジネス経験を踏むと売れるか売れないかの判断精度は上がりますけれど、起業したときはわからないのが普通です。

テストしようとしない、もしくは売れるか売れないかずっと考えて時間が過ぎるかのどちらかのパターンが多いです。

粘れない

粘れないのもよくある失敗パターンですね。

起業すると否応なしにお金を稼ぐことを考えなければなりません。

余程センスのある人でない限り、最初はなかなか稼げないものです。

やることなすこと空振りすることになるものですけれど、そのカベを突破できずにやる気を失ってしまうパターンです。

失敗を怖がる

起業に失敗する女性のよくある行動パターンは失敗を怖がることです。

起業するとうまくいくかどうかわからないことだらけです。

失敗を怖がっていると前にすすめません。

やってみて答えを出す「答え合わせ」ができないからです。

起業に失敗する女性のよくある行動のひとつです。

友人とコラボする

起業に失敗する女性のよくある行動パターンに友人とコラボしてしまうことです。

意思決定に時間がかかったり、収入が半減したりで起業当初にはリスクが伴います。

起業している人に友達がいない理由【起業仲間は増えます】に詳しく解説しています。

安価な値づけをする

起業に失敗する女性のよくある行動パターンに安価にサービスや製品を提供してしまうことです。

安ければ売れるという間違った感覚をもっている場合が多いです。

経費や労力に見合わない利益しか得られないためやる気の低下にもつながりやすいです。

決断を人に委ねる

起業に失敗する女性によくある行動パターンに決断を人に委ねてしまいます。

不安や知識・経験不足などが重なり決断できません。

コンサルタントに頼ってしまい自分で事業のカジとりができずうまくいかないパターンです。

ほかとの差をつけられない

製品やサービスに違いを作れないのも失敗パターンのひとつです。

生みの苦しみから一步踏み出すことができず同業者と同じことをしてしまう。

思うように利益が得られず失敗の道を歩むパターンです。

以上となります。

起業するときに成功する心がまえ

起業するときに成功する心がまえ

起業するときに成功する心がまえは期待しすぎないことです。

そんなことかと思ってしまうかもですけれど大切なことですよ。

不安と長期間向き合い続けるメンタルが必要です。しかしながら強い意思がある人ばかりではないですよね。

  • 最初からうまくいく人はほとんどいないもの。トライ&エラー・エラー・エラー・・・みたいな感じです。

そこで挫折を回避するために、期待しすぎないことなのですよ。

じっくり改善を重ねつつ淡々と続けることが大事。

起業するときのいろはの「い」ですね。

起業に成功する女性が持つ意外な特徴15選【会社員を卒業】も合わせて読むといいですよ

起業のアイデアのネタはどこで探すのか

これから起業しようと考えてもアイデアが思い浮かばないと悩む人も多いと思います。

大抵、調査不足のことが多いです。

情報がないと考えてもなにも出てきませんから。

起業ネタをつくる方法をものすごく簡単に説明すると、世の中にある悩みをリサーチしてどのようなものを解決できるかを考える流れになります。

起業したいけどアイデアがない女性のための起業ネタ探し方入門 にくわしく解説しています。

 

うーん
うーん
私が起業してもうまくいくかどうか不安になってきました。
起業家に向いているかどうか診断する方法ありませんか?

はい。あります。

起業に向いているのかどうかを診断するシートを作りました。

講座や個人セッションを行うときに、私から投げかけている質問をもとにつくりました。

厳選した70の質問から成り立っています。

私がすべての人に向き合うわけにはいかないため、今だけ無料で配布します。

この診断シートを使えば、判断の目安になります。下記からどうぞ。

>起業に向いている?向いていない?早わかり診断シート

起業は感動のステージ

本記事の冒頭にも書きましたけれど、起業するのは誰でもできるのですが、稼ぎ続けられるかどうかは別の問題です。

男女別に起業家の企業規模を見ると、女性起業家の個人所得は7割が100万円未満となっている
出典:女性起業の現状と課題 – 中小企業庁 – 経済産業省https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H24/H24/html/k222200.html

上記のような調査結果もありますけれど、「どこまでやるか」には個人差があります。

統計データの中には「月3万円でも稼げればいい」と考えている女性も含まれているはずです。

稼ごうとしている金額がもともと低い人も含まれている可能性が高いのです。

起業しようと考えているのであればあきらめないでくださいね。

かくいう私も起業して思うのですが、自分の提供したものに「ありがとう」と感謝してもらえるのは最高の気分を味わうことができます。

確かに困難なことにも多々出くわすことになるのですけれど、それ以上の感動を味わうことができる。

この感動が起業の醍醐味なのではないかなと思うのです。

会社員でがんばるのも、起業してがんばるのも稼ぎ続ける難易度は同じように思います。

ルールや場所が違うだけではないかと。ご自身に合った道を選ぶといいですよ。

以上となります。

人気の講座

稼ぎ力の軸となる強みの見つけ方もわかりやすく解説。
少人数制。※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました