キャリアUP・仕事・働き方

仕事で楽したい人が稼いでしまう理由【苦労と感じない事を選ぶ】

仕事で楽したい人が稼いでしまう理由【苦労と感じない事を選ぶ】

仕事で楽したい人
仕事で楽したいと思うって悪いこと?
楽したいと思っています。
そういう人って将来どうなるのかな?
苦労せずに楽に仕事をする方法も知りたいな

そんな疑問に答えます。

結論から先に言うと、仕事で楽したいと考えることは悪いことじゃないです。

仕事をモリモリしている人でも、全員が働き者だと思っていたら大きなまちがい。

その中には楽をしたい気持ちを使って稼ぐ力に変えている人もいます。

楽をしたい「だけ」ですと、朽ち果ててしまうのは目に見えていますけどね。

そこで本記事は、仕事で楽をしたい人のために詳しく解説しています。実現するためには条件がありますからね。

仕事で楽をしたいなら、どうすればよいのかについても書きました。

自由な時間を欲しい人や、ハードワークで将来の不安な人にも参考になる内容です。

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。2000人以上を指導して知り得たことをお伝えしています。

※3分ほどで読めますのでお時間くださいね。

  • この記事を書いている人の信頼性
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

仕事で楽したい人が稼いでしまう理由

仕事で楽したい人が稼いでしまう理由

楽したい人でもけっこう稼いでしまう人がいます。

楽をしたい気持ちを原動力に、仕事を改善&改良に導く人たちです。

たとえば、

  • 工夫する
  • 仕組み化する
  • 整理する
  • 不要なことを無くす
  • 集中する
  • 自分以外の人を動かす
  • 部下を育てる

などを行っています。

どれを行っても自分の仕事は楽になるし、まわりの人にもメリットを与えることができる。

そうなれば会社や自分以外の人たちに必要とされる人材になるため、稼げるようになるわけですね。

仕事で楽をしつつ稼いでいる人たちは、とにかく改善&改良を繰り返します。そのための勉強もするし、スキルも磨く。

そんな人たちは「苦労」を先にして、後から楽を勝ち取ってる感じですね。

仕事で楽をして没落する人

  • 仕事で楽をして没落する人
  • 手っ取り早さを求める
  • 誰にでもできることしかしない
  • 楽を「先」にしてしまう

仕事で楽をしたいという気持ちが前に出てしまい、人生が悪い方に向いてしまう人もいます。

何もしないで楽をしたいと考えてしまうパターンです。

「誰でも手軽に○千万円稼げます」みたいなコピーに騙されてしまうような人が典型ですね。

そこまで極端ではないにしろ、手っ取り早さを求めたり、誰にでもできるようなことしかしない人も徐々に収入は落ちるし、やがて仕事にも就けなくなっていく。

年齢を重ねれば重ねるほど厳しくなっていく感じです。

つまり「楽」を先にすると、あとから苦労がついてくる流れですね。

ここまでをまとめると、先に楽をするか後に楽をするかで人生大きく変わってまうということですね。
うーん
うーん
なるほど。確かにそうですよね。
でも苦労したくないのが本音です・・・
苦労しないで楽になる方法ないですか?

はい。ありますよ。

  • 苦労を苦労と感じないことをすることです。

次に解説します。

苦労せずに楽に仕事をする方法

苦労せずに楽に仕事をする方法

苦労せずに楽に仕事をしたいのであれば、苦労を苦労と思わない仕事を選ぶことです。

フリーで働くMさんの例ですが、細かい書類を書いたり分析するのが大好きな人。

彼女は補助金や助成金の申請書の代筆を請け負っています。

細かくて頭から湯気でそうなことをたくさんしなければなりません。

しかしMさんは「おもしろい」「好き」と感じて仕事しているんですよね。

Mさんにとっては苦労ではなく快楽なのです。

自分のヘンタイ性を探ろう

苦労を苦労と思わないことを探るためには、自分はなんのヘンタイ(変態)なのかを知ることです。

  • 長時間やっても苦にならないこと
  • けっこう短時間でできてしまうこと
  • みな嫌がるけれど嫌いじゃないこと
  • お金をもらわなくてもやりたいこと
  • つい興奮して長話をしてしまうこと
  • 小さいころから続けている習慣
  • どうしても譲れないこだわり

みたいなことを頭に思い浮かべてください。

けっこうわかるようでわからないものです。自分ではあたりまえにやっていることばかりなので。

周りの人との比較も必要ですし、自分の行いで周りがどう反応しているかも分析しなければなりません。

そのためには過去の経験を棚卸ししつつ、驚かれたり関心されたことを思い出す必要があります。

ちょっとやってみようという方のために、自分の棚卸&分析に使える70の質問集を作りました。

私が個人セッション(月々3万円)をするときに、クライアントさんに投げかける質問から厳選しました。

今なら無料でお配りしています。下記からどうぞ。今すぐ入手できます。

※予告なく配布を終了します。

自分らしく生きるだけ

大事なことなので繰り返します。

仕事で楽したいという気持ちをもつことは、悪いことではありません。

  • 行き着くところ、自分らしく生きる道を歩むことにつながるものだと思いますよ。

苦労を苦労と思わないような仕事をしているときは、ストレスもないですし楽しい毎日を過ごすことになるでしょう。

自分を活かしている感も満載。これこそ自分らしく生きるということではないかと。

下記の記事もじっくり読むと今後の方向を決める参考になりますよ。

自分らしく生きるための仕事をする方法7選【実践編】

がんばる人ほど注意が必要

与えられた仕事をひたむきにがんばる人ほど、少し楽をすることを覚えた方がいいのかもしれません。

働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきましたけれど、私の塾の門を叩く人の中には、有名企業に勤務しているような一見、恵まれた環境で働いている人もいます。

しかし、仕事をある程度覚えると「これが本当に自分のやりたいことなのか?」と疑問を抱く人が後を経ちません。

彼女たちに共通することは、本当の自分がわからなくなっているということです。

子どものころから「正しい」と世間から言われることをずっとやり続けてきたからこそ、本当の自分はどうなりたくて、なにをしたかったのか置き去りにしてしまったのです。

これではどんなに恵まれた環境であっても幸せとは言えなくなります。

一度自分を見つめ直す時間を持つといいですよ。

信頼のおける人に一度、胸のうちをお話することをおすすめします。

失敗しない自分を見つめ直す時におさえるべき7ポイントにも詳しく解説していますのでよかったら参考にしてくださいね。

以上となります。

(※この記事を書いている人の自己紹介

この記事を書いている人の講座

キャリアの棚卸しから自分にしかない強みの見つけ方までわかりやすく解説。
※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました