キャリアUP・仕事・働き方

会社員に向いてないからといって無能ではない理由|無能感を消す仕事の向き合い方

会社員に向いてないからといって無能ではない理由|無能感を消す仕事の向き合い方

会社員に向いてなければ無能なのか知りたい人
会社員に向いている感じがしないです。
そんな私は無能なのかな?

そんな疑問に答えます。

本記事では、会社員に向いてない人は必ずしも無能なわけではないことがわかります。

むしろ有能な可能性もある。

無能感なく生きる&働けるようになるように解説します。

会社員時代の私は、無遅刻無欠勤で真面目に働いていました。

でも、自分にできることはやっているはずなのに無能感ハンパなかったです。

※私は会社員歴26年(役員歴含む)あり。

さらに、働く女性のモヤモヤに10年以上向き合いつづけてきました。

2000人以上を指導して知り得たことをお伝えしています。

  • この記事の信頼性が不安な方へ
    ※読み飛ばしOKです

この記事を書いている私は、現在、自分スタイルで生き抜く人づくりの会社を経営しています。

日本経済新聞、日経WOMANを始め多数のメディアで取り上げていただきました。

私はこの仕事が好き!!自分の“強み”を活かして稼ぐ方法(大和出版)」という本も出版しています。

詳しいプロフィールはこちらです

会社員に向いてないからといって無能ではない理由

会社員に向いてないからといって無能ではない理由

繰り返しになりますが、会社員に向いてないからといって「無能」と結論づけてしまうのは早急ですよ。

「自分の強みを活かしていない」だけの話かもしれない。

「真面目に仕事しているし、そこそこできる。だけど無能感が生まれる。なぜ?」
そんな疑問の解説からしますね。

なぜ無能感が生まれるのか?

裁量がない無能感

会社員としての裁量(自分の考えであらゆることを決めて処理すること)には限界があります。

その限界にぶつかったとき無能感はムクムク出やすい。

経営者に裁量の根っこはつかまれています。

理不尽であろうとも、最後は経営者側に従うしかありません。

従うときに無能感は出やすいです。

やりがいを感じない無能感

今の仕事自体にやりがいを感じないとき、無能感は生まれやすい。

どんなに数をこなしても、手応えを感じないから。

私は商品の製造加工、出荷、顧客電話の対応など、バックオフィス的な仕事もすべてこなしていました。

どんなに働いても、まったくやりがいを感じず無能感に陥りましたね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

やりがいを感じないというのは、致命的なところありますよ

自分でなくてもいいのでは?と思う無能感

真面目に業務に向き合い、経験を積み重ねていけば、そこそこ業務はできるようになりますよね。

しかし、「これ自分でなくてもよくない?」という無能感がわきあがるときがある。

会社員の仕事は実際、代えがききますから。

仕方ないですよね。

でも、自信につながらないし無能感が湧き上がりやすいです。

人間関係が合わない無能感

人間関係がうまくいかないと無能感に陥りやすい。

組織で働くのが苦手な人はいますからね。

私はゴールのない話、いわゆる世間話が苦手でした。

周りと会話を合わせるのが苦痛でしたね。

興味のあるものも、周りとまったく合わなかった。

すると自分は浮いている感が生まれ、無能感が生まれましたよ。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

私のような人はけっこういるんじゃないですか?

無能感と向き合い続けた時代【体験談】

私の場合、新卒で入社した不動産会社はわずか8ヶ月で辞めてしまいました。

家業の仕事に転がり込み、その後26年間家業の仕事を続けていた経験があります。(※当時の私です)

無能感と向き合い続けた時代【体験談】

会社員に向いてないという無能感と付き合い続けていた期間といっていいかも。

しかし38歳のとき思いがけない事件が起きました。会社員に向いてないからといって無能なわけではないことがわかる事件です。

社外で見いだされた自分の強み

事件というと大げさでしたね。

セミナーで出会ったある出版社の方に、出版オファーをいただいたのです。

私の書くメールに価値を見出していただき、青春出版社からこの本を世に出すことになります。

それだけにとどまりません。

出版したことにより講師になるチャンスを得られました。

しかも、受講生の女性たちがやたら伸びるという予期せぬ現象が起きた。

私の全てをさらけ出す講座スタイルは女性に安心感を与えたようでしたね。

私の全てをさらけ出す講座スタイルは女性に安心感を与えたようでしたね。

  • 私の強みは、会社員として働くスキル以外の能力にあったのです。

無能感への向き合い方

私の経験からも、無能感に正面から向き合った方がいいです。

目をそらしてはいけない。

というのも、次なる自分の能力探し(作り)のためのモチベーションとなる力は無能感が与えてくれるから。

無能感を持ち続けて生きたくないという気持ちはやる気の源(みなもと)ですよ。

私も、出版したり、講師になる道を切り開いたのは、無能な自分を脱したいという気持ちが強かったから。

自分に何か強みがあるなら、すがろう的な感覚でした。

大切なことなので繰り返し言います。

無能感に正面から向き合った方がいいです。

それこそ、無能感を消す仕事と自分への向き合い方と言っていいでしょう。

強みがわかると無能感は消える

強みがわかると無能感は消える

「メール」「女性の指導」という思わぬ強みに出会うことになった私ですけれど、その後生き易くなりました。

無能感を消すには自分の強みを見つけて、活かせることをすることです。

自分のいるべき場所ができる。そして自分にしかできない感覚を手に入れられる。

強みを活かす仕事をすると、「ありがとうございます」という感謝の言葉と、同時に自分自身の充足感を得られます。

強みの見つけ方については、下記の記事を参考にどうぞ。

強みを発見する自分の棚卸し20の要点【起業&転職の武器に】

会社員で働いた経験はムダ?

答えはNOです。

もしも、きちんと仕事をしていたのであれば、何かしらスキルが身についていたはず。

大抵、あたりまえのようにやっていたことなので、自分では気づけない場合がほとんど。

私の場合、

  • 商品やサービスを生み出すコツ
  • 大手がいても生き残るコツ
  • WEB関係の基礎的なもの
  • マルチタスクをこなす方法

など、あげていくとそこそこのものはいくつかありました。

私も自分を見つめ直してみてわかったことですけれど、

「自分よりもすぐれた人がいる」

「ひとつに絞った専門性ではない」

という思い込みによって、自分で勝手に無能感を生み出していたように思います。

優秀な人との比較による無能感への対処法

優れた人に出会うと、自分が小さく見えて自信も失いやすいですよね。

無能感の生まれやすい場面のひとつ。

そのときに考えることは、自分のポジション(立ち位置)です。

例で解説します。

「野球の監督」の例です。

  • 少年野球の監督
  • 高校野球の監督
  • 大学野球の監督
  • プロ野球の監督
  • メジャーリーグの監督

それぞれの監督が存在しますね。

メジャーリーグ監督というトップ層のみが仕事として存在しているわけではない。

少年野球の監督も絶対に必要です。

何が言いたいかというと、

自分よりも優れた知識や技術、実績がある人はいくらいてもいいのです。

自分のポジション(立ち位置)をしっかりと受け止めることが重要。

イメージはこんな感じ。↓

自分のポジション(立ち位置)をしっかりと受け止めることが重要。

ポジションを意識すると、自分より優秀な人に出会っても無能感は生まれません。

仕事の専門性は1つがいいのか?

そんなことはないです。

  • むしろ1つでは危険かと。

上には上がいくらでもいますし、その仕事自体がなくなってしまう可能性もあります。

私自身にも言えることです。

女性の指導をする人は星の数ほどいます。

ですから私よりも強みを見つけるのがうまい人もいるかもしれないです。

しかし私には副業や起業の経験や、モノづくりや販売の経験とスキルもあります。

ひとつ突出した専門性があるわけではなくても、これらの経験を重ね合わせて仕事を生み出しています。

ひとつに絞った専門性がなければならないという思い込みは捨てて大丈夫ですよ。

会社員に向いてない人の生きる道は無限

会社員に向いてない人の生きる道は無限

偏った個性を持っていたり、組織チームでの活動が苦手な人は、確かに会社員という生き方は向かないかもしれません。

向いてないかどうかは、取り急ぎ【診断は不要】会社員に向いてない?今すぐ答えを出す方法 をお読みになっていただけたらと。

女性でしたらこちら。↓

会社員に向いてない女性10の特徴【辞める判断基準も公開】 

仮に会社員に向いてないとしても、そこで無能と考えないようにね。

「あっち(会社の属して働く)の世界とこっち(会社に属さないで働く)の世界」

と切り分けて考えてしまったほうがいいですよ。

こちらも参考に会社員に向いていないなら、向いていないだけの生き方というものがあります。

下記の記事に詳しく書いてます。

会社員に向いてない人のうまい生き方7選【迷いも解消します】 

以上となります。

本当に無能な人なんていないので、思い切って前に進んでいきましょうね。

自分の見つめ直し完全マニュアル(無料配布中)

本記事に書いたことを実践するためには、自分の見つめ直しが必要かと思います。

そこで、自分の見つめ直し完全マニュアルをお作りしました。ここでしか入手できないものです。

自分のことは自分ではなかなかわからないもの。そこで、数々の質問を自分に浴びせ、答えを導く構成になっています。

私の個人セッション(月々3万円)や講座の受講生たちを指導する際に使っているノウハウから厳選しました。

今なら無料でお配りしています。

下記フォームにお名前とメールを入力するだけで入手できます。(10秒で出来ます)

必要であればどうぞお使いくださいね。

お名前 ?
メールアドレス

※予告なく配布を終了します。今すぐ入手することをおすすめします

今の仕事を辞める踏ん切りをつける活動100選 シート(無料配布中)

最後になりますが、「今の仕事は自分に合わない。でも前に進む勇気が出ない」
そんな人のために今の仕事を辞める踏ん切りをつける活動100選 シートを作りました。

記載されていることをひとつひとつクリアすると、仕事を辞める踏ん切りをつけることができます。

こちらの資料も個人セッション(月々3万円)の際に、仕事を辞められたクライアントからヒアリングを行い制作したもの。

有料級のものですが、今なら無料でお配りします。

下記からお申し込みください。


※予告なく配布を終了致します

コメント

タイトルとURLをコピーしました