誇れるものとなる強みを知りたいときの注意点【矛盾します】

誇れるものとなる強みを知りたいときの注意点【矛盾します】

誇れるものとなる強みを知りたい人
自分に誇れるものがありません。
何か誇れるような強みを見つけたいです。

そんな疑問に答えます。

本記事では誇れるものとなる強みを探す時に注意すべきポイントと、誇れるものとなる強みの見つけ方がわかります。

本記事の信頼性

この記事を書いている私の簡単な略歴です。(※必要なかったら読み飛ばしてください)

女性成長支援コンサルタント。2007年よりビジネスマンや出版希望者を対象とした、自分の強みを発見しプロフィールを作る講座の講師職に従事。経営者やフリーランスのキャリア女性たちでも、自分の能力がわからず強い自信を持てずにいることを知る。2011年、自分の強みや思いを活かして稼ぐ力をつける女性成長支援の講座を起ち上げる。幼少期から現在に至るまでの人生史を丁寧にヒアリングする指導に定評があり、キャリアリセットを余儀なくされた育休中の女性、仕事が楽しめなくなった上場企業の女性から起業や独立を目指す女性までが受講。延べ2000人の強みを見出しつづけた経験により、心を縛る足かせをはずし自分の経験や知識の価値をあきらかにする独自のノウハウを構築。女性の働き方改革の救世主と期待されている。

 

「誇れるものとなる強み」を知りたいときの注意点

「誇れるものとなる強み」を知りたいときの注意点

誇れるものを見つけたいというお気持ちはよくわかるのですが、落とし穴があることをよく知っておきましょう。

注意すべきところは、自分の強みとしての価値評価は相手が決めてしまうということです。

つまり自分では誇ることができなくても、相手がすごいと思ってしまったらそれが強みになるということを意味します。

ここに現実と、自分の理想に矛盾が生まれモヤモヤしてしまうのです。

ものすごくわかりやすい例でご説明しますと、子どもに向かって「私は上場企業で営業成績トップだったよ」といってもピンとこないが、アンパンマンの絵をきれいに書いて見せたら「すごい!」となるということです。

もっと極端に言えば、自分ではまったく強みとは思えないしょぼいものでも、他人に「すごーい」と言われてしまえばそれが強みとしての正式な評価だよということなのです。

 

「誇れるものとなる強み」を見つける方法

「誇れるものとなる強み」を見つける方法

誇れるものとなる強みの矛盾点を理解していただいた上で、誇れるものとなる強みを探すときは

褒められたことを書き出す

頼られることを書き出す

相談されることを書き出す

自分が克服してきたことを書き出す

人の悩みで理解できることを書き出す

をやってみましょう。

以上の5つは他人へのメリットを与えられる要素が含まれています。

どれも相手からの高評価のポイントに成りうるものということです。

すべて書き出していくことが大事。

なぜならハッキリと言語化されて客観的に自分を見ることができるようになるからです。(メタ認知といいます)

アウトプットすることで自分の中での納得感がまったく変わります。

エピソードまで書き出していくと、より鮮明になります。

私の塾の受講生である大星智子さんの例をご覧くださいね。

『自分の強み。実は気付いていたかもしれないけれど、自分の中で認められなかったことでした。』↓

自分力養成講座6期生の受講生の声 東京都・コスメ運営会社(営業)勤務 大星智子さん

 

ブランド・プロフィールを書いて誇れるような強みを見つけよう

 

ブランド・プロフィールを書いて誇れるような強みを見つけよう

誇れるような強みを見つけたいのであれば、ブランド・プロフィールを書くのが有効な手段です。

自分のこれまでの人生史を見つめ直し、客観的な視点で書き出していくプロフィールです。

曖昧な表現ではなく、誰でも理解出来る言葉で表現しなければなりませんが、出来上がると他人も自分も納得感はんぱないです。

看護師だった谷口智子さんの例です。

◎谷口さんのブランド・プロフィール

一歳の頃に両親が離婚。母一人子一人の環境で育つ。

友人と違った家族構成であることから、自分の存在意義

を自問する日々を過ごす。子供の成長に合わせ、

ワークスタイルを変えながら看護師として生計を立てて

いた母親の勧めで、自らもその道に向かうことを決意。

横浜市医師会保土ヶ谷看護専門学校を卒業後、

専門・認定看護師数日本一の昭和大学系列の藤が丘病院

に就職。救命センター後方病棟に配属後、どのような場面

でも不屈に仕事に向き合う姿勢を買われる。その後、

脳神経外科から循環器疾患まで総数11科に渡る患者を

看続け、「看護界のオールラウンダー」として活躍。

現在は、新生児集中治療室に従事。これまで600人以上

の生死に関わり、7年で延べ2000人以上の患者・家族に

携わる。今後、現役看護師でありながら、アロマテラピー等

を取り入れた、医師には出来ない独自のケアメソッドを構築予定。

産後女性とその家族の救世主と期待される。

 

自分が誰にどのようなメリットを与えられるかを着地点にして、これまでのキャリアを深堀りすることで出来上がるものです。

こちらの記事を参考にしてください。

 

「誇れるものとなる強みを知りたいときの注意点」のまとめ

「誇れるものとなる強みを知りたいときの注意点」のまとめ

「誇れるものとなる強み」を知りたいときの注意点について下記にまとめました。

自分の強みとしての評価は相手が決めてしまうということ。

自分では誇ることができなくても、相手がすごいと思ってしまったらそれが強みになるということ。

他人へメリットを与えられる要素を書き出すこと。

誇れるような強みを見つけたいのであれば、ブランド・プロフィールを書くのが有効。

 

誇れるようなものがなかった暗黒の時代

私自身も誇れるようなものがなくグズっていた人生でした。

それを変えたのがこの本を出版したときです。

「浅野さんはメールがすごいんだよね。どんなに忙しくても読んじゃう」と言われたことがきっかけで生まれたものです。

自分では何の気なしに書いていたメールの書き方に価値がありました。

最初は私も半信半疑でしたよ。

でも出版社さんも認めてくれたので価値があるのだろうと思い、出版に至ったのです。

出版した年ではAmazonで2番目に売れた新書となったので、そのときに「あぁ自分の強みのひとつであったようだな」という感覚になりました。

世の中にはもっとすごい人がたくさんいるので、誇れるようになったかどうかというのは微妙です。

しかしながら私の本を読んでくれた方から「役に立った!」と多くのお喜びのメッセージをいただいたことから、自分が誇れるかどうかが重要なのではない。

大切なのは、自分ができることを惜しげもなく必要としてくれる人へ届けることなのだなと思いました。

この記事を読んでくださった方にお伝えしたいことは、自分ではどんなにしょぼい、大したことないと思っていることでもあなたの強みに成りうるものは必ず存在するということです。

ご自身の力を信じてあげてください。

あなたを必要としている方が必ずいるから。

人気の記事

「自分の“強み”を見つけて自由に働きたい」と思い始めた女性へのサポート