自信・自分らしさ・自分軸

人を信じる方法。信じられない人の特徴と原因【相手と信頼関係を築くには自信が必要】

人を信じる方法。信じられない人の特徴と原因【相手と信頼関係を築くには自信が必要】

人を信じる方法を知りたい人
人を信じるのが怖いです。
信じることができないのはどうして?
信じる勇気が欲しいな。
人を信じる方法ある?

そんな疑問に答えます。

人を信じられない人いますよね。

私の父もそんな人でした。

それだけに人を信じられない人の行動がよくわかります。

おかげさまで(?)人を信じるには、何が必要なのかもよく見えましたよ。

ただ、人を信じられないからといって、自分を責めなくても大丈夫ですからね。

意外に思われるかもしれませんが、仕事上のメリットになる場合もあります。

後ほど詳しく解説しますね。

  • 本記事の主な内容です。
  • 人を信じられない人の特徴や原因
  • 人を信じる方法
  • 人を信じない人との付き合い方
  • 人に騙されない方法
  • 人を信じない人に向く働き方
  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。

現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げられました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。2000人以上指導して知り得たことをお伝えしています。

詳しいプロフィールはこちらです

相手の人を信じられない原因と特徴

相手の人を信じられない原因と特徴

人を信じる力をつけるには、反面教師となる「人(相手)を信じられない人」の特徴や原因を知っておくことも大切です。

自分にあてはまるところはないか、考えながら読むといいですよ。

次のとおりです。

  • 相手の人を信じられない原因と特徴
  • 裏切られた経験がある
  • 近親者の刷り込みによる
  • そもそも人に興味がない
  • 相手との距離を保つ

順に解説しますね。

裏切られた経験がある

これまでの人生で人に裏切られた経験や、利用された経験によって人を信じられなくなった人も多いです。

幼少期に受けたいじめの経験が引き金になっていることもありますね。

人間関係のもつれによる厳しい体験により、
自分の身を守る本能として、人を信じないモードに突入という感じです。

近親者の刷り込みによる

親から「人を信じるな」と言われて育ったり、
愛情を充分に感じずに育った場合も信じられなくなります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

人を信じる行為そのものを理解できなくなってしまうのです。

自信がない

自分に自信がないのも、人を信じることができない人の特徴です。

恋人の行動を根堀羽織に聞いてしまう人とかその典型例ですね。

自分を信じる力がないと、人を信じる力につながらないということですね。

そもそも人に興味がない

そもそも論になってしまいますが、他人にまったく興味がない人も、人を信じない枠の中に入るといっていいでしょう。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

人との深い関わりに対し、煩わしさを感じてしまう特徴があります

相手との距離を保つ

人を信じられない人は、相手との距離を保つ特徴があります。

深く付き合うのが怖いことが原因です。

傷つきたくない思いが根底にあります。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

人を信じられないのは、過去の経験や育てられ方による外的なものと、性格による内的なものがありますね。

人を信じる方法

人を信じる方法

人を信じる方法について解説します。

相手を観察する

人を信じるには、相手を観察することです。

相手のことを知らないと、信じられませんものね。

何を考え、どう感じているのか。

そして、
どのような行動を取っているのか。

先入観を持たず、フラットな目で観察することが大切です。

場合によっては信じるに値しない人もいますから。

見極めていくことが大切です。

思い通りに動かそうとしない

人を信じるためには、相手を思い通りに動かそうとしないことです。

思い通りにしようと、相手に強い態度を取っていると、必然的にウソをつかれる場面も多くなりますよね。

そうなれば、ウソが分ったとき「やっぱり人は信じられない」となる。

自分の撒いたタネだったりもするので注意ですね。

許すことを覚える

人は多少ウソをつくものです。

そのウソも悪いことばかりでもなく、人間関係を保つための一つの手段に過ぎません。

事実を突きつけたら、相手が傷つくなんて場面もありますからね。

そんな現実を受け入れ、厳しくあたらないことですね。

許すことを覚えることで、人を信じられるようになります。

自己肯定感を高める

前にも書いたように、自分を信じる力がないと、人を信じる力につながらないです。

それゆえ、自己肯定感を高めるに、過去のポジティブな経験を棚卸しする必要がある。

しかし、

私たちは失敗したことはよく覚えているのに、うまくいったことはすぐ忘れるクセありますよね。

そこで自己肯定感を高める100の質問集を作りました。

この質問集をお読みになるとわかりますけど思い出せる過去の体験は、ポジティブなものばかりです。

私が個人セッション(月々3万円)を行うときの質問から厳選しました。

ここでしか入手できないものです。

悩まれている人が大変多いため今回は無料で配布します。

下記からどうぞ。

自己肯定感を高める100の質問集

※予告なく配布を終了します。ご了承ください。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

人を信じる方法を下記にまとめておきますね。

  • 人を信じる方法
  • 人を信じる方法
  • 相手を観察する
  • 思い通りに動かそうとしない
  • 許すことを覚える
  • 自己肯定感を高める
ありがとうございます!やってみます。
ありがとうございます!やってみます。
ちなみに、
人を信じない人との付き合い方を教えてもらえますか?

人を信じない人との付き合い方

人を信じない人との付き合い方

人を信じない人との付き合い方のコツについて解説します。

次のとおりです。

  • 人を信じない人との付き合い方
  • 距離を保つ
  • 言った&言わないを防ぐ
  • エビデンス(証拠・根拠)を示す
  • 論理的に話す

順に解説しますね。

距離を保つ

とにかく深入りしないことです。

プライベートを詮索しない、考えを否定しない、会う回数を増やさないなど、ある程度の距離感を保つことが大切。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

適度な距離感を保つと、相手の恐怖心を和らげる効果があります

言った&言わないを防ぐ

言った&言わないを防ぐのもコツ。

基本的に疑ってきますので、メールや書面で残しておくと相手は安心しますよ。

エビデンス(証拠・根拠)を示す

「なぜそうなのか?」というエビデンスをハッキリ示すのもコツです。

感情に訴えても信じてもらえない場合があるため、とにかく証拠・根拠を示して説明するといいです。

論理的に話す

常に論理的に話しましょう。

前に書いたように、感情的に伝えても信じてもらえない場合が多いためです。

PREP法がおすすめです。

以下の順に話すのです。

  1. Point(要点を話す)
  2. Reason(理由を話す)
  3. Example(具体例を話す)
  4. Point(再び要点を話す)

詳しくは、PREP法・SDS法とは?例文でわかる「意図が伝わる」構成 に書かれた解説がわかりやすいです。

仕事上の付き合いだけする

仕事上の付き合いだけにすることです。

疑われても仕事の上であるならば、対応できるでしょう。

繰り返しになりますが、
深入りしないことです。

騙されない方法【信じないメリット】

人に騙されない方法【信じないメリット】

「人を信じない」と言うと、ちょっと悲しい感じもしますけれど、人を信じないメリットも存在します。

それは、

騙(だま)されにくいということです。

用心深さがありますからね。

そこで人に騙されない方法もいくつかご紹介します。

次のとおりです。

  •  人に騙されない方法
  • 相手の言動が一貫しているか見る
  • 裏付けをとる
  • 信頼出来る人から紹介を受ける
  • 頼り切らない

順に解説します。

相手の言動が一貫しているか見る

騙されないようにするには、言動に一貫性があるかどうかを見ることです。

言っていることと、やっていることが違う人には騙されてしまう可能性がある。

只、
言葉では辛辣なことを言うけれど、行動は正しいなんていう人もいるので、あくまで行動ファーストという感じですからね。

裏付けをとる

裏付けを取ることです。

言っていることが正しいのかどうか
鵜呑みにせず、自分で調べることですね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

相手を疑うというよりも「念のため」という感じです

信頼出来る人から紹介を受ける

仕事上のことは、既に信用している人から紹介された人に頼むといいです。

紹介する人の信用に関わることなので、騙すような人を紹介しないでしょう。

とはいえ完璧な防御策ではありません。

紹介する人も騙されている可能性がありますから。

他の方法と併用するといいです。

頼り切らない

人に全てを頼り切ることなく、
頼み事は、あくまでリスクのとれる範囲のことにとどめることです。

悲しい感じもするかもしれませんが、リスク管理だと思えばいい。

自分の知識やスキルを磨くチャンスにもなりますよ。

人を信じない私に向いた働き方はあるかしら?

人を信じない人に向く働き方

人を信じない人に向く働き方

人を信じない人に向く働き方は、
一人で働くことです。

仕事の信頼関係だけでいいですからね。

人との距離感を保てるし、人を動かすときに生じるストレスも少なくなります。

一人で働くには個人で稼ぐ力が必要になりますよね。

稼ぎに繋がる自分の強みを見つける方法|強みを仕事に変える!70の質問で長所を探そう も合わせて読むといいでしょう。

人を信じるのはハード

人を信じるのはけっこうハードです。

誤解も起こるし、仲違いも付き物。

人を信じることも大切ですが、時には人を疑わなければならないときもありますよね。

  • 「信じる「疑う」相反する中で、私たちは生きていかねばならない。

人を信じることが出来る人は、心が豊かだと思いますよ。

大切なことなので繰り返し言いますが、自分を信じる力がないと、人を信じる力につながりません。

本記事が少しでも人を信じ、自分を信じるきっかけになったら嬉しいです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました