友達と起業するのはあり?なし?>サザンオールスターズから学べます

友達と起業するのはあり?なし?>サザンオールスターズから学べます

友達と起業するのは「ありか?なしか?」を知りたい人
一人では心細いので友達との起業を考えています。
友達と起業するときに注意するポイントありますか?

そんな疑問に答えます。

本記事で、友だちと起業するのは「ありか?なしか?」がわかります。

また、友達と起業するときの注意ポイントについても触れました。

5分くらいで読めますので最後までお読みくださいね。

 

この記事を書いている私は通算12年間、人の強みを見つけるセミナーやコンサルティングのお仕事を続けています。

起業した女性やフリーランスで活躍している女性も生み出した経験と、私自身が仲間とビジネスをしてうまくいったときと、うまくいかなかった経験があります。

私の経験や知人の起業家、またサザンオールスターズから学んだ「友達と起業するときに注意するポイント」についても解説します。

 

友達と起業する?しない?【原則おすすめしません】

友達と起業する?しない?【原則おすすめしません】

起業するとき、一人だと心細いですよね。

そこで友達と起業したら不安も少なくなるし、楽しそう・・・と考えてしまうところですが原則、友達との起業はおすすめしません。

その理由を次に解説しますね。

 

友達との起業をおすすめしない5つの理由

友達との起業をおすすめしない5つの理由

《理由1》意思決定が難しい

友達との起業をおすすめしない理由の1つ目は、起業するとお金のこと、事業内容のこと、集客のことなど方向性を決めなければならないことが目白押しになるなかで意思決定が難しいからです。

意見の衝突も免れませんよね。

また、スタートアップ時の意思決定の数々を、友達とスピーディにこなせるかと言えば「?」が頭に浮かびませんか?

ハッキリ言って難しいです。

意思決定の連続となる起業当初は特に。

友達との起業をおすすめしない理由です。

 

《理由2》言いたいことが言えないストレスがたまる

友達との起業をおすすめしない理由の2つ目は、友達に遠慮してしまい、言いたいことが言えないストレスがたまるということです。

「いや!○○ちゃんとは旧知の仲だからそんなことはないわ!」

と思う方もいるかもしれませんね。

しかし考えても見てください。

お金の配分やら、クレームが起こったときなど、今までの友人関係のときには起こり得なかった場面が目白押しになります。

友達との関係は上下関係がフラットなだけに、相手に改善してもらいたいことを言いにくいところがあります。

言いたいことを飲み込むことで徐々にストレスが蓄積してくるので、友達との起業をおすすめしません。

 

《理由3》失敗したときの責任配分が難しい

友達との起業をおすすめしない理由の3つ目は、失敗したときの責任配分が難しくなるということです。

明らかに友達のミスだとしても、納得できますか?

1回や2回であればいいのですが、もしも友達の犯したミスの方が多かったとしたらストレスも相当なものとなります。

 

《理由4》友達関係が壊れやすい

友達との起業をおすすめしない理由の4つ目は、とにかく友達関係が壊れやすくなることです。

ビジネスシーンでは、今まで想像できなかった場面に多数遭遇します。

友達の見たくない一面をたくさん見ることになるでしょう。

トラブルが発生し一度関係が壊れてしまうと、ビジネスを一緒にする前の友達同士の関係に戻れなくなります。

友達関係が壊れやすいので、友達との起業をおすすめしません。

 

《理由5》コミュニケーションが苦手な人が多い

友達との起業をおすすめしない理由の5つ目は、そもそも起業を考えるような人、起業がうまくいく人は、我が強く、自分がこれと思ったことは貫くようなタイプの人が多いです。

ともすると、人とのコミュニケーションがあまり得意ではない人の方が多く、友達がそもそも少ない傾向が見受けられます。

貴重な友達が減ってしまうリスクが・・・。

コミュニケーションが頻繁に発生してしまう友達との起業をおすすめしない理由の1つです。

うーん
うーん
なぜ友達との起業をおすすめしないかよくわかりました。
友達と起業をうまくやっていく方法が、もしあるなら教えて欲しいです。

 

サザンオールスターズから学ぶ友達と起業をうまくやっていく方法

友達と起業をうまくやっていく方法(※「友達」とはビジネス仲間も含むということで解説します)については、サザンオールスターズからその極意が学べます。

ご存知だとは思いますが、サザンオールスターズは1974年、青山学院大学のサークル内での友達同士で結成されたバンドです。

1978年にデビューしているので、これまで42年間友達同士で仕事を続けていると言えるでしょう。

 

友達と起業をうまくやっていく4つの方法

(1)それぞれの役割がしっかり分かれたビジネスを選ぶ

音楽バンドという仕事の形態自体が、それぞれ役割分担が決まっているものです。
ボーカル、ベース、ドラム・・・など様々なお仕事の集合体になっています。

ここに友達と起業をうまくやっていく方法のコツがありますね。

それぞれの役割がしっかり分かれたビジネスを選ぶことです。

この形態であれば、個々の責任の所在もハッキリしていますのでモメにくいですよね。

たとえば飲食店も接客と調理はそれぞれ別の能力が組み合わさって成り立つものですよね。

 

(2)各個人の別のビジネス活動もOKにする。

副業という言い方ともちょっと違うのかもしれませんが、参加する友達たちそれぞれが自分自身の仕事の活躍の場を、他にも持っていれば友達との起業も悪くないなと言えます。

サザンオールスターズも2008年から5年間、「サザンという看板に頼らないで、サザンの活動だけをあてにしないで視野を広げていこう」という方針を決めて活動休止している時期があったりします。

それぞれのメンバーがソロ活動を精力的にやっていましたね。

 

(3)志を共有する

コチラに桑田佳祐氏へのインタビュー記事がありますが、これまで苦しいときや頭を抱えてしまうことも多かったそうです。

そんな数々の苦難を乗り越えられたのは「いかに悲しく辛い時期でも音楽にはそれを乗り超える力がある」と語っています。

ここで学べることは、たとえそれぞれが違った業務を受け持っていたとしても、志すものが共通であれば乗り切れるということです。

「仕事の意味&意義」を共有しあっている友達とならば、起業をうまくやっていけますね。

こちらの記事も参考に

 

(4)報酬や仕事の区分割合をハッキリさせておく

サザンオールスターズは、カタチとしては(株)アミューズの所属アーティストとなっていますから、報酬形態はきっちり決まっていることでしょう。

これモメないコツです。

友達同士で起業すると、お金のことがなあなあになりがちですので注意が必要です。

売上や経費をどのように配分するかを口約束ではなくハッキリと明記しておいたほうが良いです。

私も口約束でもめた経験があり、その経験から書面をかわしておいたことで、モメずに済んだケースがあります。

「事務作業はやらない」と一筆入れておいたおかげでモメずに済みました。

「そんなことも決めておくの?」というようなことまでキッチリ決めておいたほうがいいですよ。

 

起業する友達の選び方

起業する友達の選び方

あくまで起業は友達としないほうがいいよというお断りをしておくことになりますが、それでも友達と起業したいということであれば以下のような人と組むと良いでしょう。

★性格・強み・弱みがまったく違う人と組む

★すでに自分のビジネスを持っている人と組む

★自分以外の人ともコラボした経験を持つ人と組む

 

次に一つ一つ詳しく解説しますね。

 

性格・強み・弱みがまったく違う人と組む

自分とま逆なタイプの友達と組むと良いでしょう。

くよくよ悩みがちな人は、物怖じせずにがんがん行くタイプの人と組むとうまくいきやすいです。

また営業が得意な人と、特殊技術を持っている人が組めば良いコンビになりますよね。

 

すでに自分のビジネスを持っている人と組む

各人が他のビジネスの収入の軸を持ち、お互い余力がある同士でいっしょに仕事をすると、円滑に進みやすいですね。

お互いのノウハウを分かち合うことや情報交換が進むので、ビジネスが加速していく可能性も秘めています。

 

自分以外の人ともコラボした経験を持つ人と組む

すでに自分以外の他の人とコラボして仕事をした経験者の友達であれば良いかもしれません。

酸いも甘いも噛み分けている友達であれば安心ですよね。

 

女性3人で起業している例

女性のフリーランサーと起業とのマッチング、再就職支援サービスなどを手掛ける株式会社Waris は「共同代表」というカタチをとって会社を運営しているケース。

友達との起業というくくりとはちょっと違うのかもしれませんがこちらの記事は参考になりますよ。

 

《番外編》友達との起業をおすすめしない本当の理由

《番外編》友達との起業をおすすめしない本当の理由

友達との起業をおすすめしない本当の理由は、友達はお金で買えないものだからです。

関係性が壊れてしまったらもとに戻すことはほぼムリ。

上下関係もなく損得も抜きにできるのが友達でしょうから、できればビジネスはいっしょにやらないほうがいいですよ。

私にはもともと友達がいないので問題なさそうです、苦笑

 

人気の記事

自分の強みをつくりたい。その強みを活かして好きな仕事に引き上げたい人に

受講生の95.7%が一人で参加してます。
体験入門講座の詳細や申込みページはコチラです。

強み探しばかり12年やって知ったことを語る浅野ヨシオのラジオ

コチラで聞くことができます。運転中や通勤電車で学びたい人向けです。

自分をもっと活かせるようになりたい!今の仕事が好き!と言える自分になりたい人向けのメルマガ

無料ネット通信講座の登録は下記からご登録ください。

《月1回、浅野ヨシオに相談&アドバイスを受けることができるサービスはコチラ》

詳細・申込みはコチラです。