強み

自分の長所が思いつかない理由と見つけ方|短所に目が向き過ぎです。面接の自己PRに活用!

自分の長所が思いつかない原因と見つけ方【短所に目が向き過ぎです】

自分の長所が思いつかない人
どうしても自分の長所が思い浮かびません。
なぜかな?
長所の見つけ方や、自信を持って答えるコツある?

そんな疑問に答えます。

安心してください

「あなたの長所は?」と質問され、がっちりアピールできる人の方が少ないです。

長所がない人はいません。思いつかないだけの話ですよ。

ヘタな答え方をすると信用を失いかねないので注意。

自分の長所が思いつかない原因は結論、短所に注目し過ぎるから。

それはご本人の問題だけじゃないのでご安心ください。のちほど詳しく解説します。

  • 本記事の主な内容はこちら
  • 長所が思いつかない原因
  • 長所を見つけるコツ
  • 見つける前に絶対知っておくべき事
  • 長所を自己PRにつなげるうまい方法

本記事は面接や就活&転職対策だけでなく、自信をつけたい人にもピッタリな内容です。

この記事を書いている私は、前職では社員採用の業務もしていました。

採用面接のとき「痛い答え」を聞く機会も多かったですよ。読み逃しのないようご注意くださいね。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

?詳しいプロフィールはこちらです

自分の長所が思いつかない原因と見つけ方【短所に目が向き過ぎです】

自分の長所が思いつかない理由と見つけ方【短所に目が向き過ぎです】

繰り返しになりますが、自分の長所が思いつかない原因は結論、短所に注目し過ぎるからです。

短所に目が向く理由は、短所克服主義に偏る日本の教育がからんでますね。

短所に注目し、ダメ出しを繰り返し続ける教育を受け続けた代償です。

もしも短所ばかり思いつくようになっていたら、自分が悪いと責めないでくださいね。

長所が見つからない原因

もうひとつの原因について、ひとつ例をあげて解説します。

飲み会の席で、

「あなたがいると場の空気が和むわ。あの会が盛り上がったのはあなたのおかげよ」

と、仮に言われても、本人はピンとこないのが現実でしょう。

本人は無意識にやっていることであり、実感がないからです。

実感がなければ気づけないのもあたりまえですよね。

しかし、例にあげた場の盛り上げ力は、長所であることは間違いないはず。

何が言いたいかというと、

自分の長所は実感ある・なしは関係ないということです。

長所が自分で考えても思いつかない原因のひとつですね。

ちなみに短所に気づきやすいのは、実感しやすいからですよ。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

失敗したり、怒られたりする「痛み」が伴いますからね。

長所とはナニモノなの?

多くの人は「長所」と「強み」を同じものだと思っています。

確かに間違いではないですけどね。

しかし一点、異なるところがあります。次のとおり。

長所 強み
他人と比べないもの 他人と比べるもの
  • 長所は他人と比べる必要がないのです。

つまり長所は、特別なモノサシがあるわけではなく、優れていると思うものでOKということですよ。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ここ覚えておかないと、つい短所の方に気を取られてしまいますよ。

長所を見つける作業前に絶対知っておくべきこと【短所の実態】

長所を見つける作業前に絶対知っておくべきこと【短所の実態】

自分の長所を見つけるために予め知っておくべきことがあります。

それは長所を多い隠す短所の実態を知っておくことです。

実態を知らないと、せっかく長所を見つけても心が受け付けなくなりますよ。

そこで、短所の実態について解説します。熟読してくださいね。

短所の実態

短所には次にあげる3つの要素があります。

  1. 短所は人間味を生む
  2. 他人との比較で短所とわかる
  3. 短所の中にも長所が潜む

以上の3つ。順に解説しますね。

短所は人間味を生む

短所の実態1つ目は、短所は人間味をを生むものであるということ。

仮に何をしても完ぺきな人がいたとしましょう。

相当な威圧感が出ますよ。ロボットみたいな感じ。近寄りがたい雰囲気ですよね。

そこで短所は、人としての魅力(人間味)を生み出す大切な要素になりうる。

例えばバリバリのキャリアウーマン女性がいたとします。

しかし、ひどい方向音痴で営業先にたどり着けず、まごついているなんて場面を思い浮かべてください。

なんとなくかわいい感じもして、親近感も湧くでしょう。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

短所は人間味を生む大切な要素でもあるのです。

他人との比較で短所とわかる

短所の実態2つ目は、他人と比べるから短所とわかるということ。

  • 誰しも、基準がなければ、短所はわからないはずです。

基準になるものとは「自分以外の人」です。

例えば自分の短所は「せっかちなこと」と思っていたとします。

しかし、仮にまわりの人も自分と同じタイミングでイライラしていたら「せっかち」と認識できなかったはず。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

短所は自分以外の人がいてわかるものなのです。

短所の中にも長所が潜む

短所の実態3つ目は、短所の中にも長所が潜んでいるということ。

短所と思い込んでいることは、長所につながっていることがあります。

例えば、

「せっかち」という短所は「決断が早い」という長所につながっている場合が多いです。

短所の中には長所につながっている要素があるのです。

「強みは弱みの裏返し」ではない。弱みは個性の一つである理由 の記事も参考になりますので気になったらお読みくださいね。

自分の長所の見つけ方

大切なことなので繰り返し言います。

長所は(本人に)実感ある・なしは関係ないです。

そこで、

長所を見つけるヒントになるのは他人からの反応(リアクション)です。

自分が何気なくしていたことでも、他人からポジティブなリアクションをとられたときのことを棚卸しするのです。

ポジティブなリアクションとは、例えば

  • 褒められた
  • 驚かれた
  • 感心された
  • 感動された
  • 感謝された
  • 頼られた

みたいなものです。

他人から何かしら好反応があったとき、長所を活かしている場面が多いです。

  • 好反応を受けている「自分にできること」は、長所や強みとなります。

くどいようですが自分自身はピンとこなくても問題ありませんからね。

他人からのリアクションを淡々と思い出してみましょう。

もっとじっくり取り組みたい方のために、自分の棚卸&分析に使える70の質問集を作りました。

他人から好反応を受けた場面を思い出すための質問集です。

私が個人セッション(月々3万円)をするときに、クライアントに投げかける質問から厳選したものです。

本来であれば有料級のものですけれど、今なら無料でお配りしています。

下記から今すぐ入手できますので必要であればどうぞ。

自分の棚卸&分析に使える70の質問集

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします。

もうひとつ大事なことをお伝えします。

「自分らしさ」も長所や強みにつながる大切な要素です。

詳しくは、強みが見つからない人に教えてあげたい「自分ブランド」思考法をお読みくださいね。

長所をかき集める方法

長所をかき集める方法

長所をより多く&深く理解するためには自分史を書くことです。

自分史とは、生まれてから現在に至るまでの経験と感情を順に書き出したものです。

私の講座のカリキュラムでは、実際に自分史を書いてもらっています。

こちらが、自分史の実物画像です。

受講生たちが書いた自分史の実物画像です。

「そこまでやらなきゃいけないの?」と思われるかもですが、答えは「YES」。

世の中には強みや長所を見つけるための診断ツールが出回っています。ぜひ一度試しにあれこれやってみてください。

最初は気持ちが軽くなるかもですが、しばらくするとモヤモヤするでしょう。

  • 根拠がボンヤリしているからです。

モヤモヤを防ぐには、長所につながる経験を洗いざらい見つけ出し、自分の心に打ち込んで行く作業が必要なのです。

自分史を書くことは苦行です。しかし書ききった人だけが得られる一生ものの宝を得られます。

自分史を書くと見えてくるもの

自分史を書くと見えてくるもの

いったいどのような宝を得られるのか?

実際に自分史を書いた受講生たちの感想は下記のとおりです。
(※実際に受け取った感想の原文そのまま掲載しています)

今まで生きてきた中で、本当にびっくりするくらい色んなことを経験してきたなと思った。平凡な人生と思っていたけど、唯一無二で同じ経験をした人はいないんだなと思った。

「振り返ることで楽しい記憶が蘇って笑っちゃったり、逆に涙が出たりもしたけど、それが生きてきた証ということなんだなと思った。

「書きながら苦しくなることもあった。一方で思っていたより楽しく過ごした時間があったことも思い出せた。一通り書き終えた今でも、書き足すことが出てくる。

書いた人だけがわかる話

上記をお読みになると理解いただけたと思いますが、

自分史には、自分の経験を客観的に見たり、忘れていた経験を思い出したりする効果があります。

再三お伝えしていることですけれど、自分の長所を活かしている場面は無意識にやっていることばかり。

ですから、ここまでやらねば思い出そうとしても思い出せないことも多いのです。

年齢を重ねてしまうと転職するにもイバラの道が待っています。

自分史を書くことすらキツイと思うなら、転職のイバラ道を歩くことはむずかしいと考えていいかもしれません。

  • 自分史を書くのは一生に一回で充分です。

自分史を書き、長所の根拠に結びつく体験談や実績を見つけ出してくださいね。

長所発見でやりたい事が見えてくる理由

長所が見つかるとやりたいことが見えてくる理由

自分史を書き、長所を象徴するエピソードを多数見つけだすと、自分の土台のようなものができます。

土台とは、「コレをすると他人も喜び自分の心も潤うものだな」とわかるような感覚です。

その感覚こそ、自分のやりたいことにつながるもとになるものです。

過去の経験が何よりの証拠になるホンモノの感覚ですね。

自分史を書いてみようと思う方は、完璧に自分の振り返りをする方法【自分史でヌケモレない人生棚卸し】に詳しく解説がありますので参考にしてくださいね。

あなたの長所は?の質問を乗り切るコツ

あなたの長所は?の質問を乗り切るコツ

突出した長所があればいいのでしょうけれど、そんなのほとんどの人にないですからね。

そこでちょっとした裏ワザ的なものをお教えします。

下記を意識して乗り切りましょう。

  • 「あなたの長所は?」の質問を乗り切るコツ(裏ワザ?)
  1. 長所の根拠となるエピソードを語る
  2. 長所の源泉を語る
  3. 質問意図を意識する
  4. ムダな謙遜はしない
  5. 第三者の評価を混ぜる

順に解説します。

長所の元となるエピソードを語る

質問を乗り切るコツの1つ目は長所の根拠となるエピソードを語ることです。

「人をまとめるのがうまい」という長所であれば、人をまとめた経験談を語る。

  • 日時まで語るとけっこうリアリティでます。

「○年○月○日のことですが」なんて冒頭から始まるとリアル感満載ですよ。

また経験談を語るときは、声を大きくして情熱的に語るようにしましょう。

人は仕草や表情など非言語と呼ばれるものからも察知しています。

自信なさげに話されたら、どんなにすごいエピソードであってもしょぼい話に聞こえるものです。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ご注意ください。

長所の源泉を語る

質問を乗り切るコツの2つ目は長所の源泉を語ることです。

例えば、こんな感じ↓

長所 人をまとめるのがうまい
源泉 子どもの頃から妹たちの面倒をみて培われた

みたいなものですね。

源泉は当たっているか間違っているかなんて誰も調べようがありません。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

納得感されそうなものを自分史から拾っておけば大丈夫ですよ。

質問意図を意識する

質問を乗り切るコツの3つ目は質問意図を意識することです。

質問する相手も輝かしいことを期待しているわけじゃないですよ。

むしろ「この人だいじょうぶかな?」という不安の方が大きいわけで。

就活面接での長所を聞く質問意図は、

  • すぐに辞めないかな?(適応力)
  • 活躍してくれるかな?(将来性)
  • 既存メンバーとうまくやれるかな?
    (コミュニケーション)

という3点でしょうね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

質問意図がわかれば、的外れな回答をせずに済みますからおさえておきましょう。

ムダな謙遜はしない

質問を乗り切るコツの4つ目は、ムダな謙遜はしないことです。

ムダな謙遜は命取りです。相手を不安におとしめてしまうから。

例えば

「大したことはないのですが○○~」

「○○くらいしかありません」

みたいなやつ。

前にも書いたように長所は他人と比べる必要のないもの。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ムダな謙遜をせず自信を持って答えましょう。

第三者の評価を混ぜる

質問を乗り切るコツの5つ目は、第三者の評価を混ぜることです。

自分以外の人から言われてるよという表現ですね。

(例1)「○○さんから」お褒めの言葉をいただきました

(例2)「○○な人から」良く言われます。

みたいなやつです。

「○○さん」の権威性をアピールして信用力を高めるのが狙い。

権威性とは経歴、学歴、受賞歴、資格などですね。

できるだけ信用力が高いと感じるもので表現するといいでしょう。

  • 「そんなすごい人に認められたのね」と質問者に評価されます。
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

本当のことを語り、余計なことを言わないようにする程度でOK!自然ないい自己PRになるので♪

どうしても長所が見つからない人へ

最後に補足ですけれど、

短所を受け入れなければ長所は絶対見つからないです。

本当の自分の受け入れを拒否している状態ですから。

長所を探すどころじゃないでしょう。

そんな心理状態では、自信を持って長所をアピールできないです。

かくいう私も短所の受け入れに苦労しました。

まともに勉強せずに大学を卒業したときも、そんな自分を隠すのに必死だったように思います。

もしもこの記事を読んでも長所が思いつかないのであれば、短所を受け入れることから始めてみたほうがいいです。

大変難しいことですけれど、やらなければ長所に出会えなくなる。

そして短所を受け入れると、本心からやりたいことも見えてくる。

この記事をきっかけに本当の自分に気づいてくださいね!

以上となります。

まとめ
  • 自分の長所が思いつかない理由は短所に注目し過ぎるから。
  • 短所に注目し過ぎる原因は日本の教育方針によるもの。
  • 本当の強み(長所)の意味を理解していないと、「短所(弱み)」に思考が持っていかれてしまい見つけることができない。
  • 本当の強みというものは、「自分のあたりまえの中にある価値」のことを言う。
  • 自分の長所(強み)を見つける作業前に絶対必要なことは、短所の実態を知っておくこと。
《短所の実態について》
  • 短所は長所を引き立てる魅力である
  • 他人と比べなければ短所自体が存在しなくなる
  • 短所が生み出しているメリットが隠れている
  • 自分の長所の見つけ方は、他人から高評価を受けたポイントを棚卸しすること。
  • 長所をかき集める方法は自分史を書くこと。
  • 自分史を書いた人だけがわかる話…自分の長所(強み)を活かしている場面は、自分ではあたりまえのようにやっていることばかり。なので、(自分史を書かなければ)思い出そうとしても思い出せないことも多い。
  • 長所が見つかるとやりたいことが見えてくる。

以上となります。

人気の記事

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

コメント

タイトルとURLをコピーしました