キャリアUP・仕事・働き方

やりたくない仕事なら逃げるのもありなお話【注意点も公開】

やりたくない仕事なら逃げるのもありなお話【注意点も公開】

やりたくない仕事を続けている人
やりたくない仕事を任されています。
逃げるのはよくないですよね?

そんな疑問に答えます。

 

結論、どうしてもやりたくない仕事であるならば逃げる道もありですよ。

 

本記事をお読みになることで、楽しく生きる道を勝ち取ることができますよ。

 

この記事の内容です

  • やりたくない仕事なら逃げるのもありなお話
  • 逃げる前にチェックすること
  • 「逃げる」という言葉は適切ではない
  • やりたくない仕事が教えてくれること
  • キャリアの一貫性崩れを怖がる必要はない
  • やりたくない仕事に向き合う方法
  • やりたい・やりたくないは浮気性
  • 自分を見つめ直そう

 

この記事を書いている私も

  • 新卒入社した会社は8ヶ月で退職。
  • その後にやりたくない仕事を26年。

というキャリアあります。そんな私が最高におもしろい仕事に出会って早10年経ちました。

 

現在は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

 

女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。

日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。

 

今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。

 

大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

 

 

やりたくない仕事なら逃げるのもありなお話

やりたくない仕事なら逃げるのもありなお話

繰り返しになりますけど、どうしてもやりたくない仕事なら逃げるのもありです。

 

「継続は力なり」とか言われるし、自分の努力や忍耐が足りないだけではガマンし続けてしまう人も多いです。

 

真面目な人に特に多い。

 

私の仕事柄、これまで身体を壊した経験談をたくさん聞いてきました。

 

身体を壊すようでは、いったい何のために働いているのかよくわからなくなりますよね。

 

生活を充実させるために、仕事をしているわけですから。

 

それほどの苦痛を感じるのであれば、逃げることを考えたほうがいいです。

 

逃げる前にチェックすること

逃げる前にチェックすること

逃げる前にチェックしておきたいポイントがあります。

 

順に解説しますね。

 

(チェック1)決めつけていないか?

やったこともない仕事にも関わらず、やりたくないことと決めつけていないかチェックしましょう。

 

実際にやってみると、思うほどイヤではなかったというはいくらでもあります。

 

「やらず嫌い」になっていないかチェックしましょう。

 

(チェック2)未来はあるか?

目の前のやりたくない仕事を続けることで、自分の明るい未来が待っているのか否かをチェックしてみるといいです。

 

明るい未来が開けるのであれば踏ん張るのもひとつの策ですけど、先が見えないのであれば逃げるのもやむなしというところでしょうね。

 

(チェック3)次にやることを決めているか?

やりたくない今の仕事から逃げたあとのことを考えておきましょう。

 

「休む」でもいいですよ。

 

やりたくない仕事から逃げるとき、メンタルが落ち込みがちです。

 

次に何をするか決まっていると、希望が生まれ落ち込みを防ぐことができます。

 

次にすることが思い浮かばない場合は、何がしたいかわからない人のための天職と思う仕事の見つけ方読むとヒントが得られます。

逃げる判断基準を知りたい人は、会社員に向いてない女性10の特徴【辞める判断基準も公開】に解説あります。

 

「逃げる」という言葉は適切ではない

「逃げる」という言葉は適切ではない

「逃げる」という言葉はどうにもよくありません。

 

あまり口にしたくない言葉です。

 

やりたくない仕事から逃げるのではなく、本来の自分の居場所へ移る行為と思いましょう。

 

逃げると考えると、人生の汚点として心に染み付いてしまいます。

 

自己肯定感を低めることにつながり、いいことないですよ。

 

「逃げる」のではなく適所に「移る」だけのお話ですからね。

 

やりたくない仕事が教えてくれること

やりたくない仕事が教えてくれること

やりたくない仕事の経験はムダになりません。

 

重要なことを教えてくれます。

 

自分を活かせる仕事のヒントです。

やりたい仕事がハッキリしている人なんて少ないです。でも、やりたくない仕事は思い浮かびやすいもの。

やりたくない仕事を棚卸しして、消去法で続けられそうな仕事をあぶりだしていくのです。

 

かくいう私も、新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しています。

 

電話セールスの仕事でした。

 

ガチャ切りの嵐で、「勝手に電話するな」と怒られることもしばしば。

 

この経験から欲しいと思っていない人に売り込む仕事を二度としたくないと思えました。

 

もっと人によろこんでもらえる仕事をしたいと思い、今の仕事につながっているのです。

 

やりたくない仕事は、やりたい仕事を導くヒントを与えてくれるものと考えましょう。

 

キャリアの一貫性崩れを怖がる必要はない

キャリアの一貫性崩れを怖がる必要はない

やりたくない仕事を逃げるとき気になるのはキャリアの一貫性が崩れてしまうことでしょう。

 

次はまったく畑違いの仕事につくことも多いから。

 

でも怖がる必要はないですよ。

 

人生のストーリーはつながっていくものですからね。

やりたくない仕事をしたからこそ、次に何をするかヒントを得たのですよ。つじつまは合ってくるものです。

それに、やりたくない仕事の経験は、次以降の仕事に役立つことなんてけっこうある話です。

 

私は不動産会社に勤務したたった8ヶ月の経験が、不動産投資をするときの大切な経験となっています。

 

また合わない仕事を続けた経験や、ノルマに厳しい会社員の気持ちなどは現在の仕事をする上で大いに役立っています。

 

ムダはないものですよ。

 

”キャリアに一貫性がない”と嘆く必要はまったくない話【転職成功の秘訣】も読んでおくといいでしょう。

 

やりたくない仕事に向き合う方法

やりたくない仕事に向き合う方法

やりたくない仕事を、どうしても続けなければならないときありますよね。

 

そのようなときはどう対処したらいいか順に解説します。

 


(1)「いつでもやめられる」と心を収める

やりたくない仕事がエンドレスに続くと思うと、絶望的になってしまうものです。

 

そこで、3ヶ月やってどうしても嫌だったらやめようみたいに自分なりの期限を区切っておくといいです。

 

期限があると気持ちはかなり楽になりますからね。意外に続けられるものだったりします。

 


(2)一刻も早く終わらせる

やりたくない仕事をするときは、「仕事のスピード」に意識を向けるのもうまいやり方です。

 

一刻も早く終わらせることを考えること。

 

仕事スピ-ドに意識を向けることで、やりたくない気持ちを反らすこと狙いです。

 


(3)とにかく手を動かす

「やりたくないなぁ」と考えている時間は苦痛を生み出します。

 

どうせやらなければならないのですから気持ちがのらなくても「えいっ!」とスタートさせてしまいましょう。

 

行動を起こすことで動作興奮が起こり、やる気はあとから湧いてきます。

 


(4)耐えている自分をほめる

やりたくない仕事を続けている自分をほめ続けましょう。

 

実際、すごいことじゃないですかね。

 

やりたい仕事の100倍くらい労力感じることをしているのですから。

 

ほめるに値することです。

 


(5)ご褒美をあげまくる

やりたくない仕事が終わったら、すぐにご褒美を自分にあげるといいです。

 

バチが当たることはないですよ。

 

エステに行くでもなんでもいい。

 

ご褒美の頻度を上げて、やりたくない仕事を乗り切ることだけ考えましょう。

 

やりたい・やりたくないは浮気性

やりたい・やりたくないは浮気性

やりたい・やりたくないという感情はけっこう浮気性なものです。

 

やりたくないと思っていた仕事でも苦痛なくできるようになるケースを多々見てきました。

  • その仕事の意味を知ったとき
  • 誰の役に立つか知ったとき
  • ほかの人にはあまりできることではないと知ったとき

などです。

 

最初はやりたくないと思っていたことも、やっているうちにおもしろさに気づき始めたなんて人もいます。

 

私の塾に通っていた受講生ですけど事務職から営業職に移動になった女性がいました。

最初はイヤイヤやっていた彼女も、売れたときの喜びを一旦味わったのち、営業の仕事がおもしろくなってしまいました。

 

やりたい・やりたくないという気持ちはけっこう移り気です。

 

自分を見つめ直そう

自分を見つめ直そう

私たちは仕事をしている時間が長いですよね。

 

やりたくない仕事に時間を費やすことから逃げたくなるのは普通の感情ですよ。

 

ついついネガティブな感情に引っ張られてしまいがち。

 

ポジティブな意識を取り戻すには、自分自身にポジティブ傾向の強い質問を投げかけていくことです。

 

そこで自己肯定感を高める100の質問集をご用意しました。

 

この質問は私が個人セッションを行うときなど、参加者の自己肯定感を養うためにする質問の一部です。少しでもお役に立てたらうれしいので無料で配布します。

 

高額教材売りつけたりとかしませんのでご安心くださいね。下記からどうぞ。

http://asanoyoshio.com/cyfons/cf/l74fe4j

※予告なく配布を終了します。

以上となります。

 

人気の記事

ポジティブに生きるコツ【マイナス思考を脱する100の質問シートつき】

コメント

タイトルとURLをコピーしました