自信・自分らしさ・自分軸

負けず嫌いじゃない人の正しい生き方|ライバルは”自分”でいい!ニセ負けず嫌いにも注意

負けず嫌いじゃない人の正しい生き方|ライバルは”自分”でいい!ニセ負けず嫌いにも注意

負けず嫌いじゃない人
おっとりした性格です。
勝ち負けとか苦手で・・・
それじゃだめ?
負けず嫌いじゃない性格の人は、どう生きればいい?

そんな疑問に答えます。

結論から言うと、負けず嫌いじゃなくてもいいですよ。

負けず嫌いを美化する風潮ありますよね。

けれども性格的に「じゃない人」もいるし、無理強いされるものでもないかと。

それに「私、負けず嫌いなところがあって」と口にする人には、本当の負けず嫌いじゃない人も含まれてますよ。

そこで本記事では、負けず嫌いイチオシ文化にちょっとメス入れてみました。

負けず嫌い「じゃない」性格の人に向けて書いてます。

  • 本記事の内容です
  • 負けず嫌いじゃない人の特徴
  • じゃない人の正しい生き方
  • 負けず嫌いになる方法

この記事をお読みになると、「じゃない」自分も好きになりますよ。

最後までお読みくださいね。

3分程度でサクッと読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

負けず嫌いじゃない性格の人の特徴

負けず嫌いじゃない性格の人の特徴

負けず嫌いじゃない性格の人によくある特徴は、以下のとおり

  • おっとりしている
  • マイペース
  • 勝敗にこだわらない
  • 他人に影響されない

少し解説すると負けず嫌いじゃない性格の人は、おっとりしているかもしくはマイペース、競争に興味ない場合多いです。

そのため勝敗にこだわらない特徴あります。

そして負けたとき、多少の悔しさは感じるものの、強いやる気につながりません。

また、

他人に影響されない人も多く、他人をライバルにするという感覚を持ちづらい傾向ありますよね。

負けず嫌いじゃない人の正しい生き方

負けず嫌いじゃない人の正しい生き方

負けず嫌いじゃない人の正しい生き方は次のとおり、

  • 好き&やりたいをトコトンやる
  • 自己更新を目指す
  • ナンバー1よりオンリー1を目指す

以上です。

  • この方がかなり幸せですよ。

わかりやすく解説します。

好き&やりたいをトコトンやる

じゃない人は、やりたいことや好きなことを追求する生き方合いますね。

やりたいことや好きなことをしている間は、ぶっちゃけ勝敗はどうでもいいでしょう。

ひたすら自分に没頭できる幸せな時間過ごせます。

じゃない人は、「結果」以上に「経過」が重要ですよ。

その理由を簡単に説明すると、負けず嫌いな人は、勝つという結果に対してどんな苦痛なことにも耐えます。

つまり経過は二の次。

ところが、じゃない人は違いますよね。

勝つという結果に対して興味を強く持てない。

そこで経過が重要になるのです。

好きなこと、やりたいことをしているときはとことんやっても苦痛を感じずむしろ快感ですものね。

  • 経過に高い価値がある。

そして結果も後からついてくるという感じですね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

好き&やりたいをトコトンやるっておすすめします

自己更新を目指す

じゃない人は「自己更新」を意識するのもうまい生き方です。

昨日の自分より今日の自分のような自己更新ですよ。

自分の知識やスキルを卓越するレベルまで引き上げることに意識集中ですね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ちょっと職人さん的な感じです

ナンバー1よりオンリー1を目指す

じゃない人は悪いことは言わないのでオンリー1を目指した方がいいです。

なぜなら負けず嫌いな人たちは、ナンバー1がお好きです。

そのような人たちと同じ場で戦おうものなら、負けは目に見えているからね。

つまり競わない生き方を選ぶということ。

他にやっている人がいない、もしくは少ない分野でがんばるといいですよ。

自分らしさは自分だけの強み【オンリーワンの見つけ方】自己最高の売り・魅力になります に詳しい解説書いてます。

【注意】ニセモノ負けず嫌いも多い

【注意】ニセモノ負けず嫌いも多い

「自称・負けず嫌い」の人も多いので少し解説しますね。

負けず嫌いの人は、自分が勝たないと満足しない性分です。

一方、

  • 自称の人たちは「負けるのが嫌い」なだけです。

その程度なので負けたときの痛みをすぐ忘れます。

ホンモノの負けず嫌いの人はいつまでも悔しがり、いつまでも負けた痛みを覚えている。

負けず嫌い代表でもあるトップアスリートのインタビューでも「あのときの負けがあったから勝てました」みたいなことよく耳にするじゃないですか。

何よりの証拠です。
ホンモノの負けず嫌いの人は少ない話【ほとんどはニセモノ】にも関連した記事書いてます。

なるほど~
理解できましたけれど、できれば負けず嫌いになりたいなぁ。
いい方法ありませんか?

負けず嫌いになる方法

負けず嫌いになる方法

どうしても負けず嫌いになりたいのであれば、少し解釈を変えるといいです。

目指す自分の姿を思い描き、その姿を目標に定めます。

その目標に向かって努力しまくる。

すると、ままならない自分にイライラするようになります。

努力すればするほどイライラは積ります。

やがてそのイライラは「悔しい」という感情に昇華します。

気づけばライバルのいない「ひとり負けず嫌い」が出来上がりますよ。

そのくらいで充分でしょう。

好き&やりたいことの見つけ方

冒頭で書いたことの繰り返しになりますけど、負けず嫌いじゃない人は、好き&やりたいことを突き詰めた方がいいです。

最終的に結果に結びつきやすいですから。

しかしながら「好きなこと&やりたいことがわかりません」という人も多いです。

少し自分を見つめ直す時間が必要です。

本当の自分を知る方法【わからない人9割】他人に左右されない生き方にくわしく解説しているのでどうぞ。

1勝全敗の部活体験【幸せでした】

私は中学生の頃、バスケ部に所属していました。

それはそれは弱小チームでしたね。

私の世代は公式戦すべて1回戦負け。

練習試合も1回しか勝ったことありませんでした。

只、ぶっちゃけ悔しいという感情は当時ありませんでした。

なんか楽しかったんですよね。

見知らぬ学校、見知らぬ選手たちと試合するドキドキ感。

もちろん勝とうと思ってがんばっている日々の練習。

外から見ると超ぬるぬるだと思いますけど、やっぱり楽しかった。

私の中学がバスケ強豪校だったとしたら、入部してもすぐに辞めていたと思う。

ついていけなかったでしょうね。

もしかしたらバスケットボール自体嫌いになってしまったかもしれない。

どうやら私は負けず嫌いじゃない派のようですね。

そんな私を受け入れていますよ。

もしも負けず嫌いじゃない人が、この記事をお読みになっているなら、負けず嫌いになろうなんてムリしなくていい。

じゃない人の幸せな生き方ありますから。

ぜひこの記事に書いたことを参考にご自身をいたわってあげてくださいね。

以上となります。

この記事のご感想などもいただけたらうれしいです。

LINE友達募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました