オンリー・ワンの仕事 第776号

こんにちは

魂の女性成長支援・浅野塾 の 浅野ヨシオです。

「自分にしかできない仕事がしたい」という思いのある女性が
浅野塾に多くいらっしゃいます。

夢のようなお話に思えそうですけど、
無理なお話じゃないんです。

・・・と言いますか、1つの仕事で死ぬまで逃げ切れる社会では
なっくなってしまったので会社員であろうが、フリーランスだろうが、
身につけておかないとちょっと怖い。

そこで今日は浅野塾で講義している
オンリー・ワンの仕事の作り方について、
一部ご紹介したいと思います。

アドバンスコース3期を卒業された
ファイアンめぐみさんの
受講生の声をお読みくださいね。

実は彼女。

浅野塾創設されたとき
はじめて開催したときの入門講座にもいらしていたんですよね。
(9年前です)

私もよく覚えていました。

アメリカ人の旦那さんと学生結婚した
異色の経歴の持ち主です

=======(ここから)

フリーランスの映像翻訳者として仕事をしていたのですが、自分の実力のなさを痛感するような経験があり、いっそのこと翻訳をやめようと思っていました。じゃあ、自分は何がしたいのか…。
将来の方向性が見えず、前に進めない状態から抜け出すために、浅野塾の1DAYスペシャル講座を受けました。浅野先生がとても親身になって私の話を聞いてくれたこと、そして、私の可能性を信じてくれたことに背中を押され、アドバンスコースの受講を決めました。
(中略)
キャリアに一貫性がなく、何事も長く続かない自分に劣等感を感じていたのですが、自分史を書き出すことによって、実績は長さにこだわらなくてもいいこと、業界はバラバラでも築き上げてきた経験やスキルには価値があることが分かってきました。

さらに、先生からのアドバイスやクラスメートからのコメントのおかげで、当たり前だと思っていた経験やスキルが自分の強みになり得るということを実感できました。一つのスキルだけを見れば、他にもっとすごい人が沢山います。けれど、スキルを掛け合わせ、自分らしさをプラスすれば、オンリーワンの存在になれるんだ、という夢のまた夢のようなことが、少しずつ形になり始めてきたように思います。

アドバンスコースで学んだことは本当に沢山あり、頭では分かっていてもまだまだ身に付いていないことばかりです。先日もコースの資料を見返していたのですが、先生が言っていた意味がようやく分かるようになった内容が多々ありました。この4ヶ月で学んだことは “人生の指南書”として、悩んだ時、迷った時、勇気をもらいたい時などに、振り返りたいと思います。

=======(ここまで)

ファイアンさんの声にあるように、
「スキルの掛け合わせ」&「らしさ」
がキモになります。

「スキルの掛け合わせ」というのは自分にできることをかけ合わせて新しいサービスを作ってしまうもの。

例えば、ケーキづくりのスキルと、映像づくりのスキルがあったとします。
「ケーキづくりの映像化」とするとひとつのモデルができます。

ファイアンさんは、英語ができるだけではなく、デザイン、図解化などのスキルもお持ちでした。

特にライターとしてのキャリアもあったので、
それらを組合わせていくとさまざまな仕事をつくることができます。

さらに「らしさ」を武器にします。

「らしさ」とは人それぞれが持つ固有の持ち味(パーソナリティ)です。

真面目な人、明るい人、信頼できる人・・・などもパーソナリティの一部。

自分にどのようなパーソナリティがあるのかを把握しておくと、
誰に好かれるかも見えてきます。

オンリー・ワンの仕事を見つけ出すときは、
自分の持ち味を味方にしつつ誰に求められるかを
考えながら見つけ出していくとヒントが見つかりますよ。

ファイアンさんは、講座中に、
ご自身のスキルをかけ合わせまくって
さまざまなビジネスをつくってしまいました。

アドバンスコースの卒業プレゼンでは
大きな紙にきちんと整理して発表して
いたのでみなビビってたけど、、、

ぜんぜん話が違いますが、
ファイアンさんが留学したアメリカの大学で
出会った今のだんなさんとのロマンスは、
まるで映画のようでした。

ローカルな私にとっては
刺激的でございました(笑)

ファイアンさんも受講した1DAY入門講座は
3月にも開催します。

会社員の方もこれまで多数の方が参加しました。

今後のキャリアをどうしようか考えている方も
ご参加くださいね。

http://asanoyoshio.com/cyfons/cf/yt9

「自分の“強み”を見つけて自由に働きたい」と思い始めた女性へのサポート