キャリアUP・仕事・働き方

「仕事に飽きた」と会社を辞めて残念な人&幸福な人の特徴

「仕事に飽きた」と会社を辞めて残念な人&幸福な人の特徴

仕事に飽きた人
私は飽きっぽい性格です。
ぶっちゃけ今の仕事に飽きています。
飽きを理由に会社を辞めてもいいの?
残念な人と幸せになる人の違いなんかも知りたい。

そんな疑問に答えます。

仕事に飽きること自体は決して悪いことではないのですよ。

  • もうこの仕事は十分と思えているときだから。

しかしながら、ちょっと残念な人がいることも確か。

本記事では、仕事に飽きたと会社を辞めて残念な人&幸福な人の特徴から、今すぐ取り組むべきことまで解説しています。

仕事に飽きる自分を好きになれない人にもぴったりな記事です。

この記事を書いている私は、働く女性のモヤモヤ相談やキャリアの棚卸しに10年以上向き合いつづけてきました。2000人以上を指導して知り得たことをお伝えしています。

※3分ほどで読めますのでお時間くださいね。

  • この記事を書いている人の信頼性
現在の私は、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
女性の生き方やキャリアに向き合う塾を運営。日本経済新聞や日経WOMANなど下記のメディアでも、私のことが取り上げられています。
今の仕事が楽しめなくなった女性から、起業や独立を目指す女性まで指導してきました。(地道に10年)。
大和出版より「私はこの仕事が好き!!自分の”強み”を活かして稼ぐ方法」という本を出版しています。

仕事に飽きるは幸せなこと

仕事に飽きるは幸せなこと

はっきり言います。

仕事に飽きることは幸せなことですよ。

  • 今日食べる食事代に困っているような人は飽きる余裕もないですからね。

繰り返しになりますけれど、もうこの仕事は十分と思えている証拠です。

たまに「自分は満足するのが早い」と捉えている人もいますけど、それも違います。

満足の感度が高いだけ。

短所ととらえるのはおやめくださいね。

仕事に飽きるパターン

仕事に飽きるときはいくつかのパターンがあります。主に次のようなときです。

  • 仕事に飽きるパターン
  • 同じ仕事を繰り返している
  • 慣れた
  • 自分の成長を感じない
  • やりがいを感じなくなった
  • できるけど業務が合わない
  • 飽き性である

仕事に飽きる現象は同じ仕事を繰り返しているときによく起こります。

ルーティン仕事が好きな人以外は、早かれ遅かれ起こる現象と言っていいかも。

仕事を覚えているときは飽きないですからね。緊張感もありますし、やりがいも得られますから。

ひと通りの仕事を覚え、慣れたときに飽きは始まりやすい。

それから、

自分の成長を感じないとか、やりがいを感じなくなったなど倦怠感が湧き上がってくる。
仕事に飽きるアルアルですよね。

また、仕事はできるけど業務が合わないなんていうときにも起こりやすいです。

仕事に慣れてきたときだからこそ、見えてくるものですよね。

そして最後。

性格的なお話ですけれど、飽き性である人。さきほども書きましたけれど満足の感度が高い人ですね。

仕事に飽きたと会社を辞めて残念な人の特徴

「仕事に飽きた」と会社を辞めて残念な人の特徴

大切なことなので繰り返します。

仕事に飽きること自体は悪くはないですよ。ただその後、どのような行動をとるかで残念な人と幸福な人が現れます。

残念な人の特徴は次のようなものです。

  • 残念な人の特徴
  • 1年未満で辞めてしまう
  • 期待値が高すぎ
  • 責任を嫌がる
  • 楽だけを追求している
  • 仕事選びが場あたり的

「仕事に飽きた」と会社を辞めて残念な人の筆頭は、1年未満で辞めてしまう人です。(※私も経験者)ちょっと期待値が高すぎるのかもしれません。

仕事を始めた当初は誰にでもできるような仕事からスタートさせる会社も多いでしょうしね。最初から期待しすぎると危険です。

また責任を嫌がり今の自分にできることしかしないパターン。自動的に同じような仕事の繰り返しになるため飽きの原因になります。

そして、楽なことだけを追求しているなんていうのも残念な人の特徴のひとつ。誰にでもできるような仕事に一直線になりますからね。

最後に、仕事選びが場あたり的な特徴もありますね。自己分析せず、なんとなくの感覚で仕事を選んでしまう。

これまでと似たような性質の仕事を選んでしまうため、飽きて辞めるを繰り返しやすいです。

以上が「仕事に飽きた」と会社を辞めて残念な人の特徴です。

仕事に飽きたと会社を辞めて幸福な人の特徴

「仕事に飽きた」と会社を辞めて幸福な人の特徴

次に「仕事に飽きた」と会社を辞めて幸福な人の特徴について解説します。

幸福な人の特徴は次のようなものです。

  • 幸福になる人の特徴
  • 仕事の目的が明確
  • 次にやりたいことがある
  • 失うものを心得ている
  • 飽きる性格を受け入れている

「仕事に飽きた」と会社を辞めて幸福な人の筆頭は、仕事の目的が明確な人ですね。

自分は何のために仕事をしているのかわかっているから。

たとえば自己成長のために働く人は、成長を感じなくなったときに辞めるという基準がハッキリしていますよね。現在の仕事に飽きたときは「卒業する」ことになります。

また、次にやりたいことがある人も幸福ですよね。説明不要かもですけれど、次のキャリアの道すじが見えていますから。

そして、失うものを心得ている人。前にも繰り返し書きましたけれど、仕事に飽きている状態は、もう十分と思えているとき。

その満足感を一旦リセットする覚悟が決まっているわけですから幸せですよ。次の道に躊躇なく進むことができますからね。

最後に、飽きる性格を受け入れている人も幸せです。「私はそんな人です」と思えますから。仮に転職を繰り返しても自信を失いません。突き進むことができるので幸せですよね。

うーん
今の仕事に飽きているのですけど、辞める前に試しておいたほうがいいことってあるかしら?

はい。あります。

今の仕事を続けられるのであれば、続けるのもありですからね。次のことをやってみるといいです。

仕事に飽きたら試すこと

今の仕事を辞める前に試した方がいいことは次のとおりです。

  • 仕事に飽きたとき試すこと
  • こまめに休む
  • 小さな目標を立てる
  • 仕事の目的を思い出す
  • 異動願いを出す
  • 他社からの評価を調べる

今の仕事に飽きたなら、手っ取り早く始められることとしてこまめに休むことです。

状況にもよりますが、30分やったら5分休むなど定期的な感じで。

集中力の高まる効果と、飽きている苦痛を緩和させることができます。

次に、小さな目標を立てるなんていうのも試してみましょう。

たとえば「昨日は30分でできた仕事を25分で片付けてみよう」みたいな感じ。

これをやるためには日々の業務量を計測したり、やり方を変えたりしなければなりません。

飽きから開放される可能性もあります。

そして、あらためて自分はなんのためにこの仕事を始めたのかと、仕事の目的を思い出すといいです。初心を思い出すかもしれません。

また、今の業務が何の役に立っているのかを考えるきっかけになる可能性もあります。

あらためて自分の役割がわかれば飽きから開放されるかもです。

さらに、もしも可能なら異動願いを出すというのも手です。

ダメもとでいいので上司に一度相談してみるといいでしょう。

叶うかもしれませんし、突っぱねられたら辞める覚悟が湧くかもですよね。試してみる価値ありです。

そして最後は他社からの評価を調べるです。

自分が他社に転職しようとした場合、他社からどのくらいの給料をもらえるかとか調べておくのです。

そもそも転職先があるのかどうかという問題もありますしね。

今の会社にいたほうが恵まれているかもしれませんよ。それがもしわかったらわかったで、仕事に対する向き合い方も変わるでしょう。

一度お試しくださいね。

 

やってみたけど・・・
あれこれ試してみました。でも飽きは抑えようにないです・・・。
飽きやすい私はどんな仕事を選ぶといいですか?

仕事に飽きやすい人の仕事選びのポイント

仕事に飽きやすい人の仕事選びのポイント

仕事に飽きやすい人の仕事選びのポイントとしては、飽きにくい仕事を選ぶことであり、それでも飽きたら「成長」と受け止め次の道を探ることです。

大切なことなので何度でも言います。

絶対に自分を責めないようにしましょう。

下記の記事を参考にして前に進むといいですよ。

飽きっぽい人でも長く続く!向いてる仕事20選【その性格強みです】

仕事に飽きやすい人が今すぐ取り組むこと

仕事に飽きやすい人は、自分の軸を明確にしたほうがいいです。

その理由はキャリアに一貫性がなくなるから。年齢を重ねるたびに働き口に困ることになります。

  • 得意なことを軸にしてキャリアを積むことが大切ですよ。

たとえば接客が得意であるならば、接客に準ずるかもしくは、接客要素を活かせる仕事を選ぶことです。たとえば営業にも接客要素は必要ですよね。

自分の得意な軸、すなわち”強み”を柱にキャリアを積む流れを作ることで、仮に仕事に飽きて転職を重ねても一貫したキャリアを積み上げることができます。

少なくとも食うに困るということはなくなるでしょう。今からでも遅くないです。

下記の記事を参考にご自身を見つめ直してみるといいですよ。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

【注意】飽きる性格を克服してはいけない

飽きる性格であるならば、その性格を活かしたキャリアを考えればいいだけです。

ムリに克服しようとすると、自分の強みをかき消す恐れがあります。

再三繰り返しますけれど、飽きる性格は短所ではありません。持ち味です。

飽きやすい性格の人は、日々変化する仕事に最適な性格ですよ。

私も飽きやすい性格ですが、現在やっている講師の仕事は通算13年続いています。

飽きるどころか年々楽しくなり、仕事の前の日は興奮して睡眠浅くなるくらい。

受講生は日々変わるので、今回の受講生が満足する保証もないです。

毎回、毎回が勝負でして、怖さもあります。それだけに「良いセミナーだった」と喜んでもらえたときは格別な喜びがあります。

飽きるにはほど遠い仕事なので、私に合っていると思います。

このお話は、講師の仕事をすすめているわけじゃないですよ。

飽きる性格を持ち味としてとらえる提案と受け取ってください。

少しでも本記事が気づきにつながればうれしいです。

以上となります。

 

人気の講座

稼ぎ力の軸となる強みの見つけ方もわかりやすく解説。
少人数制。※個別相談も講座後に1時間できます。

>浅野塾 体験入門講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました