自信・自分らしさ・自分軸

【朗報】弱さを認めると自分らしく生きる強さが手に入る|自分の弱さを認める方法も解説

弱さを認めると何が起こるか知りたい人
自分の弱さを認めると何が起こるの?
弱さを認めるとはどういうこと?
自分の弱さを認める方法も知りたいな。

そんな疑問に答えます。

結論、自分の弱さを認めるとみょうに生き易くなりますよ。

自分らしく生きる”強さ”を手にすることができるから。

とはいえ弱さを認めるってけっこうヘビーなものです。

ありのままの自分を受け入れる必要ありますからね。

例えば意気地なしの自分、臆病な自分。

できれば受け入れたくないですよね。

そこで起こる反発心のようなものが私たちを生きづらくさせてます。

へんな仮面をつけてしまうので。

この記事をお読みになれば自分らしく生きる”強さ”を手にできますよ。

  • 本記事の主な内容です
  • 弱さを認めるとはどういうことか
  • 弱さを認めるメリット
  • 弱さを認めないデメリット
  • 弱さを認める方法

この記事をお読みになると、自分の弱さをムリなく認められるようになります。

最後までお読みくださいね。

3分くらいで読めます。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

弱さを認めるとは

弱さを認めるとは、ありのままの自分を受け入れること。

特別な才能があるわけでもなく、何も知らない。わからない。そしてできない。

そんなとるに足らない人間だと全てを受け入れる状態を言います。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

ダメ人間と認めろと言っているわけじゃないから大丈夫ですよ。

弱さを認めるメリット

弱さを認めるメリットは、自分の力を最大限に発揮できることです。

弱さを認めることで”強さ”を手にすることができます。

失敗しても、困難にぶつかっても、臨機応変に対応する強さです。

それゆえ自分を見失いません。

さらに自分の軸が生まれ「人は人。自分は自分」という気持ちが生まれますよ。

弱さを認めないデメリット

常に何かを隠さなければならないデメリットありますね。

強く見せるためウソをつき続けることになります。

やがて自分であって自分でないような気分になり、自分らしさとかけ離れます。

そのほか、

  • 失敗が怖くなる
  • 世間体が気になる
  • 無難なことしかできなくなる
  • 心が折れやすくなる
  • 怒りっぽくなる
  • 嫉妬心が湧く

以上のようなデメリットありますね。

弱さを認めることができない理由

弱さを認めることができない理由としては、
社会的望ましさに縛られているからではないかと。

「ちゃんとしなきゃ」「きちんとやらねば」という縛りですね。

特に日本は、強みを伸ばすより、欠点を克服する教育はびこってますからね。

それもムリもないお話ですよね。

”弱さ”は悪いことではない

弱さは常に悪モノ扱いされますよね。

でも、私たちには弱さもあるから助け合って生きることができる。

寒さに弱い動物たちも身を寄せ合って暖をとるじゃないですか。

身を寄せ合うことができるのは、弱さがあり受け入れているからですよ。

私たちヒトも同じです。

また、
弱さは私たちの個性のひとつになります。

いつも強気の上司が、奥さんに頭が上がらない姿を見たらどう思います?

ちょっと親近感湧くじゃないですか。

それも上司の姿なのですよ。

強さだけでは血の通わないロボットのようになってしまう。

そして弱さは私たちに人間らしさを与えてくれます。

自分の弱さを認める方法

弱さを認める方法としておすすめするのは、「間」をとって考えることです。

  • どのような場面でも「間」をとりましょうね。

「間」の時間に自分と対話するのです。

そのとき「怖いな」「失敗したらどうしよう」など自分の弱さを感じたら、さきほど書いた弱さを認めるメリットを思い出してください。

そこでいい脱力感が湧き、ちょっとした余裕が生まれます。

ここまで意識して何度も繰り返しましょう。

次第にこれまで味わったことのないポジティブなことが起こりますよ。

人から喜ばれたり、モノゴトがうまく運んだりね。

そんな「うま味」を知ると、意識せずとも弱みを認めることができますよ。

弱さを認めるご褒美【体験談】

私の初めて出版した本のプロフィールは「28年間彼女ができなかったが~」という書き出しです。

プロフィールにその一文を入れるのは、かなり勇気のいるものでしたよ。

当時の私は、弱さを認めるとは程遠い男でしたね。

常に強気な発言を繰り返し、コンプレックスだらけの自分を隠していました。

でもこの本を書いていたとき、ありのままの自分をさらさなければ、書いた内容に説得力がないと思いました。

そこでプロフィールに書き込んだ。

ありがたいことに、多くの人にこの本を手にとっていただき、私の人生も大きく変わりました。

当時40歳でしたけれど、自分らしく生きられると思えた初めての瞬間でしたね。

弱さを認めることは恥ずかしいことでも何でもないです。

本当の自分に出会うことができます。

今、私はアラフィフに足を突っ込んでいますけれど、ピンクのスーツを着て現役の講師として立っています。

ヘンな人と思う人もいるかもですけれど、これが私なのです。

弱さを認めている自分の象徴みたいなものですよ。

最後になりますが、弱さを認めると自分らしく生きる強さが手に入ります。

ぜひこの記事に書いてあることを胸に、これからの人生を楽しんじゃってくださいね。

自分の見つめ直し完全マニュアル(無料配布中)

最後になりますけれど、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。ここでしか入手できないものです。

自分の弱さを認めるときにお使いください。数々の質問を自分に浴びせ、答えを導く構成になっています。

 

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで入手できます。(10秒で出来ます)

必要であればどうぞお使いくださいね。

お名前  
メール

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました