強み

「強みは弱みの裏返し」ではない。弱みは重要な個性である理由|面接で短所を聞かれたら?

「強みは弱みの裏返し」ではない【弱みは大切な個性の一つです】面接で短所を聞かれたら?

強いは弱みの裏返しなのか知りたい人
強みは弱みの裏返しとよく言われるけど本当?
面接で短所を聞かれたらどうしよう。
自分の強みもわかりません

そんな疑問に答えます。

結論、「強みは弱みの裏返し」と単純なものじゃないです。

単純に裏返しても、本人はピンとこない場合がほとんど。

それでは胸を張って「強みです」とは言えませんよね。

違和感の正体をこの記事で解説します。

もしも面接で弱み(短所)を聞かれてもだいじょうぶ。

うまいかわし方ありますよ。

本記事で合わせてお話しますね。

  • 本記事の内容です
  • 強みは弱みの裏返しの違和感
  • 弱みを深堀りして解決
  • 弱みは自分の個性【重要です】
  • 面接で弱みを質問された時の回答法
  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

「強みは弱みの裏返し」に潜む違和感

「強みは弱みの裏返し」に潜む違和感

繰り返しになりますけれど「強みは弱みの裏返し」という単純なものではないのです。

以前、弱みを活かして強みを伸ばすハイブリッドな克服方法【仕事に活用するコツ】という記事を書きました。

この記事に、本人は弱みと思い込んでいたものが、実は強みであったというケースが多発していると書いてます。

それでも「強みは弱みの裏返し」という単純なものではないです。

事例をもとに説明しますね。

(弱み):作業に時間がかかる
(弱みの裏返し):仕事が丁寧
(弱み):おせっかい
(弱みの裏返し):積極的
(弱み):気が弱い
(弱みの裏返し):思いやりがある

いかがでしょう。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

なんとなく違和感ありませんか?

単純に弱みを裏返すと「事実とズレている」「間違いじゃないけどしっくりこない」というちぐはぐな感じが残ります。

うーんなるほど
うーんなるほど
しっくりこない感にどう向き合えばいいの?

弱みを深堀りしよう【違和感の原因】

弱みを深堀りしよう【違和感の原因】

自分が弱みと思い込んでいるものを分析し、事実と異なるところを追求することが大事。

先ほどあげた例をもとに解説しますね。

(例)「作業に時間がかかる」

以上を深堀りしてみます。

「作業に時間がかかる」の深堀り

  • 集中力が続かないので時間かかる。
  • 好きでないことに時間がかかる。
  • 子どもの用事を優先してしまう。

上記「作業に時間がかかる」ことについて、もしかすると好きなことをしているときは、時間はかからないかもしれませんよね。

集中できるかもしれないので。

また、子どもが寝た後なら同じく集中してできるし、限られた時間ということもありスピードアップするかも。

ともすると、

  • 「作業に時間がかかる」と単純に言い切れないですよね。

多くの場合、本当の弱みと、弱みとは言い切れないものが混ざっている。

混ざった状態こそが、違和感のもとになっているのです。

弱みは自分の個性【重要】

弱みは自分の個性【重要】

ここであらためて見直すべきは「弱み」のとらえ方です。

決して悪ものではありません。

今生きている私たち一人ひとりは、「ヒト」という生物の中で、最強の遺伝子を持った個体です。

まったく自覚ないことですけれど、現在の環境に最も合う最強の遺伝子の組み合わせの個体が生き残っている。

「いきなり遺伝子の話ですか?」とビックリされるかもですね。

でも大事なこと。

何が言いたいかというとですね。

そんな優れた遺伝子を受け継いだ私たちが、「弱み」と思い込んでいるものにも、必ず存在価値はあるということ。

人間社会はジグソーパズルのように成り立っている。

強みと弱みを持った個体が、寄り添いつつ生きているから成り立つ。

誰かの弱みは誰かの強みであり、逆に誰かの強みは誰かの弱みです。

断言します。

  • 弱みは個性のひとつ。

自分の弱みをサポートする人がいて、自分の強みを必要とする人も必ずいます。

私たちの弱みは、だれかの強みを活かす場をつくっていると言えるのです。

もちつもたれつで私たちは生きている。

「弱みがあるのは当たり前のこと」と胸を張りましょう!

ありがとうございます
でも面接で弱みを聞かれたらどうしようかな。

面接で弱みを質問された時の回答方法

面接で弱みを質問された時の回答方法

「あなたの弱み(短所)は?」というくだらない質問を就活面接のときに聞かれることもあるでしょう。

この質問は、うまくかわしましょう。

この質問によって面接官の知りたいことは、

  • 業務に支障がない弱みか?
  • 周りに迷惑をかけることはないか?
  • 弱みを本人はどうとらえているか?

以上を知りたいだけです。

その質問に対し、さしさわりない答えを用意すればいいだけ。

例えばあなたが営業職を希望していたとしましょう。

「背が低いので目立たないことが弱みです。なるべく姿勢を正して歩くように心がけています」

みたいな回答でOK。

弱みとして伝えたことは、営業職にまったくさしさわりない。

さらに「伝え方」にもコツあります。

弱みに対して答えるときは、堂々と胸を張って面接官に答えること。

弱みに対して質問されると、自信なさげに答える人が多い。

他の人と差をつけるチャンス。

自分の見せ場と思うくらいでちょうどいいですよ。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

私は前職では採用面接を行う立場だったもので、これやられたらたまらないわ、苦笑

弱みに目が向くのは本能

強みを見つけようと過去を振り返ると、弱みにつながりそうな経験ばかり思い出してしまう経験ないでしょうか。

それは危険回避するための本能なので安心してくださいね。

私たちには危険回避の本能があります。

痛い目にあったり失敗したりすると、二度としないように覚えておくよう脳にプログラミングされる。

それだけの話です。

下記記事も合わせてお読みになるといいでしょう。

自分の強み&長所を見つける突破口になりますよ。

私のブログで一番人気の記事です(2021年12月現在)。

弱みに引きづられないように、長所に気持ちを集中させましょうね。

うまく自分の棚卸しをするコツについては、下記の記事に詳しく書いてますので参考にどうぞ。

今回の記事のまとめ

  • 強みは弱みの裏返しという単純なものではない。
  • 事実と相違するところを追求すること。
  • 弱みは自分の個性である。
  • 私たちの弱みは誰かの強みを活かす場をつくっている。
  • 面接で弱みを質問されたらさしさわりない弱みを伝える。
  • 弱みに目が向くのは本能でしかない。

以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました