生き方

自分に期待しない方が未来は明るくなる話【行動力が倍増します】

自分に期待しない方が未来は明るくなる話【行動力が倍増します】

自分に期待しない方がいいのか知りたい人
私はあまり自分に期待していません。
それでいいのかしら?
将来どうなるかな。

そんな疑問に答えます。

 

「自分に期待しない」という考え方は、打算的な感じしますよね。

 

そんなことないですよ。

 

行動をうながすにはちょうどよい脱力具合なんです。

 

本記事では自分の未来を明るいものにする「自分に期待しない」生き方について書いてます。

 

絶対に挫折しない目標設定についても解説しました。

 

完璧主義なところがあり、なかなか一歩を踏み出せない人の背中を押す内容です。

 

自己肯定感ありありで、器用にガンガン行動できる人には不向きな記事ですよ。

現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

 

女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。

 

今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。

 

大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

 

 

自分に期待しない方が未来は明るくなる話

自分に期待しない方が未来は明るくなる話

「自分に期待しない」の意味

ここでいう「自分に期待しない」とは、なにか始めたときに思うような結果はすぐに得られないなという思いのことを意味しています。

 

「自信がない」とは別モノです。

 

自分に期待しすぎる危険性

自分に期待していると、ちょっとした努力でサクッと成果を求めたくなります。

 

「おかしいわ。私はできるはずなのに・・・」とか自分を責めやすい。

 

失敗したときのダメージも大きく、途中で挫折する可能性も高まります。

 

やがて慎重になり過ぎてしまい、新しいことを始めるハードルも高まり挑戦しなくなってしまいます。

 

自分に期待しない思考法

自分に期待しない思考でいると、新しいことを始めたときにうまくいかない時間が続いても「まぁそんなものだよね」と思えます。

 

成果が出るまでのスピードって大抵、遅いです。行動量も自分が考えているより多くなければならない場合が多い。

 

この「見当(けんとう)違い」が挫折を生みます。

 

自分に期待しない思考法は、

 

(1)新しいことを始める心理的ハードルを下げる

(2)始めたことを継続させる

(3)「失敗したらどうしよう」という不安を和らげる

 

という3つの効果を得るための戦略的な思考法です。

 

「自信をつけよう」とムリに思うよりも、「自分に期待しないでやってみよう」という方がとっつきやすいですよね。

 

自分に期待しない生き方って、実はわりと攻めの思考法だったりします。

 

時間軸で区切らない生き方

時間軸で区切らない生き方

「1年後までに○○をする」とか時間軸で区切る目標設定は、前向きな人や自己肯定感高めの人にはいいと思いますけど、自己肯定感低くて亀タイプの人に合うと思えません。

 

不器用な私は、子どものころから何を始めても人より時間がかかりました。

 

最初はうまくいかないことばかりです。

 

20代のころに、バイクのレースにハマっていたころがありまして、最初の2年間は一度も勝てないという失態経験があります。

 

「浅野さんはピエロだね」と笑われたこともありますよ。

 

苦しい期間でしたけれど、あれこれ考えた末に、ひとつの思考法にたどりつきました。

 

「勝てるまでやればいい」と時間軸を取り除いたんです。

 

するとスッと自分の気持ちが楽になり、目の前のことに集中できるようになりました。

 

負けたときは「自分に期待しない思考」で乗り切りましたよ。

 

次第に表彰台にも立てるようになり、やっとやめられるときがきました、笑

 

絶対に挫折しない目標設定

絶対に挫折しない目標設定

絶対に挫折しない目標設定の方法があります。

 

目標期限を「死ぬまでに」とすることです。

 

特に年齢を重ねてから新しいことをする人におすすめです。

 

心理的なハードル下がりますからね。

 

ボチボチと自分のペースでやればいいんですよ。

 

私は浅野塾という講座を10年以上開催しています。40代に入ってからの開講でした。

 

始めるときはもちろんドキドキでしたよ。

 

そのときも「うまくいくまでやろう。期限は死ぬまでに」と思って始めましたね。

 

現在も「受講生がひとりでもいたら続けよう」というゆるいハードルで続けています。

 

「才能」はやり抜いたソノサキの話

「才能」はやり抜いたソノサキの話

できない理由を「才能」とやらで片付けてしまう人もいますよね。

 

それもどうかなと。

 

うまくいかないことはすべて「才能がないから」で片付いてしまいますものね。

 

それこそバイクのレースをやっていたころ、自分には才能ないなと何度も思いましたよ。

 

しかし冷静になって見つめてみると知識・技術・経験不足でしたね。

 

才能がどうのというのは、修練を積んだもの同士が語るソノサキのものですよ。

 

始める前から「それは苦手です」とかいう人もいますけれど、同じ原理ですので注意ですよ。

 

他人に期待しない方が楽

他人に期待しない方が楽

他人に対しても期待しない方が楽に生きられますよ。

 

人に対してイライラしてしまう根本原因は、自分が思うような行動を相手がとってくれないから。

 

そこで、「自分がナニモノでもないのに、人をコントロールしようなんておこがましい」と思うと他人への期待はスッとなくなります。

 

他人に期待しないというのは冷たいわけではなく、相手のありのままを受け止めてあげることにつながります。

 

ちょっとクセのある人に出会っても「まぁこの人はこの人だから仕方ないな」と思えます。

 

「自分は期待されていない」もけっこういい

「自分は期待されていない」もけっこういい

自分が期待されていないときは悲しくなるときですよね。

 

しかし見方を変えると、期待によるプレッシャーもなく集中できるときとも言えますよね。

 

銀メダリストが「次は金ですね」とか言われている人を見るとちょっとかわいそうに思えてしまうときもあります。

 

人からの期待が自分のモチベーションになるのであればいいのですけれどね。

 

そうでない人にとってはプレッシャーでしかない。

 

自分に期待されていないという状況も、考え方次第では自分に集中できる良好な状況ですよ。

 

期待に応えることに疲れた人に伝えたい。失うものと得るものという記事も参考にどうぞ。

 

自分への期待値から未来への期待値へ

自分への期待値から未来への期待値へ

今の自分にできることに集中するためには、期待軸を自分にするよりも、これから起こる未来にしたほうがいいです。

 

自分への期待値ですと、過去に経験したことが軸になってしまい行動のジャマをする場合があるから。

 

「これからどんなことが起こるのかしら」と考えつつ上を向いて歩く方が楽しく生きられるかと。

 

自分に期待しない生き方なんてキャッチーなお話から始まりましたけれど、未来に起こることには大いに期待したいですよね!

 

以上となります

 

人気の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました