自分の強み発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方

自分の強み発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方

自分の強みの発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方が知りたい女性
自分の強みの発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方が知りたいです。

誇れるような強みが見当たりません。

そんな私にぴったりな仕事を探したいです。

そんな疑問に答えます。

本記事では自分の強み発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方がわかります。

世に出まわる情報とは考え方が逆になる方法だと思います。

お見逃しのないようにお読みくださいね。

3分ほどで読み終わります。

この記事を書いている私の簡単な略歴です。(必要なかったら読み飛ばしてください)

女性成長支援コンサルタント。

2007年よりビジネスマンや出版希望者を対象とした、自分の強みを発見しプロフィールを作る講座の講師職に従事。経営者やフリーランスのキャリア女性たちでも、自分の能力がわからず強い自信を持てずにいることを知る。

2011年、自分の強みや思いを活かして稼ぐ力をつける女性成長支援の講座を起ち上げる。

幼少期から現在に至るまでの人生史を丁寧にヒアリングする指導に定評があり、キャリアリセットを余儀なくされた育休中の女性、仕事が楽しめなくなった上場企業の女性から起業や独立を目指す女性までが受講。

延べ2000人の強みを見出しつづけた経験により、心を縛る足かせをはずし自分の経験や知識の価値をあきらかにする独自のノウハウを構築。女性の働き方改革の救世主と期待されている。

 

 

自分の強み発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方

自分の強み発見と自分の強みを活かせる仕事の見つけ方

やることは2つです。

(1)世の中の仕事を「悩み(不安や不満)」と「欲」に分けて考える。

 

(2)(1)の悩みや欲から自分が解決できそうなものを探し、自分の強みを導き出す。

 

自分の強みを見つけてから、その強みを活かせる仕事を考えるという発想ではないのですよ。

世に出まわる仕事の内容分析から逆算し、自分の強みを見つける方法。

次から詳しく解説しますね。

 

(1) 世の中の仕事を「悩み(不安や不満)」と「欲」に分けて考える。

まず始めに、世の中にある仕事すべてを欲と悩みの視点で見つめ直してみるのです。

「仕事」とは、必ず誰かの欲を満たすか、もしくは誰かの悩みを解決しています。

こちらを見ると様々な職種を見ることができます。

職種図鑑

dodaの職種一覧

実際にあった求人情報の中から欲や悩みの例を示しますね。

マンションリフォーム営業⇒古くなった住宅を持った人の不満を解決する仕事

 

●保険会社のお客様相談窓口⇒将来の病気やケガなどの不安を解決する仕事

●人材コーディネーター⇒自社に合った人材がわからない会社の不満を解決する仕事

●エステティシャン⇒キレイになりたい女性の欲を満たす仕事

 

以上のような感じ。

仕事というものは、ソノサキに必ず「誰か」の存在が見え隠れしているのです。

この「誰か」の視点を持つことで、自分の仕事への興味の矛先(ほこさき)が今までと変わってくるでしょう。

 

(2) (1)の中から自分が解決できそうなものを探して自分の強みを導き出す。

次に仕事のソノサキに見えてきた「誰か」の欲や悩みに対して、自分が役立てそうなものを探していきましょう。

その欲に自分が応えられそうなものは?

その不安に自分が応えられそうなものは?

その不満に自分が応えられそうなものは?

という視点で考えるのです。

エステティシャン⇒キレイになりたい女性の欲を満たす仕事

を例に考えてみますね。

これまでずっと美容に強い興味関心を持っていた経験や、自分自身が施術を受けたことで経験した感動、使ったお金や時間、得ている知識など過去にさかのぼって棚卸ししていけば良いのです。

この作業を行うと「え~ 自分にはそんなすごい技術や知識なんてないですよ」という心のブロックが起こりがちです。

技術や知識は仕事を始めてから磨き上げればいいとリラックスした気持ちで向き合えば大丈夫です。

仕事に活かせる強みというのは、自身が持つ偏執性(偏った資質)です。

強い興味関心、いくらやっても苦にならない、おもしろい、楽しい、好き・・・などは人それぞれ違った偏執性です。

スキルや知識だけが強みではありません。

自分の偏執性を、次の仕事にぶつけていくことで、仕事に活かせる強みと変幻させていくと考えると良いです。

強みが見つからない人に教えてあげたい「自分ブランド」思考法にも、強みの見つけ方について書いてありますので合わせて読んで見ると良いでしょう。

 

自分の強みを活かした仕事を見つけている女性の事例

自分の強みを活かした仕事を見つけている女性の事例

自分の強みの発見と、その強みを活かした仕事を見つける場合、自分のキャリアの棚卸しと偏執性の理解のために、自分の見つめ直しは不可欠です。

見つめ直しを行う上で、ブランド・プロフィールを作ることが非常に効果的です。

ブランド・プロフィールとは、下記の事例のように自分のこれまでの人生史を繋げて、自分の強みや強みを活かせる仕事までを描いたプロフィールのことを言います。

新井山静さん(管理栄養士)の例

父母の実家は農家・漁師という親族背景を持ち、両親は薬店を経営。食材に恵まれ、健康意識の高い家庭環境に育つ。幼少の頃は食が細く、給食を全部食べきれず帰宅できない苦しみを味わう。食と健康の繋がりに興味を抱き、大学卒業後、 管理栄養士の国家資格を習得。糖尿病専門の病院に就職し、給食管理業務に従事。 好きなように食べられない悩みを持った患者に多く出会う。 その中で食事制限をし過ぎている人にも出会い、 正しい健康情報が伝われば病気を防げると、痛切に感じ続ける。食事を楽しんでもらおうと、外食や宴会もある糖尿病患者向け食事会を 開催し4年間で500人を動員。現在は野辺地町役場初の正職員待遇による管理栄養士として活躍。離乳食から酒のつまみまで指導提供できるオールラウンドプレイヤーとして 9年間で延べ12万人の町民の食事相談を行う。今後は17年間の職務経験を活かし、管理栄養士の地位向上へ向けての 活躍も期待されている。

 

少し解説しますと、彼女は、もともと食が細く、子どもの頃は給食を全部食べられない苦労を味わっていました。

育った環境は薬店を経営している両親や、父母の実家は農家&漁師という家柄ですので健康的な食材に恵まれて育っています。

食と健康の繋がりに興味を抱き、大学卒業後、 管理栄養士の資格取り管理栄養士の仕事に就いています。

これまでのキャリアにモヤモヤしたものを感じたときに私の塾の門を叩いた女性です。

今はすっかり元気になり、バリバリと仕事をしています。※新井山さんの受講の様子はコチラ

ブランド・プロフィールについては「強みとは何か?」の疑問を解決!強み完全バイブル

をお読みになると詳しく解説していますのでご参考まで。

 

本当の自分の強みを活かせる仕事とは?

本当の自分の強みを活かせる仕事とは?

ポジショントーク的な発言で恐縮ですが、これまで9年間、キャリアリセットを余儀なくされた育休中の女性、仕事が楽しめなくなった上場企業の女性から起業や独立を目指す女性まで指導を続けてきました。

彼女たちの本当の自分の強みを活かせる仕事を見い出してきた中で、重要なキーワードは「自分らしく」ということです。

どんなに優れた技術や知識の強みがあっても、ご本人にとって違和感があったり、もっと自分を活かせるものがあるのではというモヤモヤが出たら、その感覚がすべてです。

他人の価値観や意見を介入させると本当の自分らしさは失われてしまいます。

自分らしさを失った状態では自分の強みを活かした仕事はできないです。

「本当にやりたいことは何か?本当にありたい姿はどんな姿なのか?」をしっかりイメージしたのちに、仕事や働き方を考えていくことをおすすめしますよ。

 

人気の記事

 

自分の強みをつくりたい。その強みを活かして好きな仕事に引き上げたい人に

受講生の95.7%が一人で参加してます。
体験入門講座の詳細や申込みページはコチラです。

強み探しばかり12年やって知ったことを語る浅野ヨシオのラジオ

コチラで聞くことができます。運転中や通勤電車で学びたい人向けです。

自分をもっと活かせるようになりたい!今の仕事が好き!と言える自分になりたい人向けのメルマガ

無料ネット通信講座の登録は下記からご登録ください。

《月1回、浅野ヨシオに相談&アドバイスを受けることができるサービスはコチラ》

詳細・申込みはコチラです。