浅野の過去 自信・自分らしさ・自分軸

コンプレックスの影に生まれる新しい能力 第798号

こんにちは

魂の女性成長支援・浅野塾 の 浅野ヨシオです。

昨日は、プロフィール撮影の立ち会いでした。

ヘアメイクをプロにバッチリ決めて
もらうと、女性はキラキラ輝きますね。

当人は、

「絶対、自分じゃこんなメイクできない」

と、つぶやいていたけど(笑)

さて今日のテーマは、

コンプレックスが新しい自分を生み出す理由

についてお話したいと思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

コンプレックスの影にもうひとつの力が生まれる!?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「コンプレックス」と聞くと、
ネガティブなイメージを持つ人が
多いのではないでしょうか。

ところが、
私自身はコンプレックスのおかげで
強みが生まれていたり、
新しい仕事ができるようになったりしているんですよ。

これは、
コンプレックスが生む強いストレスが、
代償能力を生み出しているからなんです。

コンプレックスの見返りの能力
と言った方がわかりやすいかも。

私の例ですが、
28年彼女がいなかったけれど、
その後の3年で2度結婚しています。

前の奥さんは婚活期間3ヶ月。
今の奥さんは2ヶ月で見つけている。

インターネット婚活です。

この話を出版社が集まるパーティで
お話したときに
出版のオファーもらったんですよね。

更に、当時の私は、
自分の仕事に
コンプレックスを感じていました。

これについては次回また書こうと思うのですが、
毎日、製品の出荷や製造、
加工というような毎日を過ごしていた頃です。

セミナーに通っても、自分以外の人たちが眩しく見えて、
うまくコミュニケーションとれませんでした。
そこで名刺だけもらい、
メールを送っていたんです。

すると、
「浅野さんのメールはおもしろい」「つい読んじゃう」
と言われ、
人脈がどっと増えました。

その流れが青春出版社の目に止まり、
「たった1通で人を動かすメールの仕掛け」という
私の本になり。

2007年、
Amazonで年間で
2番めに売れた新書になりました。

インターネット婚活の時に磨かれた
メールコミュニケーションの能力は、
その後、人脈づくりでも使えたのです。

インターネット婚活をしたのも、
モテないコンプレックスがあったから。

セミナーで出会った人たちに
メールを送ったのは、
自分の仕事にコンプレックスがあったから。

この2つのコンプレックスが、
ネット婚活の技術や、メールで人脈を増やしていく技術を
生み出していたのです。

こういうと、
浅野さんは文才があったからなんじゃないのって、
言われそうですけど、
私は学生の頃、国語の成績はぜんぜんダメでしたよ。
(漢字は今でもあまり読めない)

ここで、
女性のお笑い芸人さんを
頭に思い浮かべて欲しいのです

イモトアヤコさんがもしも美人だったら、
面白い話をする能力を
磨かなかったかもしれません。

渡辺直美さんも太ってなかったら、
面白い話をする
キャラにはならなかったかもしれませんよ。

コンプレックスが新しい自分を生み出す理由は、

「コンプレックスが生む強いストレスは、
代償能力を生み出すから」

というお話でした。

私が女性指導を9年やってきた中で、
このような「もうひとつの能力」に
気づいていないひとはほぼ100%・・・

これは大変もったいない。

もうひとつの能力に気付くと、
コンプレックスに劣等感を感じている
ヒマはなくなりますよ!

今日のお話は、
ラジオチャンネルでもお話しています。
ぜひお聞きくださいね。

コンプレックスが仕事を生む理由 vol.10 on stand.fm
https://stand.fm/episodes/5e7bfeb0b3d9935e6ae0618e

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━

ビジネスに使うためのプロフィール写真を
撮影するときはとても気を使います。

普通に写真撮影をお願いしてしまうと、
「かわいく」「美しく」撮ろうとされてしまいますし、
本人もその方が喜びます。

ところが仕事用のプロフィールは写真は、
「ビジネスシーンにおいて、自分がどう思われたいか」を考えて、
そのイメージに沿った写真にしてもらわなければなりません。

ヘアメイク・服装も絡んでくる。

これを当人、ヘアメイク、カメラマンの3人に説明するのが
大変・・・

また撮影会やろうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました