キャリアUP・仕事・働き方

「今の仕事を辞めたい」は甘えなのかを決めるたった一つの答え

「今の仕事を辞めたい」は甘えなのかを決めるたった一つの答え

今の仕事を辞めるのは甘えか知りたい人
今の仕事を辞めたいと思っています。
でもそれは甘えなのかな?

そんな疑問に答えます。

 

今の仕事を辞めたいと思っているのに「それは甘えでしかないのでは?」と自分を縛ってしまう人からよく相談を受けます。

 

そこでこの問題を解決する記事を書きました。

 

本記事の内容です。

女性の生き方やキャリアに向き合う塾を9年間続けています。

 

これまで延べ2000人の転職や起業に役立つ各個人の“強み”を見出し続けてきました。

 

今はこんな本を書いたりして楽しく生きてます。

(※商業出版です。自費出版ではありません)

※詳しくは私の自己紹介ページをご覧ください。

 

「今の仕事を辞めたい」は甘えなのかを決めるたった一つの答え

「今の仕事を辞めたい」は甘えなのかを決めるたった一つの答え

今の仕事を辞めるのは甘えなのかを決めるたった一つの答え。

 

それは、今後の仕事の活躍ぶりにより、甘えでないことが決まるというお答えになります。

 

つまり今の時点では甘えかどうかいくら考えても答えは出ないということ。

 

職を転々として活躍できないのであれば「甘え」の可能性は上がる。

 

しかしどこかで自分にしっくりくるものが見つかり、成果を出すことで「甘えではなかった。この仕事にたどり着く経過地点だった」ということになりますよ。

 

仕事を辞めても後悔しない方法

仕事を辞めても後悔しない方法

今後の仕事に覚悟を決めて挑むことで、今の仕事を辞めても後悔することはないでしょう。

 

このときに得られる「後がない気持ち」は強いモチベーションになる。

 

もちろん次の仕事も自分に合うという保証はないですよね。

 

それでもぜんぜんかまわない。「さらに次」でがんばってみるだけのこと。

 

最終的に自分の中での「ビンゴ!」という仕事にたどりつけばいい。

 

すべてビンゴにつながるまでに必要だった仕事ということになる。

 

目の前の仕事に集中することだけが重要です。

 

甘えかどうかは大きな問題ではない

甘えかどうかは大きな問題ではない

私も同じ悩みを抱えたことがあります。

 

前職では兄や弟も共に長年働いていたこともあり、自分だけがモヤモヤしているのは甘えだと思い自分を押し殺し続けた。

 

しかしながら今振り返ってみると、甘えかどうかはさほど大きな問題ではありませんでした。

 

「頑張りたいけど力が出ない」「まったく興味が持てない」「時間の消化をただ待つ毎日」という状況がひたすら続いている方が大きな問題でしたよ。

 

今の仕事にモヤモヤしている期間をいたずらに過ごして歳をとってしまうと、軌道修正しづらくなっていくことを頭に入れておいたほうがいいですよ。

 

行動は早いに越したことはありません(実感中)。

 

自分にとっての仕事の意味はなにか?

自分にとっての仕事の意味はなにか?

ここで大切なことは、自分にとって仕事の意味はどのようなものかを考えたほうがいいです。

 

私は自分自身にしかできないと思えるようなことをしたい。誰かに役立つことをしたい。

 

そんな自己実現の意味合いが強かったですね。

 

前職でも自社の製品を使い、役立てる人はいるにはいましたけれど、他の人にでもできるのはないかという気持ちがありました。

 

しかも、業界にいる人達も、いつもいっしょにいたいと思えるような人ではなかったのも仕事がしっくりこない要因でした。

 

自分にとっての仕事の意味をきちんと把握しておかないと、次の仕事の判断軸が定まらないので注意してくださいね

 

仕事は人生の幸福度に関わってくる

仕事は人生の幸福度に関わってくる

仕事をしている時間は長いですよね。

 

それだけに仕事で得られる結果だけではなく、仕事をしている「経過」もかなり重要です。

 

やっていて楽しいと思える方が幸福度は高いです。

 

自分に合う仕事を決める軸はどこにある?【お金・強み・時間】 に詳しく解説しています。

 

自分の“強み”の理解により仕事とプライベートのステップアップは加速する

自分の“強み”の理解により仕事とプライベートのステップアップは加速する

私は12年以上、人の強み探しばかりしている仕事をしています。そこで痛感することがあります。

 

多くの人が自分の“強み”を活かすことを考えて戦略的に仕事を選んでいないということです。

 

これはほんとうにもったいない。

 

自分の“強み”は仕事をする上で武器になるし、それ以上に仕事をしている「経過」を楽しむために大事なもの。

 

また、自分の“強み”が分かれば、どの方向に自分の人生の舵(かじ)を切ればよいかわかりやすくなります。

 

今の仕事を辞めるのが甘えかどうか悩んでいたことすら忘れることになるでしょうね。

 

下記の記事をお読みになるとより鮮明に理解できます。

強みを仕事に活かす人になれる3ステップ|捨てるものから考えよう
本記事では強みを仕事に活かす人になる方法について解説しています。いきなり強み探しとか、強みを活かす仕事探しからスタートじゃないです。ご注意くださいね。守らなきゃいけないルールも、失うものもあったりしますので。自分の強みを見つけて仕事に活かせる人になるための記事です。

 

また無料で入手できる 自分だけの強みを見つけ、使いこなせるようになる10のポイント PDFレポートにわかりやすく解説されています。

 

次の仕事のヒントにもなるでしょう。

 

働くことの本当の意味

働くことの本当の意味

働くという字は、「人」に「動く」と書きますね。

 

人のために動くということが根源にある。

 

自分が誰の役に立てるのかを考えることは、今後の仕事を決める上で大切なものになるでしょう。

 

自分が役に立っているのかわからないと仕事をしていると、仕事をしている手応えのようなものを感じられないのではないでしょうか?

 

自分のする仕事において、誰を笑顔にすることができるかを考えることはけっこう大事ですよ。

 

モヤモヤの中に自分のすべき仕事のヒントは眠っている

モヤモヤの中に自分のすべき仕事のヒントは眠っている

これまでの自分の人生の中でモヤモヤしたことを思い浮かべてみましょう。

 

そのモヤモヤと同じ悩みを抱えている人は必ずいます。

 

私自身も自分の講座に通う女性たちを見ていると昔の自分のような人ばかりです。

「自分のやりたいことを知りたい」

「自分の強みを活かせる仕事がしたい」

「情熱をかけて向き合える仕事がしたい」

というようなモヤモヤは、私自身も抱えていましたからね。

 

それが今の仕事につながっている。

 

もしも自分を活かせる仕事をしたいと思うのであれば、以前の自分が抱えていたモヤモヤをイメージしてみるのも一つの突破口になりますよ。

 

以上となります

 

人気の記事

後悔しない仕事を選ぶ落とし所の見つけ方【転職迷子を防ぐ15の質問】
仕事選びに迷わない人はほとんどいませんよね。「コレ!」という決め手のない人がほとんどだと思います。本記事では、後悔しない仕事を選ぶ落とし所の見つけ方について解説します。答えは自分の中に必ずあるはず。そこで転職迷子を防ぐ15の質問を用意しました。
女性が仕事にやりがいを感じるときは?【楽しむ方法も解説】
そんな疑問に答えます。本記事では、働いている女性は、仕事にどのようなとき、どのようなやりがいを感じているのか?20代、30代、40代別に解説しています。また、やりがいのある仕事を楽しむために必要なことについても書きまし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました