生き方

自分の価値観で生きる方法|他人の評価&行動に左右されない生き方【体験者が語ります】

自分の価値観で生きる方法|他人の評価&行動に左右されない生き方【体験者が語ります】

自分の価値観で生きる人生に憧れる人
自分の価値観で生きられるようになりたい。
何から始めたらいいの?
他人の価値観に流されない生き方したいな。

そんな疑問に答えます。

自分の価値観で生きるって、誰にも平等に与えられている権利です。

そこでいきなり大切なことをお話しますけれど、権利とは実行しない限り機能しません。

つまり、ぼうっとしてるだけでは自分の価値観で生きられる日は来ないってこと。

私自身、自分の価値観で生きられるようになるまでけっこうな時間を費やしましたしね。

これまでの体験をもとに、自分の価値観で生きるために必要なことについて書きました。

自分らしく働き、自分らしく生きたいと考える人たちに向けて書いてます。

予めお断りですけど、努力を惜しむ人には、役立てない記事ですのでご了承くださいね。

最後までお読みくださいね。

3分弱で読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

自分の価値観で生きる方法

自分の価値観で生きる方法

いきなり結論ですけど、自分の価値観で生きる方法は、自分の価値観で生きる覚悟をするだけ。

具体的には、自分のやりたいことを深堀りしつつ、なりたい姿めがけて歩き始めること。

「それだけですか?」と言われそうなのでハッキリいいます。

それだけですけど簡単なことじゃない。

やり抜くには、他人の評価や行動に左右されないようにしなきゃですからね。

そのためにブレない自分軸も必要になる。

まずは自分の価値観で生きるとは、どういうことなのか知っておきましょう。

自分の価値観で生きるとは?

自分の価値観で生きるとは、他人の評価や行動を気にせず、自分らしい人生を送ること。

それ以上も以下もないですよ。

やり抜くのは難しい【悲報】

口で言うのは簡単ですけど、自分の価値観で生きるってけっこう難しいものです。

その理由は3つ。

  1. 親から価値観を刷り込まれるから
  2. 同調圧力あふれる日本社会だから
  3. 他人の価値観を見る機会が増えた

以上でしょうかね。

順に深堀り解説します。

親から価値観を刷り込まれるから

これ。大きいです。

オギャーと生まれ、親に育ててもらわなけれれば生きられなかった私たち。

親から愛情を勝ち取ることに必死だったはず(無意識だけど)

そのためには、親の価値観に従わざるを得なかったですよね。

もしかしたら「そうでもなかった」と反発したくなるお気持ちもわかります。

でも、まったく影響受けてない人はほぼいないでしょうね。

親の価値観は、自分以外の価値観であるとよく覚えておくといいですよ。

同調圧力あふれる社会だから

親の次に待っているのが、社会からの同調圧力です。

周りに合わせた考えや行動をとるよう仕向けられる圧力です。

簡単に言えば「右にならえ」ですね。

多くの女性が体験していると思うけど、子どもの頃、代わる代わるクラスメイトを無視するなんてこと行われていたでしょう。

あれって、はみ出し行為を防ぐ同調圧力の仕業です。

そして社会人になっても同調圧力は続く。

個性的な考えや行動は白い目を浴びやすい。

自分の価値観で生きる大きなハードルです。

他人の価値観にふれる機会が増えたから

スマホやSNSの普及によって、私たちが他人の価値観に触れる機会が劇的に増えました。

まるで他人の価値観洪水の中で生きてる感じですよ。

Aという店がいいだの、Bというアイテムがおすすめだの見たくなくても目に飛び込むようになりました。

知らず知らずそんな情報に洗脳される。

自分がやっていないことを他人がしている姿を見ては、ため息をついたり。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

自分の価値観が見えづらい時代ですよ

自分の価値観を認識する

自分の価値観で生きるには、そもそも自分の価値観を認識しなければなりません。

そのためには自分の本心にじっくり向き合わなければならないのです。

これもかなり注意が必要。

なぜなら私たちは、無意識に他人の価値観を自分の価値観と思いこんでいるから。

例えば「早起きしなきゃ」とか「貯金しなきゃ」とかもそうじゃないですかね。

「○○しなきゃ」と思うようなものは大抵、他人の価値観です。

自分の価値観を認識する具体的方法は、下記をお読みください。

他人に左右されない自分づくり【重要】

私たちは、他人からどう見られているか気になるものですよね。

社会で生き抜くためには、ある程度仕方ないことです。

勤務先で傍若無人な振る舞いしてたら即クビでしょうしねぇ。

そこでどうしたらいいかと言うと、「他人の評価による自分」と「本来の自分」を切り分けて自分を見つめることからスタート。

詳しくは他人の評価を気にする自分を壊して本来の自分を知る方法をお読みくださいね。

この記事では、他人の評価から自分を守るコツなども解説してます。

価値観貫くに何が必要か考える【超重要】

自分の価値観に気づけたら、その価値観貫くために何をする必要があるか考えましょう。

  • ここに大きな壁が待ってます。

想像してみてください。

大手企業に勤務し、給料も高い人がいたとしましょう。

しかし本当の自分は、DJになりたかったとしたら・・・。

実行する際、親にアレコレ言われるかも。

世間からどんな目で見られるか、なんて恐怖心も湧くでしょう。

しかし自分の価値観で生きるには、その壁を乗り越えなきゃなりません。

大抵、ここで「私はそこまでしてやりたいことじゃない」なんて自分にウソをついて一生を終える。

何を言いたいかというと、現実は残酷ということです。

自分の価値観で生きるためには失うものがある。

自分の価値観で生きるってそういうもの。

うーん
うーん
なんか厳しいですね。
ツラそう。。
あきらめたほうがいい?
浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

いいえ。次を読んでから決めてね

得られるものは【毎日ワクワク】

自分の価値観で生きることで得られるものは、毎日のワクワクです。

期待に胸踊りつつ過ごす日々を手にできる。

仮に、周りから見ると大変そうに見えることでもすべて楽しめる。

たとえキツいことがあってもノー・ストレスです。

なりたい自分の夢が仮に叶わなくても得られるものがある。

  • それは「経験値」です。

他の人にはできない経験値を得られる。

私の知人のNさんは、20~30代の頃、歌手を目指していました。

そこで自由に休みのとれる、完全歩合制の仕事(営業の仕事)を始めました。

そこでNさんに、営業のスキルが身につきました。

しかも売れずに苦しむ同僚にやり方を教え、同じように稼げる人たちをバンバン育てた。

そんな自分の強みに気づけたNさんは、その業種で独立。

現在は会社の経営者になってます。

Nさんのように仮に夢叶わなかったとしても、次の道が見えてくるものです。

自分の価値観を道しるべにして、行動を続ける人に贈られるギフトですよ。

やったー!
やったー!
初めのなりたい自分になれなくても幸せはつかめそう!何から始めたらいい?

自分の棚卸しから始めよう

まずはじっくり人生の棚卸しをするといいですよ。

日々の仕事に追われていると、自分を見つめる時間が取れないものですよね。

半強制的にでも、じっくり自分に向き合いましょう。

そのためには、私の講座に参加するのも一つの手段です。

でもその前に、自分で取り込んでみるといいですよ。

今なら自分の棚卸&分析に使える70の質問集 を無料でお配りしています。

何もないとキツイかなと思い作りました。

私が個人セッション(月々3万円)を行うときの質問から厳選しました。

下記からどうぞ。

※予告なく配布を終了します。

自分の価値観で生きる幸せ【体験談】

自分の価値観で生きる幸せ【体験談】

かくいうはアラフィフになってから自分の価値観で生きる幸せをつかんでいます(けっこう遅い^^;)

今が最高に幸せ。

すべてに感謝できるようになった。

そんな自分に出会えたことが幸せです。

例えば、あたりまえのように手にしていたリンゴ。

自分の好きな仕事で稼いだリンゴはほんとにおいしい。

しかも愛おしい。

やりたくない仕事で稼いで買ったりんごとはまったくの別物に感じる。

同じリンゴのはずなのに。

また、地方に仕事として行けるようになったのも最高。

前職時代、薄暗い事務所の外をながめつつ、毎日そんな自分を夢見てました。(実はこのブログも出張先のホテルで書いている)

旅好きの私は、お金をいただきながら全国へ飛んで行けるようになりたかった。

それは今現実のものとなってます。

毎日のワクワクというのは、日常で得られるものです。

  • 特別な人になる必要はない。

まずは考えてみてほしい。

「自分はどうなりたいのか」

「自分はなにをしたいのか」

もちろん、今すぐ答えが出なくともだいじょうぶ。

歩いているうちに見えてくるから。

以上となります。

この記事のご感想などもいただけたらうれしいです。

LINE友達募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました